読者登録お願いします
スポンサーリンク

今月の対面のお知らせと低酸素脳とドパーミン

さてまたまたお問い合わせ多いのですが

電話やら占いやらやってないです 生霊を取ってください

取りません ということで 

月に一度対面してるだけで 

それはブレスレットを組むための対面です

対面だけして ブレスはいらん これなしね

だったら応募しないでください はい

それだとさあ 1時間無料で相談に乗にのりました

しかも飲食代こちら持ちですと 

そりゃあ赤字は当然です なので 

ははは 我ながらあほです

さて今月は29日の土曜日が対面です 

場所は横浜駅のカフェ

時間はお昼から夕方までのおひとりさま一時間

お代はブレス代のみ2万円ほどで 

完成したら発送 その後振り込みの

後払い その日はお金いらないです

応募は直接メールで すんでる地域 

お仕事 お写真明記で

どうすれば対面できますか?

いつも申し込んでます 等はですね 

応募がめっちゃ多いので はい

抽選としかね~

締め切りは26日です はい

スポンサーリンク

あるお医者さんとお話しする機会がありまして
ちょっと刺激を受けて色々とリーディングが

キーワードは低酸素とドパーミンと幻視です。
過去の瞑想なんかの行法が繋がってきました。

ユタや霊能者になるまえのふ病?

巫病?何だっけ?
なんかそんな状態になるじゃん?
ちょっとそれについても降りてきたり。

あと呼吸リズムや原始脳と呼ばれるとこだったり。
かなりこゆいです。

われながらびっくりの内容なので

記事にするの期待してください。


医学的見地というのを知ると

一層リーディングや能力高まりますね。
自分の身体の動きや役割を知ると

それにそってリーディングするのが
一番自然で効果的で。

よく考えれば当たり前なんだが。

霊能も筋肉なんかと同じ能力の一つと
考えれば使えば(鍛えれば)

伸びるし効果的に使うのはスポーツなんかでは
当たり前じゃん?


ある意味精神世界は立ち遅れてるなあ、

精神と肉体をそれこそ別で考えてるからね。

精神上位論というか。

実は昔は霊能者なんかもっと肉体を

使ってたりするんだよね、

とおもったりで

ちょっとね 行法やら 思うとこありでそのうち

師僧に なぜに山に入ってあるかにゃならんの?

と聞くと

山の精気を~とか言うと思ったら

何度も山に入って 人でなく神でないもの

(天狗やキツネや 眷属だったり自然霊だったり)

を憑けるためって 

ははは 

さてレポです

もかなりたまってるのですが

ゃ毎日のメール多いので

管理すらできてないです

返信も滞り レポのアップも滞り

借金の返済も 子供の養育費も

愛人へのお手当も 妻への夜の営みも

すべて滞ってます ははは

ま、どっかが嘘でしょう?


あれからブレスちゃんを着けて眠りました。
久しぶりに熟睡できて、
目覚めた時に


呼吸が深いのが驚きました。
頂いた霊ふも背中に敷いて目覚めたら
背中の痛みもなくなりました、ふ、不思議。
あんなに痛かったのに。

ま、そうだわな 

コメント

  1. 夕なぎ より:

    今後の記事、とても楽しみです。
    私は出生時に低酸素脳状態が続き、それを回避するために鉗子分娩で生まれてきました。
    普通の生活を送るには特に問題はないのですが、時折頭の中がぼんやりして幻視もあります。
    二十歳すぎに義姉となった人が医師で、私の脳に少しだけ異常があることと、その原因として考えられる上記のことを教えてくれたので、とりあえず今はここまでわかっていると言う感じなんです。

    自分がおかしいのでなんとか治したくて、スピにも興味があったのですが、どうやら身体(脳)に何かあったのだなと。

    ぼんやりしている時に思い浮かんだことをストレートに人に伝えると人間関係に軋轢を生むし、かといって知らんぷりしているのもどうかと思って、人付き合いに疲れてしまいます。

  2. ^^ より:

    私も記事楽しみです^^
    なんか脳おかしいのかな、と時々思うので…onz

    一人で山やお寺に行ったりすると(奥多摩とか)
    ちっちゃな丸いふわふわしたものがついてきている感じがして
    家に帰っても、毎日オーブが部屋の中で撮れるんです。
    1週間から1ヶ月くらいで消えてしまうんですが。
    あれ、もののけ姫のコダマみたいなものなんでしょうか?

  3. ボトルパーム より:

    パーキンソン氏病の患者さんはドーパミンが不足してるそうですね。
    私の祖母が晩年パーキンソン氏病でした。
    遺伝するかも、とときどき心配になります。
    医療的見地からではない見方があるのなら、知りたいです。

    >ユタや霊能者になる前の
    って、カミダーリのことでしょうか。
    うちの娘が大変だったときに「カミダーリかも」ってご指摘いただいてました。
    いまはおっしゃって下さった通りなんとか抜けて元気ですが、
    いっときは「高校を出て進路が決まらなかったら僧籍取ろうと思う」と本人が言ってました。
    簡単に取れるもんじゃないでしょと言うと「でもそういうの嫌いじゃないような気がするんだよね」と言うので、ゲームとお絵描きばっかりの子が?と呆気にとられました。
    先日、下宿先でお彼岸の入りと同時にズンと体調が悪くなり、明けと同時にケロッとしたそうなので、霊能の方には行かなかったもののそういう体質は残っているのかもしれません。(本人も原因わからないままの体調不良でしたが、講義で先生がお彼岸の期間について話をされた時にハッと気づいたと言っていました)