靖国参拝の是非について 隣国は黙っとれ

これは数年前に靖国参拝を

テレビで見ていたときのことです。


靖国って戦争でなくなった方を祭ってある神社、

の認識しかなかったのですが。

首相やら大臣やらお偉い方達のずっと後方で

背広姿のなくなった霊の集団がいたのです。


姿は背広で結構年配の方達の霊。


とても気になったのでテレビ越しに

ちょっとリーディングをしたんです。

まあ出来ないだろう、と思っていたら

ある感度の良い霊とちょっと繋がったのです。

色々話を聞いてみたのです。以下その話です。


と言うか今その霊ではないと思うのですが

話したがってる霊がいるので同時通訳で


書きます。

自分達がここに参拝しているのは

自分達が生き残ってしまったことに対する

死んだ仲間への申し訳ない、という意味と、

自分の命令で殺してしまった部下への後悔と自責の念。
また今だ骨さえ日本に帰れない多くの戦友たち、

浄化出来ない戦友たちが少しでも
楽になればと言う想いです。

自分が戦った地には何度も行ったが

そこでなくなった霊はその地に

留まっているものもいるが多くは

日本に戻ってきたが行き場のない霊の多くは

この地(靖国)に集まってきている。

それらの集まってきている戦友たちを

少しでも我々生き残ったものたちが導ければ、

と想い毎年来ている。


しかし私達だけの力では中々導けないので

毎年この日に来て、今生きている多くの日本人
の祈りとともに働こうと思っている。
なくなった方を成仏させるには

生きている人間の祈りの力が一番必要であり

より多くの方がこの日だけでもいいから

あの戦争でなくなった方達を思い出して欲しい。

それは我々軍人だけでなく市街戦や

空襲でなくなった方達のこともだ。
そして今、あの戦争を語れる人たちも

少なくなっており、戦争の記憶もなくなっている。


正直このまま戦争の記憶が薄れていけば

今、成仏できていない人が

成仏出来なく成ってしまうのかと思う

ととても焦ってしまいます。

スポンサーリンク

戦争を体験した人たちが

なくなってしまってからのことがとても心配です。

もう残された時間は少ないのです。

この戦争の記憶をなくさないためにも

靖国参拝と言うことがあればニュースにもなり
国民も思い出すのでなくさないで欲しい、

といった感じです。

スイマセン、後半は感度が悪くなってしまって。

靖国は直接なくなった方のみでなく、

生き残って自責の念で生きてこられた方など
あの戦争に関わった方すべてに

もしかして必要なモニュメント、

と言うか
聖域なのかも知れないです。

ちなみに先ほどの霊は戦争で生き残ってしまい、

その後成功をおさめなくなった感じの
方です。ただ自分が成功すればするほど

戦争で生き残ってしまったこと、


部下を殺してしまったことへの

呵責が強くなりとても苦労されてなくなっています。

多分このような方は多くいらっしゃったのだと。
これは書くべきかとても迷ったのですが

晩年は痴呆症というかアルツハイマーと

なってる感じです。

ご家族の方には

とても失礼な言い方になってしまうかも知れないのですが
この方が晩年余計に苦しむのを見かねた

守護霊か縁ある神と呼ばれる存在の慈悲の
思いで苦しまなくてもいいように

なっている感じがします。

軽々しくいえないのですが認知症って

霊的に見ると何かとてもつらい思いがあった方が


晩年苦しまないようにという配慮の元に

発症する場合を感じることがあるのです。

ご家族様のご苦労は充分分かっていますが、

そんな感じするんです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. レモンの黒豆 より:

    靖国神社を時折訪れては、英霊の御霊が安らかになるよう祈念しています。
    今日のブログ記事には、「なくなった方を成仏させるには生きている人間の祈りの力が一番必要」とありましたが、具体的にどのように祈って差し上げると、より多くの英霊が成仏出来るにのでしょうか。身内に戦死者はいませんが、普段から、大東亜戦争で亡くなられ、護国の鬼となられた方々の事が気になって仕方ありません。

    • ボトルパーム より:

      自分がしゃしゃり出るのは…と躊躇していましたがどなたも出てらっしゃらないので、
      少し前に本で読んだ中で「英霊を救えるのは人間だけ」として書かれた章の内容をを紹介します。著者は「視える」かたです。
      その方いわく、靖国神社に成仏していない人が多いのは「自分の最期、自分が成したことにものすごく誇りを持っているから+靖国神社に来たからには英霊として日本を守らねば、という気負いがあるから」。その念が強いばかりに自分から成仏していないでとどまっている、と。著者にはその数30万~40万人と見えたそうです。ですので
      国のために命を投げ出して戦ってくれたことに感謝を述べ、いまの日本は平和でもうここで日本を守る必要がないことを告げ、皆さんの事は未来永劫忘れたりしないと話すとよいそうです。祈る、というより説得する、というスタンスです。
      それができるのは生きている人間だ、と。
      それも心の中で思っているだけではだめで、どんなに小さくてもいいから声に出して言うことが必要なのだそうです。
      著者がそうされた時は、何人もの方が男泣きに泣いて、その後自力で成仏していかれたといいます。
      ざっくりすぎて細かいところまではここに書けませんが、大体このような内容でした。
      あくまでもひとつの見方として、ご参考までに。

      • johnny99 より:

        ありがとうございます。
        しゃしゃり出るなどと言わずに、いろいろと情報提供お願いしますm(__)m

        見えないものとしては、知れることはホントに助かります(^^)

  2. ruke より:

    亡骸未だ戦地でも,靖國経由で帰国できるルートがあるのですな.
    ゆっくりとでも皆様の帰郷がかなって,次へ廻れたらよいですね.

  3. johnny99 より:

    なんか、ちょっとホロッと来た記事でした(ノ_・,)

    あの戦争は何だったんでしょうかね…。
    もし、戦争が無かったら、または戦勝国だったとしたら、この国は軍国主義のまま、国民の気質から一瞬で一つの国を消し去るような兵器を開発するような先進国になっていたのでしょうか。

    この国は、平和ボケなどと言われますが、多くの日本人がノーベル賞を受賞したり、人を生かす方に技術が発展するように、何か大きな力で敗戦から復興、そして進化へと動かされたのでしょうか。

    確かにその礎と成られた方を忘れてはいけませんね。

    それにしても、ジミヘンさんってテレビ越しでも繋がっちゃうんですね。
    服もスケスケで見えちゃったりして
    (//∇//)

  4. ジミヘン より:

    過去記事をリメイクなので テレビでつながったかどうか
    すっかり忘れてます ははは

    むかしは ほんの少し透視的な感覚もですが
    今は全くないです やらしい感覚が出ると消えちゃうようですな
    残念ながら

    戦争があった場合 なかった場合 どっちが良かったんでしょうね
    私はわからんです

    が基本歴史にIF はなしなので

    まあ あの戦争はあったのです って感じですな

  5. いち読者 より:

    現代人が忘れたら成仏できないの?

  6. ゆりり より:

    祈り方勉強になりました。ありがとうございます。人を助けるのは人。人の祈りが神仏の力となって人に届く?祈りが力になるって尊いですね。いつか必ず靖国参拝に行きます。
    祈りというものを意識してから祈り方についてを考えます。どこかで間違ってしまえば執着や依存なってしまうし…明らかにそうなってそうな人を身近で見てるだけに難しいです。なるべくシンプルに我を乗せないのが精一杯です。

  7. チャム41 より:

    靖国神社は正殿参拝(確かそんな名前)ドレスコード無しで玉串奉納出来ますんで諸先輩方に是非。自分東北住みで靖国にはなかなか行けないので数年前正殿参拝しました。生前の行い関係なく亡くなった方に手を合わせるのがこの国の美徳だと思ってるので。

  8. ジミヘン より:

    供養をしてくれる方がいないと なかなか成仏できない気も
    今までの供養やらで成仏できないから 未浄化なわけで
    ほっとかれたら 成仏できないパターンは多そうです

    ついでに 古い未浄化霊って 生きてた存在を忘れ去られていくので
    ますます 成仏しにくくなる感じかも

    ただ めっちゃ長い年月が経つと 成仏 極楽にではない感じも
    わからんですが 消滅?なのかなあ~

    あんま古すぎる霊って みかけないので そのあたりは私ではわからんです

  9. ジミヘン より:

    そういえば 西南戦争で亡くなった 人たちも合祀~って載ってましたね
    賛否あるでしょう 基準をどこに置くかかなあ

    意識としてこの国のためがあって ただ当時としては負けちゃったり
    はたまた 方法論を間違えた人とかかなあ

    となると 226の将校さんたちは?とか 維新にかかわった方たちとか
    かなりの数も入りますよね~

    難しいですね~

    • 翠榎 より:

      だいぶ前になりますが(石原都政時代)、かつて靖国さんに参拝した時に、まさに仰られるようなことを宮司さんにお尋ねさせていただいたのです。会津藩は孝明天皇に準じて戦われた、奥羽越列藩同盟はその会津藩救済を目的として結成された。原敬首相の、「戊辰の戦いは互いの考えの異同のみ。なんらお上に弓引く行為ではない」との言葉を引用させていただいた上で。
      結果…宮司さんから返ったきた言葉がまさにジミヘンさんの書かれている内容の通りのご返答なのでした。
      先祖は、あの戦争では自分の正しいと信じる道(会津に義あり!)を採って戦いました。
      しかし、ご同輩、部下の多くが戦死しています。
      靖国さんに合祀していただきたいのが本音ですが、残念なことですが上述したように現状ではそれはとても難しいようです。
      これは私にはあまりにも重苦しい問題であり、それゆえ、靖国さんからはちょっと意識離れてしまってるのです。
      以前は毎週のように参拝していたのですけど。

  10. ジミヘン より:

    難しいですよね~ 会津は正義で戦ってたじゃないですか 少なくとも会津にとっての大義で ただ負けたので賊軍になったってだけで 長州=官軍もさあ
    元は賊軍扱いだったわけで 勝ったから今の政権まで続いてるからという
    歴史の正義って 絶対じゃないですからね

    靖国に祀られない=賊軍という認識もね と思うのです
    当時の感覚でいえば 主家に従うのは正しいわけで 弓を弾くほうがで
    250年間主家=徳川であって
    幕末の本当に一瞬に 主家=天皇というイデオロギーを御旗にで
    そこにのかって勝ったから官軍 というのも よ~く考えると

    と思ったり ま、何を基準でみると 歴史ってがらっと見方が変わりますよね~
    学問的視点でも 朱子学なのか陽明学なのかで変わるし
    どっちが正しいかなんか 検証できないし
    イデオロギーって時代や主権で 正しいかどうかって変わる絶対のものではないですからね~

    太平洋戦争敗戦で 天皇制は廃止ではなく 間違っている!!ということで
    弾圧されてたら また我々の歴史教育って変わってたでしょうし

    歴史もイデオロギーも正しいかどうかで見るもんじゃないと思ってるのです
    なにで見るかというと

    やはりおきたことは 色を付けずにみて それをいかに後世にいかすか
    生きた勉強ですかね~