スポンサーリンク

新興宗教にはまったお母さんの相談の巻

さてレポです

お久ぶりです。以前、NO.9ブレスを作っていただきました○○です。

ご報告が遅くなりましたが、今年の4月に無事結婚式をあげることができました。

家族仲良く暮らしています。ありがとうございます。

あら おめでとうございます 今後もお幸せに~という感じで

さて本題

ずいぶん前に来た相談の返事です すいませんかなり遅くなりました


母親が新興宗教にはまり且つ人の嫌われることばかりしてきた


死後地獄に行くか心配との内容でして

正直難しいです


ぶっちゃけ私の本音では死後はやはりそこの教団霊の場所に留まるでしょう。


でそこは俗に言う浄化して上がる場所ではなく未浄化で留まるとこの気が。

まあ未浄化でとどまるかはわからんが 教団霊の場所でしょう

だってその教団が やっぱ死後も自分たちの教義の場所にというのが

宗教だもん

中々信仰の問題は難しく鎌倉時代の仏教だって当時は新興宗教であって日蓮な

んかある種のカルト宗教と見られていた感も。

なので現在の新興宗教も1000年経つとスタンダードに絶対ならないかと

聞かれると?だし。(ま、多分ならないが)。

スポンサーリンク

宗教もある程度固まるとそこに新たなスタンダードは生まれない感が。

野球だって近代ベースボールが固まるとそっから新ベースボールは

スタンダードにならないじゃん?

信仰って強制されたり誘ったりするもんじゃないから、といいながら私も先祖供養はいい

よとある意味の勧誘ですが。

ま、多分母親はその教団霊界に留

まるでしょうしまた今から身内が何をいっても

無駄でしょう。

嫌われちゃう生き方も残念ながら。もうこれは考え方を変えるしかなくて。

母親は客観的に見れば?ですが本人はそれが幸せとおもってるのでもう仕方ない。

ある意味幸せと思いましょう。

でやはり宗教以上に他人に嫌われることをしてるのは業をつんでます。

なので変わりに私が他人に優しくしたりして母の分の陰徳を積みましょう。

変わりに業を消しましょう、位にね。

で死後はやはり中々浄化できないので自分が供養を一生懸命し母親を浄化しましょう。
という発想はいかがでしょうか?

今のまま母親の心配したってつらいだけじゃん?

なにいっても母は変わらないのならあなたの発想を変えればいいじゃん。

たとえば母のおかげでご近所トラブルやらあったらこれも私が母の業を消してるんだ、

仕事できついことがあれば母の代わりに陰徳積んでるんだ、と思えば結構いいでしょ?

状況同じでもこれなら未来にきぼうもてるでしょ?

多分占いやら霊能者たよるとお祓いやグッズやお水取りやらさせられるが

結構なお金使うじゃん。

だったらそのお金でお母さんにおいしいもの食べさせたり温泉連れてくほうがなんぼか
親孝行ですよ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 今回は匿名で より:

    ジミヘンさん

    お返事ありがとうございます

    そしていつも優しいメッセージをありがとうございます
    生きてると色々ありますが、考え方一つで本当に救われますよね

    今まで、人に言えず一人で抱え、心で沢山泣いてたことジミヘンさんに相談して気持ちが楽になりました

    母の分まで人に優しく生きて行きたいです