霊能者や新興宗教の本質の見極め方

さて霊能者や新興宗教でお金は不浄なもので浄財しなさい

お布施しなさいと多いでしょ?

そのお話

まずね 徳川幕府がなぜ倒されたか?黒船?薩長同盟?いろいろ浮かびますが

結局は経済な訳

幕府をはじめ薩摩も長州も日本中どこ経済破たんしてたわけ

幕府は立て直せずに 薩長は立て直した

なぜか?

スポンサーリンク

薩長は商業政策で立て直し そのお金で近代装備にしたわけ

幕府は農業政策にこだわり 立て直せずに装備近代化できなかったわけ

まずそこから

普通に考えましょ?薩摩77万石長州36万石土佐24万石 合わせていくつ?

幕府は400万石に直轄地と旗本で300万石 700万石

普通は勝負にならんの そこに御三家や譜代等で

でも負けた 経済政策が失敗だったから

歴史で聞いたことあると思いますが 江戸の3大改革

吉宗さんのころからの 歴史では素晴らしい政策で 大成功って感じでしょ?

yjimage

ホモじゃないよ~?

実は売れない頃新日本プロレスに誘われてます

逆に田沼意次はわいろばっかで 大悪党って もうね この教えや思想が馬鹿なの

現実は 吉宗さんやら江戸の3大改革は大失敗

農業主義徹底政策 商業なんかとんでもない!!なわけ

私 吉宗さん評価低いのです 経済音痴もいいとこ 江戸時代確かに開墾で

コメの産出量飛躍的に上がりました なんかいいことみたいでしょ?

みんな潤う的な

当時の方はそう思うわけ ですが

当時も貨幣が流通してた貨幣経済 お米と大根物々交換じゃないわけ

でも武士の給料はお米 ということは

お米が市場で大量に出回る=今でいうとこの金余り とんでもないデフレになってたわけ

昨日まで給料をお米2合でもらって それを流通してる貨幣に換金したら2万円になったのが

お米が余ったら 1万円にしかならないわけ メキシコもびっくりの経済状況に

ではどうするか?農業ではなく 商業で立て直すべきなのです

薩摩なんかは密貿易という商業で大量のお金を儲け 軍備を整えた

江戸時代の悪人とされる 田沼さんも商業主義で 商人から税収を取りました

それって現代的発想でまともな感覚でしょ?

私の好きな 尾張の宗治さんも商業主義を貫いた 結果 当時の江戸(吉宗さん)

は経済破たんして閑古鳥

たいして 日本中で尾張だけが栄えて 文化が開いた

その結果 吉宗ににらまれ 幽閉された わけ

なぜに幕府は農業主義にこだわったか?

家康が朱子学を導入し お金儲けは最も卑しいこと

この学問が定着したからです

士農工商 商業=お金儲け 一番下でしょ?

というくらい お金への意識というのは大事なもの 経済って大事なのです

お金=汚いもの そう教えるとこはダメです 汚いなら本部もお金を

集めちゃダメでしょ?

われわれが浄財しますではなく 我々も手放しますでしょ?綺麗に使いますので

全部寄付します ならわかるけど

お金は汚いものではなく大事なもの

大事なのはお金の綺麗汚いでなく

稼ぎ方と使い方の綺麗汚いなのです はい そういう目で 霊能者や宗教見ると

そこの本質透けて見えます!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ちょび より:

    ジミヘンさん
    確かに、そうですねっ!

    私は、こちらでジミヘンさんのお話聞くまでは綱吉はダメ将軍で(地元に綱吉のお犬様御殿の広大な跡地があり)吉宗さんは、素晴らしいと思ってましたもん。

    国民が衣食住に困らず、平等に教育を受けるためには、お金イコール汚いではやっていけないですよね

    もちろん、信仰は自由だと思いますし、自分の一生懸命働いたお金を
    他の為にと使うことは尊いことだと
    も思いますが、お金を布施しないと幸せになれないとか、不幸になるとかいうのは違うんじゃないかな?と

    やはり、偏りすぎた考えは何事もよくないですよね

  2. ジミヘン より:

    吉宗さん 目安箱や小石川療養所や良いこともしましたが 圧倒的に経済センスがなく
    民意は離れましたね あと御三家という血の保険システムがあるにもかかわらず
    御三卿作って紀州独占しようとしたりと(宗春を追い落としたのでもし尾張から
    将軍が出たら紀州が同じ目に合うということで)
    綱吉さんがいたからこそ 国民武装化を止めれたというね
    逆にあそこまで極端でなければという学説も

    ま、宗教もですが 大前提は普通の生活を送れるか そこを崩そうとするものはダメですよ 集団生活や家系が破たんするほどの集金システムや勧誘制度は