読者登録お願いします
スポンサーリンク

占いのお仕事の結果を検証してきました

ある経営者の方から相談が。


ある物件がよい条件で出たからここに

出店してよいかという相談です。

普段はお断りするのですが

なんとなく時間があったのでお会いして


物件も見に行きました。


40坪ほどの郊外店で駅近し。

人口もそこそこいて正面が10台ほどの


駐車場有。

売り上げ予測の売り上げで考えると

家賃は7パーセントほど。


で商品の粗利は30パーセントほどで

人件費は10パーセント以内という感じの


事業計画。

売り上げは月商1千万ほど。


まあ、ざっくりとですが。

数字だけで見ればいけそうでしょ?


その方もその商売を30年近くやっているので

大コケはしない感が。


ただ私の現在の感覚では小売の路面店は何を

やっても駄目。

10年ほど前くらいは家賃の安い200坪以上の

郊外型大型店でブックオフ的なことで


集客は何とかという

ビジネスモデルはあったが

今はそれも流行が終わってる感が。


上手くはいえないがビジネスモデルの

サイクルが終わって今は移行中(模索期)。

3丁目の夕日の商店街って

当時はいけたが現在あの商店街作っても駄目でしょ?

どうがんばっても。そんな感覚。

で逆に牛丼やカレーなんかの

ファストフード店のほうがよいだろうと感じました。

結構その場で色々リーディング

(リサーチ)してると何処からか声が。

(まあ其処の土地の声だったのだが)。

スポンサーリンク

土地によって商売を合わせないと。

という声が。

ちょっと目からうろこでした。

どの経営者もそうだが(ムロン私も)

基本的にその場所でこの商売はどうか?

って発想でしょ?

やりたいこと(売りたいもの)ありきで。

それって結局自分のエゴじゃん。

俺はこれがやりたい(他はやりたくない)っていう。

まあこれしか出来ないってのもあるが。

それは土地は喜ばないのだな、と。

その土地にあった商売、(商材)を売るのだと。

よく考えてみればこの土地に

神社を建てるべきとかお城とかってあるわけじゃん。

だったら普通に考えたらここは

この商売って言うのはあるのが普通なわけで。

で土地にあわせるというのは

東北地方だからという大きなくくりでなく、

この立地だと飲食でしょ?っていう。

でもそれって普通にリサーチで

分かることでそれがあってもいや、

俺はここでパスタ専門店

とかしちゃうから失敗するのだと。

よく考えたらそれって普通に道理じゃん。

人事だって適材適所があるのだから。


自分が経営者だと(渦中)

なかなかその視点に建てないものなので

そこで占い師って言うのは

よいアドバイスする人かも?

銀行さんやコンサルさんに言われても

自分はこの道のプロですからって思うじゃん?

しかも実績あればあるほど。

霊能者(私です)がはっきり言うと

案外そっちの世界信じてる人は

納得しちゃうんです。

今回ですか?

もう一度じっくり考えますといってました。

まあ、多分出店でしょう。笑 

だって凄くしたがってるのですから。

上手くいけばそれに越したことはないです。

がんばってください。

また困ったら相談してください。力にはなれませんが。
という感じです。

と5年ほど前の過去記事ですが

結果は やはり閉店し

その後はとある飲食がその土地でやってます

何度か見に行くと 駐車場も結構埋まって

まあ 何とかやれてる感じもね 

という感じです 

商売は難しいですなあ

コメント

  1. TH より:

    5年ほど前の記事なんですね~、なんかすごい
    !!
    土地が商売を選ぶというのは、わかる気がします
    何やっても潰れる場所、ありますから

    何の商売が適してるのか?が、わかったらいいのになぁ(笑)
    でも 長い年月によって変わってきたりしそうですね

  2. ジミヘン より:

    あと補足で 時代によって商売に良い土地変わるので
    それプラス時代の空気 要求を常に意識

    昔なら商売には角地 角屋って屋号多かったじゃん

    その後は駅近く 次は駅から少し離れても 駐車場に入れやすい店の前に
    10代くらいは駐車できる物件 そのご郊外複合店 そしてイオン型郊外大型ショッピングモール

    それが大きくなりすぎて結局氷河期の恐竜と同じで 生き残ってるのは ゴキブリ的
    ゲリラ的なネットショップ ま、商売も生き物で結構進化の過程と同じなのです

    大きく見れば さてさてトランプという大きな地殻変動が起こって今後どうなってきますかね 基本外圧によってしか大きく変わらない歴史ですから 記事にしまっす