ユタとイタコは本物なのか?本当に力はあるのか?

スポンサーリンク

沖縄のユタさんいるじゃん?

結構私の感覚だと自然霊が乗ってる方多いな、と。
本人達は違うというかもだが冷静に視ると。

でうたきなんかもやはり自然崇拝であって。根本は。
しかもその自然霊が太古のというか原始のというか。
もうそのまんまで。
で原色で。本土では考えられないですね。

そうか、自然霊だから巫病も起こりやすいわけね
ある意味自然の気に当てられ耐性が出来るまでというか。

で行ったことないが普通に凄い昔の人それこそ琉球王朝やそれ以前の人たちが
いまだ普通に生活してて人と霊が共存していて

しかもお互いに尊重し合っていて、感覚的に日本でなく南方の国々に近い
霊的な感覚感じます。

スポンサーリンク

以前知り合いのユタさんと話してたときにそれは凄い感じていて。
で感覚的に鋭いじゃん、本土の人より。


DNAかと最初思ってたのですが。ある意味DNAだが実はもうそこらじゅうに神を祭り
共存してるじゃん、それこそ火の神やら水だったり竈だったり。

日常が自然と普通に共存となるわけだから(神=自然)そりゃ感覚鋭いよね
ある意味日常が修行じゃん 霊的な
それは昔の日本人も普通に行ってたわけで そりゃ昔のひと、鋭いなと、
だって終始神を感じようとするわけじゃん。

ま、ユタさんの知り合い その方しか知らんので本当のとこは分からんです

ただきちんと拝まれてる方たちって

その拝む対象によってやはり何かが共通してくるといいますか

霊的フィールドを同じくする者は という気はありますが

ただきちんとそこに信仰というかね 信がある場合は

結局密教でも神道でも街の拝みやでもそうですが

本気の信がなければご本尊は動かないと思いますし

逆にご本尊は動いて何かを現象なりを見せるから確固とした信に向かうとも

私の勝手な感覚では その後者結構大事だなと ま、現生利益とも

宗教であればご本尊や場の力(神道なんかは特に)

陰陽であれば術の理というか 術というものを信じれなければ

そりゃあね 効かんよね ははは

最近質問多いイタコさん 微妙~な方が多そうな感じ ははは

ただ知り合いがいないので本当のとこは分からんです はい

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. まり子 より:

    ユタかは分からないですが日曜日の一週間のニュースの宮根さんの番組で、宮根さんもその情報知りたいと言った九州の霊媒師?この間の日曜日より3つ前の番組に、ラーメン屋を再建するに当たり店主が亡くなって、誰もレシピが判らず、再現に悩んだ店主がその霊媒師の元を訪ねると、ドライフルーツが足りない!とドライフルーツをスープに煮込んだら再現が出来た!という話でしたが九州では有名な当たる方だったと放送され、宮根さんもその人の情報を知りたいと番組で話してました。私も番組に電話して調べなければと思いながら、まだ調べてないです;;

  2. まり子 より:

    ユタかは分からないですが日曜日の一週間ニュースを宮根さん司会の番組で、宮根さんもその情報知りたいと言った九州の霊媒師?この間の日曜日より3つ前の番組に、ラーメン屋を再建するに当たり店主が亡くなって、誰もレシピが判らず、再現に悩んだ店主がその霊媒師の元を訪ねると、ドライフルーツが足りない!とドライフルーツをスープに煮込んだら再現が出来た!という話でしたが九州では有名な当たる方だったと放送され、宮根さんもその人の情報を知りたいと番組で話してました。私も番組に電話して調べなければと思いながら、まだ調べてないです;;

  3. johnny99 より:

    身内が、亡くなった人と話を出来る(イタコ?)非とを訪ねて、いろいろ話をしてきたそうです。
    こちらから何も言ってないのに、仏壇のお供え物、
    亡くなった人の好物を言ったり、50年近く前に亡くなった祖母の亡くなった時の状態を本人に代わり、語ってくれたそうです。

    費用は高額を要求するのではなく、交通費位らしいです。

    その人って、生まれ持った能力なんでしょうかね?
    それとも低級霊とかが、装って話してるんでしょうか?

  4. 匿名 より:

    私の父がそういうことをしていました。
    当たるそうで悩みを抱えた人が来ていた記憶があります。
    当たるのは当たり前ですよね。父はお伺いをしているだけですから。
    今思うとジミヘンさんが言うところの「喰われていた」感じがします。
    でも、家族は助けられていました。
    感謝しています。
    なぜ助けてくれたのか、なぜ父を魅入ったのか、聞けるものなら聞いてみたいです。

  5. ムスメッコ より:

    丁度イタコについて考えていたところ
    またタイムリーな記事を書いてくださって
    さすがジミヘンさん!本当にいつも不思議です(*´`*)
    目が見えない、耳が聞こえない方を弟子にとった風習があったという話は
    五感をひとつ削った分、やはり感覚が鋭くなることを踏まえてみえたのかなと…
    それとくくりひめがイタコの始まりの人だという記事を見つけ、私は天照もくくりひめも元は存在していた方々だと思うのであるかもしれないなーと考えていました。
    イタコ…興味深いです…

  6. ジミヘン より:

    目が見えない方は~はあんまさんや琵琶法師のように
    生きてくためにその道に行かざるを じゃないですかね~
    民俗学的に言うと 

    でその道に入ると 残った器官やらが健常者より発達してたから
    という感じかなあ

    記事にします

    いたこ 案外見てもらったり多いんですね~ しかも父まで!!すげ~
    私いたこのいたろ~ とかいう歌の人だと思ってました

    ちびっこのころ

  7. なな より:

    こんにちは
    自然霊というより先祖の氏神なんですが、今思うと子供の頃から夢に出て来ていて、先日もその関係ある神社に御参りしたのですが、ハードスケジュールなのに親切にされまくって全て地元の方が連れていってくださって、それでその神威を感じました。
    それで、ついていてくださっているのだなと信仰というのでしょうかね、信頼できるようになりましたね。

  8. アリリ より:

    知り合いに 多分ユタの方がいます。
    道で偶然に会った時に、助言された事があります。
    ある事で、悩んでいた時に、曾祖母の言葉を伝えてくれた様です。。
    スッと納得する…仕方ないな。と、開き直りました。
    普通は 引き継ぎは無いらしいのですが、祖母の徳のおかげらしいです。

  9. johnny99 より:

    伊予ブログ炎上関連の記事を読んでたら、『消えゆく「死者との交信」青森のイタコを訪ねて』って記事に行き着いて、最近ジミヘンさんの記事に有ったなぁと思って(^^;

    昔は何十人といたそうですが、今は六人ほどだそうですね。

    考えてみれば、何度も戦争が有り、サヨナラも言えずに突然のお別れとかが多くて、イタコの口寄せに頼る人が多かったんでしょうね。
    今みたいに情報が氾濫している時代じゃなかったし。
    近年では、大震災とか有ったけど、時代の要望とかね、そのうち教科書とかでしかその存在を知ることがなくなったりして。

    不自由な人が生きやすくなったってのも、また時代なのでしょうね。

    その時代に合った能力やシステムみたいなものが現れるのでしょうかね?
    無能力者の自分にはわかりませんが。

  10. ジミヘン より:

    多分時代のシステムとして必要だったというのはあるんでしょうね~
    私もわからんですが 時代が必要とすると 必要とされた何かが現れ

    必要とされなくなると廃れる~って真理のように気が

    コンサルしてるといつも思います さて今の業界の状況が20年前にわかってたとして
    何か手を打てたのかって?

    記事にしまっす

  11. パステル より:

    ジミヘンさんの愛光堂ブレスにタンザナイトが入っていましたね。沖縄にご縁があるはずとおっしゃられたそうですが、タンザナイト=自然崇拝や感謝の心を意識するとチカラが増す感じがありますか?