読者登録お願いします
スポンサーリンク

名古屋市中村区をリーディング

5年ほど前の旧ブログの過去記事ですが

こんなの書いてたんですね~ はい

またまた名古屋ネタで。中村区に烏森というとこがあって。


もう凄く気が悪いのです。


昼なおうすくらいというか。


スモッグ?みたいな。

で夕方何度もあの辺りで感覚おかしくなって今の景色か昔の景色かわかんなくなることあったのですが。


でそのとき大きいかごをかぶせられて運ばれる人を何度も視たことありまして。
でそれに向かって村人が罵声を浴びせてて。

多分あの辺りって刑場だったんじゃないかなあ?
尾張藩の。


で近鉄の八田辺りも凄く陰の気で。特に病院があるのだが其処に凄い集まって。
後は自転車置き場の辺りとか。
なんだか昼間でもうっそう感で。


多分昔の昼なお暗いうっそうとした森の名残で。
であの辺り一体でも何度も幻視を。

もうしょっちゅうふらふらと気を失いそうになってたからその都度ね。
〇〇の方というかもっと言うと当時の流行病の方をあの辺りに住まわせてた感じが。


江戸の小石川みたいな。ま、もっと悲惨な扱いなのだが。

スポンサーリンク


なのでいまだに夕方がりがりにやせた餓鬼のような病人の方がうろうろしてますし。
多分烏森とかって地名は昔の刑場の名残だったりする感じしますね。

あの辺りって江戸以前は多分森で江戸期にそれこそ〇〇のために居住区とした感が。

で八田に温泉あるじゃん?あの辺りももう匂う匂う。言い方凄く差別ですいませんですが
岩塚からあの辺りってやはりだったのでは?


時々土地の記憶で聞こえちゃうんです。怨嗟の声が。で普段差別されてる鬱憤が
刑場に罪人が送られると其処に集まり罪人に向けられるという感じで。

烏森はいまだ本当にヤバイ空気で。
あの辺りって犯罪多くなかった?


多分名古屋城から凶の方角であの辺りに尾張の負を持ってきて対処という感じがします
凶には負をって感じで。でその負を東(ようは城下町)に入れない仕掛けがどっかにあると
思うのだが、と思ったらありました。


中村公園ね太閤さん出生地のトヨクニ神社。農民でで絶大な人気の太閤さんを持ってきたわけね、と思って調べたら出来たの明治じゃん。

違うなあ。何処だろう。やはり堀川とかかなあ?
いまいちピンと来ないから今度あの辺り探索ですね。

そうそう、八田や岩塚を西に行くと庄内川があって其処の川沿いがまたまた怪しい。
ここもいまだに夕方見るのがいわゆるかわらモノと呼ばれるものたちね。


くぐつ師や鋳もじ師(って呼ぶんだっけ?)という人外のものというか統治の外にいた人たちね。
当時川原って何処の当地にも属してなくてそういった人たちが住んでたじゃん?確か。

その辺りの人たちが凄く面白いので其処の幻視は次回ね。

と書いたら あのあたりは〇〇じゃないよ~という方もいらっしゃったので

丁度こんなブログ発見したので 勝手にリンクを

http://blogs.yahoo.co.jp/tokaiama/320276.html?__ysp=5ZCN5Y%2Bk5bGLIOeDj%2BajruWIkeWgtA%3D%3D

東海アマのブログ 興味深いです

差別という意味で書いたんでは無いですが お気を悪くされる方いたらすいません

ただそんな風に視えたなあという話で

私はそう感じたというだけで これが正しいなんて思ってはないです はい ただそう視えた

それだけです

コメント

  1. 翠榎 より:

    烏森、鵜野森、鵜野木…これらの地名、私も以前から、ジミヘンさんが書いていらっしゃったことと同じ印象を持っていました。
    葬送、特に鳥葬に由来しているのかもしれませんね。実際、見知っている所は今でもドンピシャでその地名から発するとおの「気」が残されたままでおりますし。

  2. ジミヘン より:

    烏森=鳥葬!!あるかもです!!今まで気づかなかった私は相当なお馬鹿さんです!!
    なんとなく カラスが突っついて野犬も~という感じ
    降りてます のっぱらではなく森ですな~という気が

    いつもありがたいご指摘アザーズ!!

  3. 匿名 より:

    ジミヘンさん、今さらで申し訳ありません。昨年末の既製品で注文のメールをしたんですが、お断りのメールが来ない=注文を受理されたと考えても宜しいのでしょうか。宜しくお願い致します。

  4. ジミヘン より:

    大丈夫すよ はい お断りのメールにほぼ半日以上かかりましたから

  5. 匿名 より:

    ご返信ありがとうございます。到着を楽しみに待ちます!

  6. 瑞穂 より:

    烏森さんは烏森城跡ありまして、秀吉の寧々ちゃんの叔父さんの杉原さんが殿様
    でしたね。後、秀吉の妹旭ちゃんが家康と結婚する為強制別れた元旦那さんの出家寺さんありますね。南は荒子観音で前田封印。烏森は罪人の頭を啄むと鴉の森さん。

  7. ジミヘン より:

    烏森城 また良い場所にありまして ははは 香ばしいといいますか
    あのあたり 鴉の森さん なるほど~

    そういえば八田駅のとこの欧風カレーやまだありますかね!!
    実は好きでよく行ってました 

  8. 浅井康広 より:

    突き詰めてはダメなことかも知れませんが、部◯の成り立ちが、徳川幕府に不満が向かないように、そのような身分制を設定したと言われます。そういった面もあると思いますが、それが主だった理由なのかなと、直感的に疑念が湧きます。(部◯反対を唱える人達が、声高に、必要以上に、「徳川幕府に不満が向かない様に、、、」と言う感じがして、それが本当の理由では無いのかな、と何となく、直感的に思います。)

  9. ジミヘン より:

    徳川幕府以前から 被差別民ってね~
    穢れを扱う方と定住しない方たちが やはり被差別民と

    前者は穢れ思想 後者は為政者として 支配の枠外になので
    扱いにくかったのでしょう ほら、今もですが川原ってどこの支配も受けない土地で

    かわらものという名前があるくらいで 記事にしまっす うちの先祖場所柄傀儡子や木地師なんかともやはり交流あったそうで

    木地師の里がすぐ近くだったりなのです 漂泊の民は興味深いです

  10. 浅井康広 より:

    ご本人達は、大変なご苦労をされたと思いますが、部◯の歴史を調べると、感情を掻き立てられるものがあります。

    八墓村の元になった、30人殺し、津山事件。岡山の部◯で、夜這いの慣習。

    後家、未亡人は若衆のモノ。若衆に、他集落からの治安維持や、農作業の重労働をお願いするかわりに、夜の相手をする。食べ物、プレゼント、金銭で、昼の間に話をつけ、夜這い。色街の無い、寒村の集落の特殊事情。

    30人殺しの犯人は、その中でも相手にされず、夜這いの相手もしてもらえず、自分以外は、夜這いで性欲を満たしている事を知っていて、村全体に怨みを募らせていった。

  11. ジミヘン より:

    津山は鬱屈しちゃいましたね~ という感ありますな
    多分昔の集落って 今の我々が想像できないくらいの
    閉塞感があったんだろうと思いますよね