スポンサーリンク

古武術と呪術の親和性

とある古武術家の方とお会いする機会がありまして。
術と身体操作ということでとても勉強になり且つ刺激を受けました。

やはり日本武術と術、深い関わりを感じます。
で術はやはり刀を持つこと前提だったと改めて感じました。

特にインスピレーションを感じたのは刀の変遷と術のかかわりです。
古代は完全な剣で反りなし。
で平安末期から鎌倉くらいから反りが大きくなり(馬上で使うには直刀では手への
衝撃が大きすぎ)
で室町から江戸にかけてはそりが小さくなる(路上や戦場で徒歩での戦いのため)という
湾頭から直刀(いわゆる太刀から刀へ)ということです。

これ凄い重要でこの話でバンバン降りてきました。
これ多くの術師は知らないので術の効きがまったく駄目なんです。

スポンサーリンク

身体の使い方は古代は突く、平安期は身体から太刀を遠く離して突く、振る、
で刀は相手に密着し自分の身体に沿って(太刀も手も身体に近づけ)円の動きで斬る、
腰で斬るです。

何か浮かびません?浮かばないあなたはやはり術のセンス残念ながらなし。
九字を切るときに意識して使う、そう感じたあなた、中々のものです。
自分の刀印を太刀か刀か剣かどれに設定するまで考えましたか?

私はもう一歩先を感じました。相手に対してどの武器をどの使い方をするか?
たとえば魔物だったら剣、よろい武者なら太刀、人霊なら刀と。

何故か?凄い重要。もう術のある意味根本。

まずよろい武者。どう斬る?刀では鎧切れないじゃん?残念ながら。
技術あれば鎧の隙間からつけるが。

太刀で文字通り叩き斬る、というかブッタたきます。

で普通の人霊。これは完全に刀の切れ味でばっさりと。で魔物。これが重要。
もう眼からうろこなんです。
我ながら凄いリーディングだな、と。

きっかけは武術家さんが魔物はどんな攻撃でどんなものか分からないから正直
間合いをつめれない、の一言でした。

皆さん、インスピレーション受けてください、感じてください。

答えは明日ね

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. johnny99 より:

    鈍感な自分でもわ~かっちゃったぁ~。

    間合いを詰めれない=両刃で先が尖った剣じゃなければ、投げつけてぶっ刺せない。
    まるで勇者の剣のように。 ドラクエ? FF?

    ちなみに、適切な物で切れば、魔物でも武者でも人霊でも必ずやっつけれるのでしょうか?(^^;

    アイテム持ってても、ゲームみたいに「LV低すぎ」でゲームオーバーってことは無いのでしょうか?(^^;A

  2. ジミヘン より:

    魔物やらじんれいやっつけれないですって やっつけれた人もいるって話で
    逆に文字やらで残るというのは 本当にレアなケースだからわざわざ残ったんだと
    普通にやっつけれたら わざわざ残さないと思いますよ
    ちなみにこれ 歴史に資料原理主義の弊害
    資料としてないことはなかったという学会の姿勢って

    当たり前 日常ってわざわざ残さんじゃん 紙が貴重だった時代に
    資料にない=なかったこと って姿勢はさ

  3. 翠榎 より:

    わざと書かないこともありますしね。
    系図などにも言えることなのですけど。

  4. ジミヘン より:

    翠榎さんすいません 自分のコメントを編集しようとおもったら
    真上の翠榎サンコメントを間違って消してしまいました

    ほんと ごめんなさい

  5. 翠榎 より:

    ああ構わないですよ。
    きっと消された方が良いコメ内容だったのでしょう^^

  6. ジミヘン より:

    わざと書かないこと多いです ちなみに 家系に残すことは口伝多いです
    これ武術も呪術も

    他家にその技術が行かないように(弟子にも)
    最近父が系図にはまって 調べだしてますが

    やはりあえて載せていない 過去帳なんかもどう考えても数が合わないってありますねえ
    もしくは 戒名もなぜにこんな高いのをつけたんだ?って

    多分そうやって調べたり話題にするのが一番の供養なのです 記事に