スポンサーリンク

田中角栄と大山倍達にみる 昭和の政治家の凄み

夜中に中国に関する本(ま、日中問題ね)を読んでたらある偉人がフッと現れました。
なんとあの伝説の漢、牛47頭を素手で倒した伝説の空手家、マス大山こと極真空手の
創始者大山倍達氏なんです。

もう凄いうそ臭いでしょ?新興宗教ばりに。

でも視えたんだから仕方ない。


この方在日の方だがめちゃくちゃ愛国心あって若いころはある

政治家の書生してたり石原莞爾に傾倒したりの国士的な方だし

世界選手権なんかでは日本が負けたら腹を切ると


いうほどの。

で何を言ったかというと力なき正義は正義にあらず、と生前伝統は空手から野蛮とかいわれてる時代から使ってた言葉を言って今の日本をとても嘆いてました。

どうやら今の日本の現状に怒っていて、

日本は軍事も経済ももっと強くならないと駄目だ。
きれいごと(憲法9条)ばかりいっているから隣国になめられて国益までそこなっている。

正義を語る、国を守るには圧倒的な力が必要だ。そのためにはお金(経済)
が必要で私はそのために多くのお金を集めたよ、すべては極真空手を守るために。

という感じのことをあの独特の調子で熱弁されてます。
姿は世界大会とかのあのスーツにサングラスで頭から湯気をだしてとてもエネルギッシュに。

スポンサーリンク

はっきりいってこの方凄いというかこんなにいろんな意味で強い方感じたことないです。
力は当たり前だが強いじゃん?だがそれ以上に人間力と突進力、組織力と金銭力。

総合的に強い。まさにカリスマ。この方に匹敵する方見たことないです。

と思ったらにた感じの方いました。そうです。

田中角栄氏。この方が史上最強といわれるくらい
に強かったらマス大山に似てるね。
そうです。大山総裁は空手かというよりもう昭和の時代の大物政治家的なんです。

ま、霊視でも正直私正面向いて見れないくらいにぶるってしまってたのですが、
これが生身だったらどれだけ凄いのでしょう。
で私一瞬で魅了されましたが、生身でこの方が怒ってたらどれだけ凄いんだ、

正に虎なんかににらまれる感覚といいますか。身動き出来ないです。

オーラというか空気が人間の持つものじゃないですね。
この空気は多分今の総合格闘家がメッチャ強くなっても持てるものじゃないです。
ほら、それだと人間どまりじゃん。
この方野獣というかね。人間と比べるとこにいないもん。
で今視えないからちょっとリーディングすると(いると恐くて出来ない)。

この方のこのオーラって空手の強さ以上にこの方の強力な思想、愛国心からです。
強さ以上に積み上げてきた人間の強さ、意志力ですね。

そうそう、あの石原莞爾も似た強力な空気です。
多分あの方や大物政治家って普通にせっしてもははーってなるじゃん。

どう考えてもコブシの喧嘩は弱いけど(じいちゃんじゃん)、でも恐いし絶対
勝てない感じするでしょ?

そんな感じプラスもう圧倒的な怖さですね。しかも人間力というか圧倒的な魅力もあって
この方に声かけられただけで熱烈なファンになりますね。

アントニオ猪木もそうですね。ただマス大山は猪木以上のものです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. いち読者 より:

    日本が隣国になめられてるって相手は中国か韓国しかないんだろうけど
    中国の天安門事件を肯定してたのは覚えてる
    韓国は本人の故郷だし

  2. かめんのきもち より:

    田中角栄氏、戦後まもなく衆議院議員の選挙に出るときに、地元の小学校の体育館ステージでニッカポッカで演説したそうです。今は亡き祖父が申しておりました。

  3. ジミヘン より:

    角栄さんニッカポッカですか!!
    そのあたりのセンスが圧倒的な人気の秘密かもですね~

    それって無自覚だったのかもしくは戦略だったのか
    めっちゃ気になります!!

  4. かめんのきもち より:

    今では、知るすべもありませんが戦略のような気がします。戦後、当時これといった産業もない田舎で、きれいな背広を着ての演説は、民衆の反感を買いそうな気がします。あまりしられていませんが、田中角栄氏って、一級建築士なのです。建築士法の法案づくりに携わって、一級建築士として登録されていたりとか、そのような抜け目のなく、パフォーマンス能力に長けてた人が無自覚で、ニッカポッカきて演説してるイメージがわきません。

  5. ジミヘン より:

    政治音痴の私の発言なので聞き流しで
    朝日新聞の罪ってでかいですよね!!
    しかもその記者が今どこぞの大学の講師をのうのうとやっているのってのも

    でですね 新聞という大きな報道機関が
    個人として行っていたのか国家として行っていたのかの区別なしに報道ってどうよ?と思うのです
    例えば信長軍が京都を占領しました 部下が勝手に許可も得ずに略奪しましたと
    信長の許可のもとにこぞって略奪しましたって意味合いが全く違うじゃないですか

    というお話で はい 朝日の罪ってでかいですよね~
    と大朝日新聞を敵に回して私は生き残れるでしょうか?

    なんてね ははは