コメダ珈琲の成長の秘密と俺のフレンチとの共通項

さて病院から帰ってくると 友人にあったりお仕事関係の方とあったり忙しいのです

が やはりこの方によく会いに行きます

私が25くらいから5年くらいほぼ毎日カバン持ちのようについて行った恩人の実業家の方

ま、経営やコンサルを一から叩き込んでくれた方です

名古屋の実業家で飲食~販売~コンサルとされてる方で はい

この方と今はなきこの方のお父ちゃん(会長に)教えていただいたので

くいっぱぐれずに今があるといいますか はい

ま、昔のようにですね 長い時間いろいろ話すのですが(遇うと、8時間くらいは)

経営や経済や社会状況やら

むろん軽くというか結構マジで 一緒にやらんかと誘われますが ははは

スポンサーリンク

今回はですね ブックオフの創業者の俺のフレンチ~シリーズと

名古屋が産んだコメダコーヒー

ここの秘密と 社長の事業拡大の話で盛り上がってました

事業のほうは社長が考えていなかった方向の話したら 行けるね~と

私もこれ行けると狙ってます 資金も抑えれるしですね

早期退職や退職後再雇用の契約内容や 今までの部下の下で働くのに

ちょっと と感じる方狙いのFC展開的なものを

ま、詳しくは内緒ですが もう少し詰めていけば 結構狙えますなと

さて その俺のシリーズ ここがブックオフの追放された創業者の会社と

教えてもらったとき思ったのが

ああ、納得と この社長なら狙うの分かるし 上手くいくの分かる!!

ブックオフの社長が狙うターゲット層だもん しかも上手に!!

バブル世代といわれる世代って デートや食べ物 車等のライフスタイルに

お金かけたじゃないですか?

音楽バブル ゲームバブルの層も90年代の

その下の層ってお金基本使わないじゃん?車いらないし 飲食も高いとこ行かないし

服もファストファッションでという

でですね これからの狙いって 今までかっこつけて食べてたものを 高級感あったものを

カジュアルに お安くですよね~ 飲食なんか特に

例えばフレンチなんか お作法知らないと恥!!じゃないですか バブル世代って

でもその意識だと

ある一定のお店しか残れないですよね 一部の その層を取り込める店しか

逆にカジュアル感覚まで 降りてくれば 喜んでいきますよね

とそこまではだれもが思うじゃないですか

大事なのは そこのバランス

ペッパーランチで行くのか いきなりステーキで行くのか

そこなんですよね 結局 立地、店つき、ターゲット層の狙いのセンスというか

それって教えられてできるものじゃなく 鼻が利くといいますか

商売センス

といかに伝えれるかという センス

腕のいい職人さん 舌の鋭い職人さん えてして失敗するじゃん

もしくは多店舗化できないじゃん

それって 味が良ければ伝わるという ある種の幻想持ってるのですという

もしくは 我々庶民の舌も 馬鹿じゃないぞと思ってたり

案外伝えないとわからないこと多いのです 食材や時間手間暇かけて

職人さんや舌が肥えた方は分かるが それ以外の層には伝わらん

それだと 食材も人件費もお金じゃないですか?費用対効果が合わないという

その層だけをターゲットで成り立つ立地や価格でお客さん呼べれば良いですが

それってごく一部のお店だけ しかもそのごく一部のお店も

実は雑誌やら媒体で知られていたりで 本当の食通だけかというと そうでもない

もしくはその結果接待でも使われるというのも 繁盛の理由かもだし

そのあたりの商売のセンスがないと なかなかねというね

逆にそのセンスがあれば 何やっても結構うまくいくのです はい

センスというか そこを知ってれば 実は儲けの2割くらいが本当の食通で

それ以外はマスコミや口コミ等で 美味しいであろうと思って通う方といいますか

どれくらいその層がいるのだろう

そこかぎ取るの大事!!じゃないとですね 的確な戦略打てないのです

特に多店舗化狙うのであれば そこのグレーゾーンをいかに取り込むか

そこなのです

ということで 次回はそのあたりも踏まえ名古屋が誇る コメダさんです

結構ね 商売って面白いのです 私好きですもん はい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする