結界って魔を封じますが 外からの聖は入れるのかな?わからんですばい

スポンサーリンク

そういえば子供の頃に親戚の爺さん(神社の宮司ね)が言ってたことを思い出しまして。
結果ってあるじゃん?


神社は張ってあるじゃん?
で祭りになると村の神輿が通るとこもなんか白い紙(名前忘れた)ぶら下げてはるじゃんね。

あれとかなんだけど結界張る=魔や念やら負のものを入れない、と普通は思うじゃん?
でも実際は負だけ進入させないことは不可能でこっちの都合の良いもの(運とか)


もは入れないんだって。

ただ神社の場合中の神様が元々大いなる光を放ってるからその光を何物にも邪魔されないように(ようは祓い)すれば本来の光が増す、ってことで外からの何かは必要ない。


ただ神の光って祈りによってのみ増すから祈る人は結界の中から祈るわけじゃん。

って感じのこと言ってって。

(ま、子供の頃のことだけにかなり記憶はあいまい且つかなり自分の脚色あり)。


それって人間も同じで。ようは外からの刺激でなく本来の自分の光を大きくして照らせってことね。で光は慈愛で大きくなるっていうね。

でこっからが本題。前にも書いたがうちってお寺さんと縁深いのです。
で子供の頃祖母とうちの田舎の各家々(というほど多くないが)

に結界を張りに行ってたのです。

(ま、張るのは祖母で私は手を引かれその家でテレビ見たりおやつもらったり)。

でその後はお寺さんから報告が来てて。(昔はお寺さんは村の情報通)。
その情報だと結界張ったいえでもその後の家運の差が大きいと。
幸運の家もあれば不運も。


子供の頃はフーンって感じで何も感じずに終わってたが今考えるとかなり興味深い。


私なりの解釈だと、結界張ることでその家に魔も幸運も入れなくなって、

先祖供養や神祭り、また陰徳を積んでたりの家系の輝きを増すようなことをすれば

埃がない分光が増す、


逆に何もしないと入ってくるべきラッキーも入ってこない、となるんだろうな。
なんてね。

上記の話もだが昨日仕事で中華街に行ってで中国の開運グッズやら風水グッズ見てて思ったのです。
基本濃いじゃん?色もエネルギーも。透明感ないじゃん?


特に魔よけ関係って良いも悪いも入れないな、と。
多分中国式って魔よけと幸運呼ぶものを同時に置くんじゃないかな?

陰陽のバランスで。

ま、そのあたりは国民性や風土、慣習の違いがあて一概には言えないが。


日本人の感覚だと魔よけには避けるものと避けないものの見分けなんてつかない気がね。

中華街のある店舗で手相占いやってって其処の一人の女性の占い師、見た瞬間ピンと
来ました。実は占い師でピンと来る人あんまいないのだが。

実は過去記事ですが ははは 結界魔除けは魔も福もシャットアウト!!

正直今の感覚だとわかんないです はい

どうですかね?ここばっかはなんとも

ただ陰陽的な結界の発想って 全部ふさいじゃうと元からいた魔がそのまま

出口がないので 出口をどこか空けるという発想はあります

戊辰戦争時の上野戦争方式といいますか ははは

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. まり子 より:

    中華街のピンときた占い師は、どの通りの占い師でお名前知りたいですm(_ _)m

  2. 翠榎 より:

    「神明は人の敬いを得るによりてその威を増す」

    って言いますもんね。

    >白い紙

    は紙垂(しで)のことでしょうか。神社のご拝殿前の注連縄に垂れ下がっているあれです。

  3. チャム41 より:

    出口が鬼門なんでしょうか?結界というか屋敷神っていろんな意味ありそうですね。
    神社は厄祓いでお寺は厄除け、祓うと除けるって神仏のお働きの違いというかそんな感じなのかなと思ったり。

  4. ほたる より:

    「外からの刺激でなく本来の自分の光を大きくして照らせ。光は慈愛で大きくなる」っていいですね…。

    記事見て、ジミヘンさんのブレスや霊符も、結界の役割を果たしてるのかも? というのがパッと浮かびました。

  5. johnny99 より:

    中華街の女性占い師。

    どこがピンッと来ちゃったんですか?(^^;A

  6. ジミヘン より:

    いやいや、旧ブログの過去記事リメイクなので ははは すっかり忘れてましたよ~
    その方のことや場所も ピンと来た理由はいつも通りなんとなくです
    と書きながら 中華街の山口美江さんのお店のあったビルと山口さんが脳裏に

    ここ、彼女の城だったんだな~と また記事にしまっす

  7. ジミヘン より:

    そうそう、紙垂です!!いやいや ブレスやらは簡易的です 発想としては陰陽的な発想のものですよ
    屋敷神!!今めっちゃ興味あります
    名古屋のお城の近くの堀川沿いの旧家街がありまして
    そこ屋根に立派な屋敷神なんです

    庭によりも効きそうな気が 魔除けとしたらめっちゃ効きそう!!
    鍾馗様とか祀ってたりする家あるかも?

  8. チャム41 より:

    屋根繋がりで地場の百貨店の藤崎(宮城では三越よりも藤崎で、テナントもガッチリ押さえてて)の屋上にえびす神社あるんですよ。西宮神社から勧請してて。何か関係ありそうと思ってしまいます 笑

  9. 翠榎 より:

    大企業でも本社社屋の屋上に屋敷神(社屋神?)祭ってるとこって多いです。特に戦前からの由緒を持つ会社とかに。
    その代表格である、三○なんかでも、社長以下、幹部社員がこぞってその社屋神の勧請元の某稲荷神さまに参拝に行かれるんだそうです。

  10. 翠榎 より:

    デパートの屋上って10年ちょっと前までは、階下の世界とは別次元の世界が開けていて大好きでした。牧歌的で慎ましやかな幼児用遊園地があったりして。
    そしてチャムさんが仰います通り、その遊園地の乗り物の裏側に屋敷神がお祀りされていて。あの祠を目にするとよく手を合わせていました。
    また、地上の流通ルートとは違う飲料水が売っていたりもしていて(あれ、何故なんだろう?)。
    だから、渋谷東急とか、今はなき日本橋東急とかの屋上に行くと、地上では売っていないコアップガラナとかが売っていて(名古屋三越や丸栄の屋上もそうでしたよ)、ガラナ好きな私はデパート行った時はいつも必ず屋上へ行ってガラナ飲んでいました^^
    あの牧歌的でゆったりしたデパート屋上の風景って近年ほぼすっかり姿を消してしまいましたよね。
    日本橋三越の屋上が、ただのホムセンの植木売り場みたいになってしまった時の寂しかったこと…
    東京だと浅草松屋ぐらいでしょうかね。いまでもあの風景を辛うじて残っているのは。

  11. ジミヘン より:

    某大手メーカーさんは 仕事の事故で亡くなった方の慰霊塔建立し毎年慰霊祭してますし
    某企業は社員のお墓も会社のねというとこも
    私もいろんな会社や企業見てますが 一時の好調不調でなく 長~く続くとこって
    しっかりとおまつりしてあったり 慰霊や社員の葬祭なんかしっかりと出席したり
    してるとこ多いです

    もっと言えるのは 創業者の社訓を繋いでるとこ!!記事にしまっす
    松下さんのリストラはね~ まあしゃーないですが はい