読者登録お願いします
スポンサーリンク

祈願で大事なのは祈願される神様がどう思うかかも

祈願のお話 供物は取引なの?としつこく来たので 本来は喜んでいただくためとかですが

おもてなし~とか感謝を形にすると~なんじゃないっすかね

ですがね 人間ってそんな立派じゃないです 祈願って取引でしょ?
全くの取引のない祈願ってありえないじゃん

勉強がんばるから後押ししてください 正しい祈願かもですが これだって勉強がんばるから
力貸してって取引でしょ?

私実は取引一切駄目って思ってないのです

スポンサーリンク

ま、其の取引の根本にあるお心がどういうものか

それが大事かも

この世とあの世はつながってって この世にあることはあの世に元からあったもので

商売って取引でしょ?それ否定したら経済が成り立たないでしょ?
それは神は望んで無いじゃん 絶対に だって人間が大変な思いしますから

でも正しい商売ってあるでしょ?適正価格だったり ばったもんじゃなかったり

偽札使わないとか お金ちゃんと払うとか 取引先だって怪しいとこと取引しないとか

そういうこと

でですね 精神世界の立派な先生が 立派なこと言ってても 結局現実世界の
そういう正業 お仕事してなければ そういう社会の 経済の仕組みやら大切さ実感できないじゃん

信者さんから簡単にお金が~みたいなの それではこの世 わかんないですよね って話なわけ
多分

ちょっと脱線ですが 今お寺大変じゃないですか 経営 結構
逆に信仰宗教 そっちのほうが勢いあるじゃないですか 色んな理由ありますが

その大きな理由の一つが 現世利益をうたってる あると思うのです
逆に言うとね 現世利益って 人間にとってメッチャ大きいもので

大抵の人にとって1番大切なものなわけ 多分新興宗教やらってそこをメインにうたってるんじゃないっすかね

多分

みんながみんな立派な人ではないですから

じゃあ どうすれば現世利益は手に入りますか?ここでしょ?結局は

ちなみに私現世利益が終着点とはいってません
現世利益を入り口にして と思ってます できれば人間 あんま好きな言葉ではないですが

成長したいじゃないですか 真理に向かいたいじゃないですか でですね
私の基本的な考えは 入り口を狭めちゃ駄目 限られた人しか真理にいけない
教えは好きではないのです

みんながみんないけるとは思いませんが 多くの方が目指すことが出切るシステムのほうがいいなと

今まで祈願する側のことばっかでしょ?大抵スピの本でも 上手に神様にお願いする方法とか
(ありそうな題名)

じゃ、お願いされるほうはどう思ってるのって あんまかかれてないでしょ 多分
お願いされるほうはどういう気持ちかって やり方よりも される側の気持ちのほうが

絶対そっちに目を向ける必要はありますよね

こんなお願いしたら こんな取引を持って行ったら

神様は嫌がるだろうな~

そういう取引というのはやっぱよろしくない気がします

祈願なんかも神様がどういう気持ちでそれを聞くか

そこが大事な感じします

ちなみに私仏教徒ですので 現生利益は当然信仰に向かわせる方便と思ってます

そこで叶ってはいお終いじゃなく はい

ま、供物で神様が大喜び~ 言い方よくないけど供物で釣りますというのはあかんじゃないかな~

供物はこちらの心を形にしたもの そんな感覚じゃないかな~

感謝の心を形にしましたって 逆に言うと心がないものって

動くのはよろしくないものだったりね~

普通に考えれば

コメント

  1. 北側景子 より:

    今朝から頭の中に、good dealと、、まんま良い取引か交換条件か?どう解釈すべきか考えてましたが、ジミヘンさんのブログを読んで、そういうことかなーと。いつもためになる記事をありがとうございます。
    それと先日、最近お供物が少ないからどうしよう〜〜的なことを友人に話したところ、それだけあれば十分じゃない?真心なんだからと言われ、本当その通りだなと思いました。自分の考え方が浅はかすぎて時に自分で自分が嫌になります。。。笑

  2. 匿名 より:

    見返り になっちゃうとダメってことですかね

  3. 匿名 より:

    神様につけ届けは 効きませんそうで
    (もしつけ届け効く神様ならそれは怖い存在かもで取り扱い注意みたいな)

    お供え物 御礼は 真心の気持ち 敬う気持ち感謝の気持ちで献上しましょう

    だと思うのですが・・・・

  4. 北側景子 より:

    付け届けがきくのは、神仏ではなく、もはや魔のような存在ではないかと?そもそも見返りを求めるような姿勢は論外でしょうが、、
    どちらかというとお供物に凝る神仏もありそうですし、信仰が深まればお供物にも気を遣いますが、やはりお供物だけでは宗教にはならないわけで。。そこを穿き違えることのないようにしなくちゃですよね(自分に言い聞かせています)。
    あくまでも現世利益は仏門への入口なのだと思います。しかしながら私のような凡夫はそれを忘れて何か勘違いしたり調子に乗ったりしてしまうという。。。
    しかしながら、私の発言自体、正しくないかもしれないので訂正補足等ありましたらご教示お願い致します ^^;

  5. 岩根 美香 より:

    「供物はこちらの心を形にしたもの」その究極が生贄だったと
    思います。(丁度、今「沖宮」って
    石牟礼道子先生の新作能に
    末端ながら携わっているので
    ついそちらに思考が)
    雨乞いの為に女の子が
    生贄にされるお話で。

    かつて、日韓ワールドカップ開催前に、大久保駅?で
    (レリーフ見ました)
    韓国の留学生の方と日本の方が、
    ホームに落ちた方を救う為に
    尊い命を落とされた
    事がありましたよね。
    あの時、人柱っていうか
    現代版の生贄なのかな、と
    ちょっと思ってしまって。
    たまたまなのでしょうけど。

    東京オリンピックも
    少し心配したり。あははは!
    どうぞ、そんな事が
    起きませんように。

  6. ありが10 より:

    ジミヘンさん、おはようございます!
    なんだって…ジミヘンさんも大変だぁ~‼

    自分で考えるのが、大事なんじゃないのかなぁ。考えてもわからないこともあるけど、人の考えを譲ってもらうのは違う気がする。まして、催促するものでもないじゃーん。
    ジミヘンさんに頼りたくなるのは、すんごいわかる!真理を持ってそう?なんか、そんな感じ。なんか、うまくいきそうだもん。思考が切り替わるって、いい方に進んじゃう。そんな変換プラグみたいなの持ってるっぽいもん。
    けど、自分で考えることをやめたら、ダメだよね~考えるとこ≒色んな思いを想像するのが大事なんでないのかなぁ。

    朝っぱらから説教くさっ。ぷんぷん匂うね~。
    薄々自覚してたけど、ババァの独り言…ながっ‼

  7. ジミヘン より:

    饅頭なんかも元は中国で生贄がさすがにね~ということで
    人間の頭に似せたものが始まりだったらしいですし
    元は生贄~だったんでしょうな

    神様に付け届けが効くと思うこと自体がめっちゃ傲慢ですよね~と思います
    普通に考えたらね~

    ま、現生利益~信仰というのが本来であって 信仰に導く方便だったんでしょうな
    なので信仰に結びつかない場合って
    神様も最初は奇跡起こしてくれても 2度目はないぞ~となるんじゃないっすかね
    だって信仰に~がもくてきだもん

    ぎゃくに信仰に結びつかなくても何度も現生利益~は魔かも