読者登録お願いします
スポンサーリンク

昭和の企業顧問霊能者のお話

昭和は遠くになりにけり~とは平成の時代に言う

言葉ですが

その漢が漢でいれた時代(河島英吾的世界)

に企業の顧問的なことしてた霊能者さんのお話

そんな激動の時代に活躍してたある霊能者さんに

子供の頃可愛がっていただいてました

その方は当時でおじいちゃん 

そっちのお仕事はもう引退されて悠々自適の

いわゆる勝ち組霊能者

私の叔父が、とある企業の総務部長か何かしてた関係で

可愛がってもらってました

昭和の時代の総務部長というのはこれが

大変だったらしく、企業の裏の仕事を請け負う、

そんな部署

労働組合なんかがまだまだ元気な時代で

そういう方たちと裏でこっそり

会合を持っておいての春闘~(ぷろれすですわな)

一番のお仕事はいわゆる総会屋さん対策

スポンサーリンク

まだまだ総会屋さん達がとっても力があった時代で

それはそれは大変だったらしいのです

当然当時は帳簿には乗らない裏の予算が

あてられてたり、会社の裏の裏まで知るお仕事

不祥事~云々と取り上げられたら、

相応のお金をもらって、責任取って首切られる、

そんな汚れ役でもあった部署(らしい)

なので総務部長やると、上に上がれないか

もしくはそこをやらないと上に上がれない、

そんな大変なお仕事(らしい)

さてその霊能者さんなんかも、結構総務的なことに

携わってたらしいのです

(子供の頃のお話なので正直うろ覚え)

会社の顧問霊能者というと、

売り上げを伸ばすためにアドバイス

そんなイメージですが、企業の裏の仕事なんかする方も

いたそうなのです

総会屋さんであったり、何かしらの不買運動なんかを

抑えるために

祈祷したり、ある種の呪詛的なお仕事

うろ覚えなのですが、当時はその手の霊能者というのが

やはり企業なんかにはいて、

呪詛合戦ということもあったらしい

そこは大手の建設なのか土木なのか内緒の企業ですが、

そうするといわゆる公共事業の入札なんかがある

当時は大抵は談合の世界でテーブルの下で

皆さん手を握ってて、

今回はうちが仕事もらうので次回はおたく、

その次はおたく~

そんな感じだったそうです

ですがたまにガチの入札という場合も出てきて、

そういう場合は昭和の

談合なのでどえらい生々しかったらしい

当然実弾(お金や時には~)打ち合って、

市の担当さんを取り込もうとしたり

はたまた中々怖い方々を使って脅し的なことも

やはりあったそうです

昭和ってこえ~と思ってましたが

そういう時にやはり霊能者さんの大活躍の場に

なったそうですね~

ま、昔からよく言われてる、

行者は内臓失って一人前、行者の末路は憐れ~

そんな言葉が頭をよぎりますもん

そりゃあそんなガチの呪詛合戦的な世界にいたら

そうなるわな~

どこどこにいた霊能者は最後はつぶれたよ~

云々そんな話を聞いたものです

もひとつの活躍の場はやはり株主総会に向けてなんです

当時は総会屋さんが全盛の頃でして 

そりゃあ株主総会は荒れる荒れる

それをいかに切り抜けるかが

総務部長の実力なんですよね~

総会屋さんんとどこで落とし所を~みたいな

昭和の終わりの頃かいつの頃かはすっかり

忘れましたが、企業がコンプラということで

今までべったりだった総会屋さんを切らねば!!

そんな時代のお話を聞くとどえらい大変ですもん

うわ~、まじで!!

家族もめっちゃ大変!!そんな世界

そりゃあ、そのころの総務上がりの役員さんや

社長さん歴任した方々って肝の座り方は

半端じゃないわ~と思います

それこそ戦争体験者みたいな座り方っすもん

ま、そんな話や、こんな話

(もっと他にその手の話はあるのです)

を子供の頃から聞く環境にいたので、

企業やそのての闇の深そうな世界は

(政治ややくざさん)絶対に深入りしてはいけないな~

ろくなことにはならないぞ~、

呪詛というのは絶対やっちゃあかんわな~と

子供心に思ったものです

人間深くかかわるのはよろしくないものですね~

ちなみに、当時はその手の色んな話を聞きまして、

最も興味深かったのはいわゆるM資金や

山下財宝的な戦争の時に

実は軍資金をかくしてあってそれらの

発掘云々にも霊能者が関わった云々という今きけば、

あほだな~ 

3丁目の夕日な30年代なんかとっても盛んだった

らしいっすね~(これもうろ覚え)

とおもうような埋蔵金てきなお話

ただ終戦後って笹川さんや児玉さんのように

実際その手の軍資金で大きくなった方々もいたので

リアルだったんでしょうな~

私は糸井さんの徳川埋蔵金を毎週ドキドキして見てて、結局出なかったので

そんなわけないでしょ~とみてますが 

ははは