スポンサーリンク

幽霊物件、事故物件、ジミヘン的スピ散歩と夏の夜の怪談

さて皆さんがメッチャ気になる土地の話 家やマンションの購入 はたまた借りる際気になるでしょ?私も当然なりますが

結論言っちゃうと 運です ははは 正直見極められないです あからさまなもの以外は
ということは あからさまじゃないものは そこまでわからんから まあそこまで神経質になんなくても ということで はい

コメにも書きましたが 土地自体なのかそこに上書きされた情報か まずそれが根本
霊能者も占い師もごっちゃにし過ぎ そりゃあ 対応できんし 見極められっこない

だって根本がダメじゃんね

ちなみにそこ 理屈はわかってっても 私だって見極められないです 土地って複合的ですから はい

人智の及ぶものではないので 神仏に任せるしかないと思います 結局は

ということ前提のお話

まずわかりやすい 自殺やらは後回し

を欲しがる土地もあるのです がこれも後回し

ということで 土地自体が血を欲しがる土地ではなくても 土地の場所柄血を流す土地というお話

例えば瀬田のあたり ここって古来より重要なポイントだったの戦略上

いわゆる瀬田の唐橋ね 滋賀の大津の 交通の要所であり京都の防衛上のかなめであって
古来から戦乱になの 承久、壬申の乱から始まって

今人気の真田丸 幸村さんも大坂冬の陣の時に 瀬田まで先に出陣してここで東軍を叩きと提案して却下されたのは有名ですが そういう土地

ま、関ケ原なんかもそうだったりで
こういう土地って確かに血がたくさん流れてますが そこまでひどい障りはあんまないような気が ある場合もあるでしょうが

なんとなくですが 1代限りで代々呪われるのはまれかなあ 土地自体は血を呼ぶ土地ではなく立地によってなので

さて次は自殺や惨殺 なんかの土地の上書きでという土地

まずおさらい 土地って複雑なので霊的にも 原因はこれだけ というものはなくだいたい複合的です

自殺なんかも 土地自体に引き込まれた場合もありますし 単なる土地は関係ない場合もあるしね 事故なんかも

この手のものも 基本代々よりは1代というか ま、今関係ある人で弱いとこから順番に障りが来ること多いですね~

例えば自殺者が一人なら 同時に何人にも取り付いて 同時に障りって よほど恨みの念が強くない限り そこまでは 未浄化霊1体はお一人様に的な ま、例外無論あります

土地の障りが全くなければ 鎮めれる可能性ありますよね その霊を何とかすればいいわけですから ま、大抵複合的なので その霊を仮に浄化できても 大抵は鎮まらないです

岐阜の幽霊団地をはじめ 多くの霊能者が浄霊~とかやっても鎮まらん原因はそういうこと

霊を仮にきれいにしても 土地自体の問題が残ってる場合が多いのです
大抵は霊をきれいにできてないのが現実 ははは

めっちゃわかりやすいでしょ?かつてこれほど 土地の障りや幽霊物件の説明があったブログや本があったでしょうか?ははは

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. チャム41 より:

    わかりやすいです 笑 昔昼間にトンネル通ったとき冷や汗出てきてあそこやばくないと聞いたらスポットと言われるところでした 笑 多分土地なんでしょうね。山に穴開けるわけですし。ダムも土地の上に水ですから厄介なのも納得です。氏神様、住んでる近くの仏様大切にしなければとますます思いました 笑