霊能を磨きたければ瞑想よりも身体感覚を磨きましょ

なんだか瞑想がBOOMらしく、霊能者の本を読んだら瞑想をしてください
とか書いてありました。

結局瞑想してなんかとつながりたいわけでしょ?
ろくなことないです。

ろくなものと繋がらないしそれが何かは正直霊能者だってわかんないでしょ?
ほら、霊って大抵嘘つくじゃん。
大きく見せたり信用させようとして。


私だって実は繋がってるものとかよくわかんないし余り信用してないのです。
もし瞑想したかったら繋がるではなく自分の体を観察しましょう。


いまどの筋肉がこっていてそれは何処から来ていてその何処からは精神的なストレスなのか
肉体の疲労なのか、といったことをよく観察しましょう。

その辺りの感覚はスリランカのお坊さんの何とか瞑想(どわすれ、すまん)に近い感覚です。
精神世界で私が一番感じるのは実は身体感覚というものを大切にしない、

もしくは最下位と捉えてること。
肉体を超えて精神とかっていうじゃん。


大間違い。だから術が出来ないしわかんないのです、視えないのです。
まずこの世の中は肉体感覚が最優先なんです。
なのでこの世界で何かしたい、感じたければ身体感覚を磨くのです、

徹底的に磨いてその次の段階で精神となるのです。
積み木でもそうだが土台を飛ばして組めないでしょ?

徹底的に身体の状況を見つめるんです。そうするといろんなことにおのずと気づき、
知ります。

スポンサーリンク

まずそっから。頭で知ってても身体が動かないと駄目なのです。
言霊出すのだって実は身体感覚。身体でわかるんです。

で本当は霊やらヤバイ場所なんかも身体でまず感じるのです。

当たり前だが人間って五感なわけジャン。

最もものを探るのに適したものって。霊だって同じ。それの先の感覚で、霊感でとかいったって
五感が磨けてないのに何言ってるの?
何です。

それが出来てない、わかってないから本来霊を扱っちゃいけない人が扱ったりしちゃうのです。それって凄い危険なんです。

まず五感、具体的には肩こりあるとするじゃん。まず何処にどんな風にどんな深さで
を観察。次にどっからきてるかを。でここかな?というとこを緩めます。


具体的にはその場所を力を抜いて本当に少しだけ動かします。1ミリとかそんな世界で。
何度も動かし(揺らし)身体を眺めます。

それを色んな箇所で行うのです。そうすると少しずつ身体で分かってきます。
(コリが取れていく場所があり、原因やつながりが見えてきます)

それをやるんです、どれくらい?ですが何年、何十年と。

実は私10年近く行いようやく


最近少しずつ掴めてきたのです。その間ひたすら専門書やら読んだり身体感覚の
セミナーや古武術関係習ったりひたすらはまったのですが。

10年はまると感覚少しだけ掴めます。
するとどうなるか?
霊感や気の感覚強まります。

また術というものの本質が掴め始めますしどう身体を使っていいかつかめ始めます。

はっきりいうと私術や霊の感覚は何をやって一番磨けたかというと霊的行法じゃないのです。


ムロン山入ったり禊したり言霊したり瞑想したりま、その他色々したりだが。

でも一番は身体感覚磨くことなんです。これは間違いないです。
もう一つはメッチャ効果ありですが前も書かなかったがあることなんです


ちなみにひたすら本読んで知識も入れる必要あり。
知識をいれ身体でそれを使える。当たり前だが

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    ジミヘンさんって本を読んでるなってブログを読むだけでもよくわかります。
    それから色々書かれてますけど、それ以上に足を使って、実際に体験されていることもわかります。
    よくはまらなかったですね(^^;)

    やはり天から啓示を再々受けるなんて事はないのですね。

    そりゃそうですよね。自分の仕事でさえ何年やってても、知れば知るほど井の中の蛙だと感じますから。

    例外なんていくらでもあるし、反論受けそうですが
    ジミヘンさんのは、基本中の基本だな、とあらためて納得しました。

  2. アリリ より:

    ジミヘンさん、こんにちは。
    ブログを読んで、解ったつもりになっても、ジミヘンさんの勤勉さを真似は出来ません。
    随分前に、山の修行をしなさいと、言われた事はありますが、イヤイヤ俗世間に居るのが一番。目の前の人を助けるのが一番かな。。

  3. 翠榎 より:

    歩くといいですよね。
    交通機関に乗れなくなって、さらに前も書きましたように自転車も乗れない時期があって、とにかく「歩く」ということしか出来ない状況になってた時があって一時期ひたすら歩きました。でも物事ってマイナスの状況の中にあってもその中に必ずプラスの面もあって…歩いていると色々なアイデアが湧いてくる湧いてくる(笑)
    でも帰ってくると忘れているんですよ(泣き)
    メモ帳持ってて、思いついたらすぐ書き込んでおけば良かったと何度も…
    あと、受験生時代、勉強していてなかなか飲み込めないところがあると、よく部屋の中をぐるぐる歩き回ってその分からない内容をそらんじたり反芻したりしていました。母からは、勉強する時はもっと落ち着いてしなさい、とよく小言を言われたものですが、その方が覚えやすいのだから仕方がありません。
    後になって、受験指導者で医師である、あの和田秀樹氏の本を読んだら、歩きながら勉強したり暗唱したりするのは大脳生理学的にとても記憶が定着しやすくて良い方法なのだと書いてありました。まだ和田氏自身も灘高時代、東大を受験するために一生懸命勉強していた時、よく問題集片手に部屋の中をぐるぐる歩き回ってその内容を反芻していたそうです。
    ああ、自分のやっていたことは、正しかったのだ!と嬉しくなったものでした。
    昔の歌詠みさんとか俳人が常にふところに半紙しのばせてたのってそういう理由もあるのかな、等とも思いました。
    だから今でも、本来なら自転車で行くような距離をよく歩くようにしています。いまではポケットにメモ帳をしのばせることを忘れずに(笑)

  4. チャム41 より:

    先祖供養、寺社に参拝すると首、肩、肩甲骨解れる感じして。ストレッチなりベアフットソールのおかげで気のせいかも知れませんが 笑 肩甲骨が下がる、骨盤が立つような感じが心地良いです。読経してるとたまに瞑想ってこんな感じかなと思ったり 笑

  5. より:

    私はジミヘンさんブログがきっかけで歩くのが苦手→大好き になりました!どなたかのコメで、一万歩歩いて大幅ダイエットっていうお話がありましたよね。一万歩はなかなか、ですが、スマホの歩数計が去年の2倍になっています^_^
    翠榎さん、私も歩くと気持ちが整理され、前向きになります。大脳生理学的にも証明されているのなら、もっともっと歩かなくては!

  6. ジミヘン より:

    さすが翠榎さん 歩く かなり近いキーワードです たぶん呪術やら密教の
    ある意味究極のなにかに はい

    そこは企業秘密ですが 歩くいろんな意味で大事だと思います
    禅宗なんかでも歩きながらの禅もありますしね~

  7. ミドリ より:

    ヴィパッサナー瞑想ですね。
    毒舌のスマナサーラさんのお話聴きに行ったことあります。

    若い頃興味がありましたがレイキの先生に否定されやめてしまいました。

    ジミヘンさんや皆さんのコメント読んで、私も身体の感覚を磨きたくなりました。

  8. ジミヘン より:

    スマナサーラさんやめずにレイキやめちゃいましょ~ なんてね ははは
    私もエッチの際は フェザータッチで 必ず女子の身体感覚開発してます!!
    床上手!!のはずですが みなさんなぜか マグロです はい

    自信なくします

  9. まり子 より:

    最近、とても眠いのです;;
    肩こりや筋の痛みは、ガッテン(NHK)の東大医学部が腰痛を手術しないでたった4つの運動で治した;;という確か11月の内容だったかと思うのですが、腰痛治す内容で肩こりも軽減されたら、少しずつ他の部位がいつも縮んでいた事に気づいて、伸びをしたり筋肉も動かしてないと思えるように(^o^)