読者登録お願いします
スポンサーリンク

熊野、玉置神社は日本で最初にダキニ様が表れた場所

さて熊野の続きですが

玉置神社というとこがありまして なんだか奇行しそうな名前ですが

ははは

(当然安全地帯)

スポンサーリンク

お稲荷様だったかダキニ様だったかの原型のお方が日本で一番最初に現れた場所だそうです

そのお姿も異業で頭がと体としっぽが別々な生き物のお姿だったそうです

(先日師僧に教えていただきましたが忘れてしまいました

いや~認知かな~ ははは)

どうだった?と聞かれましたが

じつは残念ながらぐったりと体力消耗でそれどこじゃなかったのです

ははは

何か感じる感じない以前に ただひたすら最後の坂を登っていくのがしんどいなと

そんな感じで

また機会があればそのあたりを確かめに行かねば!!

たが今思えば三峯にちょっと似た感覚はあったかも

あそこまで凛とした涼やかな感じではなく(厳しい)

うまく言えないですが まあそんな感覚だったかも

IMG_1296

さて玉置神社でゲットした鈴と八咫烏(おみくじ)

あそこの鈴はいい音するよ~、祓いで使うよ~と聞いてたので

ゲット!!

いいおとしますね~

ちなみに私は祓いよりも お供えしたりお経や真言唱えた後のご法楽~的な感じに神棚の上やお像の上をシャラシャラシャラ~とならしてます

ご眷属様が喜ばれるな~とかんじたので そんな使い方でゲット

ちなみに八咫烏さんは 式としてつかおっかな~To

道開きという感じで はい

ちなみに八咫烏さん、やはり道開きとかんじます

自分が行くべき道やこれから歩いてく道を先頭に立って示していく

わたしのビジョンですと

10022700426

こんな感じでうっそうと生い茂った山道を修験者なんかが歩いてて

その前方斜め上を八咫烏が飛んでいる

そんなビジョンです

ま、うっそうと生い茂った山道が 人間様の先がはっきりとわからない人生で修験者の集団が我々凡夫たち

そんなかんかくなんかいな~To

さてもひとつの熊野の熊野本宮

ここの感覚はですね

平安期の都の貴族たちにしたら 極楽浄土というかんかくだったのだな~To

那智の滝もありいわゆる仏教のお浄土のイメージそのものの場所

そんな感覚です

ということで次回は熊野本宮です

男前のシュッとした如意輪様もいらっしゃいます

コメント

  1. ジャン・レノ より:

    うわー!いいなぁ〜〜。
    欲しかった鈴です。ここのが欲しいから他では買わないようにしてました。
    玉置神社は毎年「今年こそ!」と思ってますが、行けてない所です。交通手段がちょっとー。
    歩くしかないのですかねー。

  2. ジミヘン より:

    山を越えて歩きましょ!!熊野本宮から歩きましょう!

    バスとかありそうじゃないっすか?1時間に1本くらいの ははは

  3. (忍者)はっとり より:

    玉置神社…遠いですよね。二度と来られないかもーと思った記憶が。鈴は神棚にあります。ハイ。
    帰りに道に迷った?というか凄く大変だった記憶も。真っ暗な道というか。十津川警部の小説思い出したりと(笑)
    神社の景色と雰囲気は数年経った今でも覚えています。
    杉の木とか。大昔の人があの場所まで歩いて行くのは相当な修行?だったかもーと想像したことを思い出しました。
    当時参道?というか神社へ続く道の整備が工事?進んでいた記憶でしたが、きっと綺麗になったのでしょうか。生きてるうちに機会見つけて再訪できたらいいな。
    ちょっと怖かった(三峰に感じたような)記憶も残っています。

  4. ジャン・レノ より:

    そうですか〜。
    (´ω`)
    本宮から歩くのはやだなぁ〜〜。一人で登りたいところだけど(自分のペースで行けるから)女一人は危険かなぁ?行く人見付かったら歩きたいな〜。バスでいっか。
    餓鬼は出てきませんでしたか?!飴玉投げるんですよね!
    玉置神社は、憧れの人に会いに行く様な気持ちで夢見ていまっす。
    (*´-`)
    速玉神社、飛瀧神社、玉置神社に行って近くに泊まりたいと思ってまっす。
    十津川警部…懐かしいー!十津川警部の熊野古道事件があるんですか?面白そうですね〜。
    (^o^)

  5. 猫のチャイ より:

    え?奥駈道歩いたんですか!?山伏の格好で法螺貝携えて?…までは無いにしても、歩いて登られたとは修験者ですねぇ。
    玉置山ふもとまでは、そこそこちゃんとした道が(今は)通っていまして、そこから山を上る道に入りますと、車の待避場が所々ある感じです。
    車を駐車場に置いたら広い砂利道の参道を歩くのですが、数年前の豪雨で崩れたのを直した道ですので、現在は通りやすい道となっています。
    玉置神社の摂社として出雲社とお稲荷さんがあり、鳥居があるので宇迦之御魂神が祀られていると思いますが、神仏習合の昔には、ダキニさんもいらしたのでしょうか。

    玉置神社まで足を延ばすなら、ついでに天川大弁財天社もお奨めしたいです。どちらにしろ泊まりは確実になる土地ですし。天川にも十津川にも良い温泉がありますので、旅の疲れを癒しつつ…。
    そうそう十津川警部の影響で、十津川を「とづがわ」と読む人が多いのですが、奈良県の玉置山があるところは「とつかわ」ですから。濁りませんから。ですので北海道の十津川も濁りません。(奈良県からの移住組です)

    なお、天川神社のお鈴も独特の音色でお奨めです。バリのガムランボールのような、心地よい響きです。

  6. もと より:

    玉置、南紀白浜からレンタカーで行こうとしたら「三台に一台は擦ります」と脅され、家族のまったり旅行のついでに行くとこじゃないな、と今年は諦めました〜〜。歩くの、凄い!さすが )^o^(
    玉置から天河はなんていうのか、エネルギーラインが一本で繋がってますね。
    ブログ楽しみにしています^ ^

  7. ジミヘン より:

    餓鬼というかひだるかみといいますか おにぎりのおコメ粒とかね~

    あんま人がいけない神社ってやはり荒らされてない感がありますよね~

    そしてエネルギーが自然的と言いますか

    結構あらぶったりすることあるのだろうな~と
    天河も遠いっすよね~ 多分いかないかな~と

  8. チャム41 より:

    玉置さんのアメノミハシラさん何か気になります 笑

  9. より:

    一年半前に、おおかみ信仰を辿っていったら、玉置さんにたどり着き、お参りしてきました。
    鈴、私も持ってます!私は、しゃんしゃんと呼ばせて頂いております。(笑)
    時折、家の中でしゃんしゃんします。
    そういえば、帰り道、お猿さんに遭遇しましたよ。

  10. ジミヘン より:

    玉置神社をはじめ熊野はいいですよね~

    ですがわたくし 神社をお参りのために旅行というタイプじゃないので
    ははは

    なかなかこの手の遠いとこって行かないんすよね~

    私の旅は秘湯(露天がひろいとこ)という目的のみなので
    なので観光地なんかも行かないタイプ

    温泉の帰りによるという感じでしか

    ちなみに鈴はまいにちお勤めする際にならしてまっす

    そのたびにうるさいとばかりにぴょん吉は足ダンをします

  11. 匿名 より:

    玉置神社大好きです
    私は両親がそこの村の出身なので、昔からお盆や正月、村に帰った時にせっせとお参り行ってます
    当方零感なので、ただただあの山と神社が好きってだけで通ってましたが、いろいろ敏感な夫が
    「あそこの神様は怒らすとこえーからなぁ」
    とボソっと呟いてました
    厳しい感じがするのですね、納得です

    あの鈴、私もゲットしました
    毎朝子供が学校行く時に頭の上でシャラシャラーっと鳴らして送り出してます

  12. より:

    良いですね。玉置神社、行ってみたい。天川さまは、参詣したことがあります。

    東京からなので、遠いのと、女子一人はちょっと不安。
    関東で修行クラスの神社かお寺ご存ないでしょうか?

  13. 匿名 より:

    玉置神社行った事あります。日本一長い路線バスに乗って新宮から終点奈良まで、途中下車してマイクロバスで、スゴい親切な運転手さんで、見晴らしのいいロケーションまで乗っていた人を連れて行ってもくれました。そこは、鈴が有名なんですね。私は、白い石がとそこに行きましたが…調べが足りなくただ山道を歩いて行って帰ってきました

  14. 匿名 より:

    ジャン・レノさん私も女子でアラフィフですが、一緒にまた行きたいのでどうでしょうか?新宮に一泊して朝五時くらい起きて、日本一長い路線バスで行った者です!新しい行き方で行きたいのでしたら一緒に行きたいです!

  15. ジミヘン より:

    玉置神社って近所のちびっ子たちにはタマキン神社と絶対呼ばれてますね

    素敵です