読者登録お願いします
スポンサーリンク

魔法を使うには意識場が大事

さて呪術という話です 憑き物落としやら祈祷やらの たぶんなんですが意識場というものが大事で 本当は

意識場というのは 場としての意識場とする側される側の共通の意識場

これがないと なかなか効かない もしくは効果は落ちる気がします

thxj7rvalu

魔法使いで検索したら

この人たちでした

プリキュアって魔法使いだったんですね!

多分なのですが 肌に触れない方法であればあるほど意識場が大事になってくると

意識場=共通意識とも言えまして

たとえばめっちゃ薄気味悪いとこに行くと みんな薄気味悪い~と思うでしょうし

伊勢なんかに行くと 厳かな気分になるでしょ?

意識場が出来上がっていて それが未だに維持されてるというやつです

瞑想会なんかも 祭壇作ってそれっぽい雰囲気のほうが なんかよさげでしょ?

意識場 地域によってもちがって やっぱ四国は未だに呪術的意識場強いですし

迷信なんかが残ってる地域のほうが強いです

では呪術はプラセボ?という人もいますが それもあるしそれ以上も以下もある

ただ自分から入っていこうとする人のほうが効きは良い それはあります

スピの方の好きな満月の夜~とかも 意識場を作ると考えればアリともね

スポンサーリンク

ただこの国の呪術フィールドでいえば月よりも北極星だったりするんだけどね ははは

例えば行者さんが 本尊一生懸命拝む これも意識場を作ってるともいえるのです

さてさてこの日本ですが 呪術的な意識場ということでいえば 神道的なものよりも

仏教的なもののほうが根強いです 仏教徒のほうが多いですから

これ私の勝手な考えですが

日本で呪術的なこと 祈祷なんかも含めてやるんだったら 西洋式のものって弱いと思います

エンジェルさんであったりキリストさんであったり あとは良く知らんが

例えば同じ能力を持ってたら 日本式のほうが効くと思います

なぜって意識場というのの違い 根付いた年月信仰の差といいますか

でも施術する側もされる側もめっちゃミカエル信仰してますという場合も

人と人の意識場はできてますが 場所の力 場の意識フィールド

その力がなかなか借りれんよねと

まあ教会や信仰の対象ですれば 違うのでしょうが

結構ね呪術フィールドってめっちゃ大事なのです 皆さん意識なんかするはずないけど

ははは

最初のほうに少し書いた直接触れる云々ね

実はここもめっちゃ大事 例えば行者さんの祈祷 なかなか効かせる人少ないじゃん?

本当にすごい方はすごいですが 数的には圧倒的に減ってますよね?

thgulq4cb4

呪術師といえば ブッチャー!!

金にケチで口癖は マニーマニー

ですが 流血させて相手がc型肝炎になったとかで

2億円賠償請求

踏んだり蹴ったりですな

昔の人より力が弱くなったのもあるかもですが 呪術フィールドが昔より確実に

弱くなってる現実が

その中で験を出せる人って 凄いと思いますよ~

さて私どうするか?なので道具使って 肌守りのように携帯させちゃうわけ

ということで 次回です

かなり面白そうでしょ~

コメント

  1. ^^ より:

    ちょっと違うかもしれませんが、実家から離れて帰ってきて、仏壇に手を合わせたらえらいそこだけ空気が濃密というか厚いんです。
    もしかしたら毎日先祖を供養するとともに、無事を祈っているので、そこにそこの家庭のプチ意識場ができているのでしょうか。
    なんとなくお墓は感じないのですけど(^_^;)
    あら誰かの歌みたい

  2. 浅井康広 より:

    ジミヘンさんのブログを読むようになって、呪詛の力を信じるようになりました。
    国同士の戦いは、実は、国王側近の呪術師の力の強さの戦いでもあるのかなと。

    私、サイキックなんて、全く無いのに、スミマセン。

    昭和20年8月15日終戦。
    終戦の数か月前、敗戦濃厚の4月1日から10日までの10日間、天皇側近の陰陽師の指示により、大本営を通じ、名古屋の熱田神宮に収められている、三種の神器の一つ、草薙の剣が開封され、呪詛が行われた。草薙の剣は、天皇陛下や、大宮司でも、見た事が無いもの。

    草薙の剣は、剣というよりも、祭祀用の物で、剣から、いくつもの枝がでているような形とされる。

    剣は(ウランなどの放射性物質でできている?)青白く光り、呪詛を読み上げると、剣は振動し、動き始め、剣に触って、抑えようとした宮司の一人は口から、青白い炎を吐いて焼死。(放射性物質?はドライバーを落としただけの衝撃で臨界し、周囲を被曝させるが、呪詛音読の振動の影響かも。)

    呪詛終了の2日後、4月12日、米国大統領、ルーズベルト急死。

  3. ジミヘン より:

    仏壇も祈りの場というのが形成されるんじゃないかと
    神棚やお墓なんかも

    お墓は恐怖の意識場というのも作られてるんでしょうなあ
    意識場=丸鍋論(すっぽん鍋)というのが私に中にありまして

    記事にします

  4. チャム41 より:

    ブッチャー、ステーキ屋やってませんでしたっけ?まさしくデンジャーのパイセン 笑
    北極星との関係で神棚、仏壇など南向きに〜って言われてるんですかね?星曼荼羅も日本で誕生なのが興味深い所です 笑

  5. ジミヘン より:

    呪詛やサイキックも 実は本人たちが思ってるだけで 実際は思い込みの世界なのかも?
    と思ったりね ははは 
    思ってるもの同士にしか通じない世界といいますか

    信じてない人間が病気になるのは?ですが こころのどっかでお化け怖いとか
    祟り怖い というものがあるのでしょう 人間って 
    それは全くない方には どうなんでしょうと思ったり
    ルーズベルト 全く呪術の意識場違うじゃないですか?

    普通は効かないと思いますが 記事にします たぶん効いたんだと
    なぜだと思いますか?

    • 浅井康広 より:

      素人の私には、ルーズベルトになぜ効いたのか想像もつきません。

      ちらりと聞いた話では、米国側では、米国式の呪詛防御をしていて、天皇陛下側の陰陽師も米国からの呪詛に対して防御をしていた。陰陽師の力が勝ったのかなと思いました。
      国同士の戦いは、側近の、国家レベルの呪詛の力の強さでもあるのかなと、漠然と思いました。

      現代でも、核ミサイルで狙い、発射しても、恐らく米国大統領は殺せない。
      呪詛の凄さ、怖さを思います。

      ちなみに、大戦中、日本の原子爆弾の理論は完成していたが、核戦争の口火を日本が切ることを懸念し、昭和天皇が核爆弾開発中止の勅命。理化学研究所の仁科博士により、仁科レポートで、「原爆製造は不可能」の、表向きの公式見解につながる。GHQの占領軍が来るので、陸軍中野学校は、原爆とミサイルの技術を、当時、大日本帝国であった、北朝鮮に持ち込み研究をつづけた。それが、現在の北朝鮮の、原爆とミサイル技術の下地となった。

  6. km より:

    昔、観光で愛媛県の島にある大山祗神社に行った時に、鳥居入った瞬間に浮わついた気持ちで来てしまい、申し訳ありませんって思うくらい怖くなったことを思いだしました。