平安京遷都は怨霊対策?安倍晴明はなぜあんんあに重用されたのか?

さて昨日裏ブログで密教は首都防衛の最新兵器だったと書きましたが

http://れれれ.net/

こちらが裏ブログね

まずですね 奈良、平安期の権力者(天皇も含む)たちが何を思ってたか?

こっから知らないとそのあたりわかんないです

呪術も遷都も日本史も 教科書なんかは大仏建立も平安京やらへの遷都も

民が疫病や飢饉で苦しんで それを救うために~的な 

立派な天皇の姿で描いてますが

yjimageva5idfgk

病弱聖武サンと実家第一の光明さん

聖武さん結構尻に敷かれてた感が

新婚さん~に出演したら三枝(不倫)

が椅子から転げ落ちるね!!

これ間違い まず大前提として 当時の貴族の中の日本って 自

分の目で見れる範囲

都の中ですから 日本国中隅々なんて考えないです 都の外は辺境で

そこの住民は野蛮人 鬼くらいにしか

権力者が何を考えていたか?民のこと?NOです

いかに権力の中枢に座るかなのです これは自分がもですが家として

なので最終的には天皇の外祖父として君臨し権力をにぎろうとです

みなさん自分の娘を天皇の后として男子を産ませ 

その男子を天皇につけようと必死でしょ?

そこで様々な闘争が 長屋王のように無実で殺されたり 

そんなのばっかでしょ?

スポンサーリンク

聖武天皇の妻光明皇后だって 歴史の教科書には慈悲深く

素晴らしい女性と書いてるけど

実際は権力争いに暗躍ですから 

旦那の死後男子の息子がいなかったのですが

いかに自分の実家藤原家の血を天皇家に残すか!!これに暗躍し

娘であった孝謙天皇を(道鏡さんの)天皇にしちゃうくらいですから

ちなみにこの方 皇后の頃も 藤三娘って名乗ってたくらいの実家の方です

日本史上初めて皇族でない方が皇后になった人ね

という時代な訳 でですね 権力を持った人みんながおびえてたもの

神仏の怒りではないのです 飢饉や疫病でもなく

なんだと思います?

怨霊というやつなのです 権力のトップに上り詰めるというのは 

めっちゃ真黒な

権力闘争の末のなので その過程では罪もない人間を陥れ(当然当時は死罪OR攻め滅ぼす)

恨みを買ってるわけ

日本では 位の高い人間が恨みをもって死んだほど 恐ろしい怨霊になる という方程式(意識場)なのです

ようは 天皇、上皇、今でいう天皇の跡継ぎと呼ばれる皇子、

天皇の息子たち

位の高い貴族 というように

yjimage1njyidn9

呪術といえばの安倍晴明さん

あんがいキモデブなのね!!

今でいうとこの 私の敬愛する

荒俣宏先生(サラリーマン時代から

1500万円の古本をつけで買っていた)と被る外見か?

武家政権となるまで 脈々とこれが続いてたわけ(武家政権後もですが)

その怨霊というものが 歴史も動かしていて

その理由の一つが 天皇や貴族が 基本自前の軍隊をもっていなかった

ということが

これ何度も書いてますが 血の穢れを最もきらうというね

となると 怨霊を鎮めるには 

血を流さないで鎮める方法が必要になってくるわけ

そこで頼ったのが呪術なのです(ちなみに相手を陥れ殺しちゃうのも 

本当は血を流させたくないのです 呪術ありきで それで死なないから 

血を流させて殺すというね)

なので首都は何から守ろうとしたか?仮想敵の兵器というのは 

原爆や細菌兵器はたまた襲撃ではなく 怨霊からなのです 

そのための遷都であり風水であり呪術であったわけ

次回からは具体的なとこをさらっとね

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする