ストーカーやいじめ退散のブレスレット

新年あけましておめでとうございます 今年もよろしくです

ということで さて新年 といいながら書いてるのは年末ですが

今年の抱負とかですが 相変わらず全くない

いままで抱負というの考えたことないですから ま、昨年と同じく

だらっと頑張らずに楽しく生活できればいいなと それだけです はい

本を出そうとか有名になろうとか ないんですか?と聞かれますが

ないです

面倒じゃん はい

ま、そんなところで

dsc_0837

新作です いじめに悩んでるお子様のです

私ですね 子供のいじめってめっちゃ深刻と思ってるのです

大人よりも逃げ場がなく追い詰められちゃうじゃないですか

経験値がすくないから

もし学校行けなくなったら 人生絶望って

なので結構ね 入れましたよ~ 何をって内緒

それこそね いじめを止めないんならさあ お前ら痛い目にあっても仕方ないよね!

それくらいの思いいれたりね ははは

私の中ではいじめる側が絶対の悪ですから

子供のやることだからという馬鹿もいますが 悪気はないとかって

スポンサーリンク

悪意のない悪いことほど手に負えないものはないのです

だって心底悪いと思ってないんでしょ?

という話

感覚としては呪詛返しに近いかもね といっても相手に危害加えるとかではないけど

さすがに

一般的なお話で さて危害を加えない呪詛返しやら脅し どうやりますか?

ですが

まあ夢で見せるというのが結構ありまして

暗示させる怖い夢を見せるというね

たとえばこの案件手を引かないと お前の家族が~的なとか

ま、一般的です

ほかには相手がなぜかやんなくさせちゃう気にさせるといいますか

わたしはこれ使いますね

この間のレポのストーカーもそうですが

なんとなく もうやめておこうと思わせちゃうという

すべてがうまく行くわけではないですが たま~に成功しましたね ははは

ですが案外ね 術としてはその相手の背後というか まあ意識やらいろんなものを

ザックリと切り倒すので

結構術的にはえぐいといえばえぐいですが ははは

ま、

そんなこんなで 今年も一年お願いします

とりあえず 皆さんお友達にブログ紹介してね

私もブログのアクセス数アップは ねずみ講方式で頑張りますよ!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. TH より:

    ジミヘンさん、明けましておめでとうございます!

    昨年は、ブレスちゃんとのご縁をいただき、本当に、ありがとうございました

    今年も、ゆる楽しいブログ待ってま~す

    子どもの頃、いじめられると逃げ場がないので、辛かったです 
    昔は、無視とか、仲間外れにされるくらいだったのが、今ではネットやらあるから、深刻ですよね  
    このブレスちゃんの子どもは、きっと如意輪観音様が力を貸してくれますね ラッキーですね

  2. くまいる より:

    明けましておめでとうございます!
    今年もジミヘンさんのブログ楽しみにしてます。

  3. tierra より:

    明けましておめでとうございます
    今年もよろしくお願いいたします
    ブログのアクセスアップ頑張って応援しています!

  4. まり子 より:

    明けましておめでとうございます。
    毎回ブログ楽しみにしています♪
    この虐めの題材で昨日、自殺まで追い込んだ相手には何も責任がない事に、ある番組で教師が法律を変える必要があると話してました。また他の意見では、罪が軽く、再犯が多い事も!また加害者の実名を出す必要性についても語られてましたが、学校で教師も一緒になって虐めていたケースもあり;;なかなか消えない問題ですね;;

  5. ジミヘン より:

    日本って被害者のプライバシーはめっちゃ暴くのに加害者守りすぎです
    いじめでも 弁護士とかに相談して相手の親に賠償請求すべきです!!

    子供が学校に行けなくなった 心に傷を負って精神的病になった
    将来にも影響がだもん

    会社のパワハラなんかよりも 断然罪でしょ?いじめる子供を止めさせれないのって
    親の監督責任でしょ!!
    いじめる親も いじめを隠蔽する学校も賠償請求しちゃえとマジ思います
    責任の所在をはっきりさせるべきだと 

    本音は手を打たない学校よりも いじめをしてる本人と親でしょ!!
    と思ってます 家庭の責任を学校に押し付けすぎって
    私 先生はいじめの事実を把握が一番で それをいじめの親に報告して

    改善要求を出して それでもいじめが治んなかったら 放校でいいじゃん 退学でいいじゃん と思ってます

    だってしつけって本来学校でなく家庭でしょ?
    いじめを行う生徒(くそがき)にこの国大甘だと思います

    直さなかったら退学 あとは知らん それでよいのでは?学校も
    義務教育だからというなら 義務教育を受けさせれるように親がしつけるべきでしょ?

    それができなかったら 親の責任ということで はい

  6. 翠榎 より:

    「被害者よりも加害者にやさしい」

    斎藤ひとりさんもおっしゃっていますよね。
    「学校でイジメがあったら、被害者の親御さんは即、警察に被害届けを出してください」
    「そして警察に『子供の通っているクラスに犯罪者がいます』と強く訴え出てください」
    と。

  7. ジミヘン より:

    斎藤一人さんそんなこと言ってるんですね!!
    さすが素晴らしい 私も同感です!!

  8. N より:

    夫の友人が、交通事故にあって、大した怪我でもないのに保険会社から数百万ぶんどった弁護士さんの話しを聞いて、「えげつな〜、友だちになっておこう♡」とごはん食べに行きました。ガチで勝ちに行く弁護士さんと知り合っているだけで、大人の喧嘩の勝率上がる気がします。大切な人を守るためにも。今のところお世話になってはいませんが、武器ですね、ある意味。

  9. ジミヘン より:

    大人の喧嘩って結局どれだけ戦略練って準備するかなんですよね~
    これ昔の戦もなのですが

    結局日本有数の弱さといわれた尾張兵が天下取ったじゃん?
    強さでいえば武田や上杉、島津兵なんかに太刀打ちできない

    それだって勝てる準備して~なんですよね 結局 
    相手より人数そろえて 兵器揃えて 兵糧やインフラ整えて 調略やってって

    そうすると 戦国で一番大事なのは経済力で そこを誰よりも信長さんは分かってたという

    今だとやっぱ法律やら押さえとくと強いですよね~と思います