読者登録お願いします
スポンサーリンク

アフリエイトで商材が売れない理由

さてご商売されてる読者さん達からうちの商売見て下さいとおねがいきますので

正直中々忙しいのでという感じです

ので今回は商売のお話

さて皆さんご商売されてる方多いじゃないですか

スポンサーリンク

実店舗もってなくてもネット販売でも はたまたアフィリエイトなんかでも

お仕事も販売じゃなくても営業でも 基本仕事って 作る、運ぶ、売るですから あとはサービス業

大抵なにかしら商売に関わってるわけ 結婚だってある意味自分の価値、魅力を相手に買ってもらうわけでしょ?

まず大前提として 売れるものって大衆性のあるものか希少価値のあるものしか売れないわけ
そこ知っときましょ

でですね この二つ売り方は全く違うわけ 当たり前ですが 一緒に並べてはいどうぞって売り方としてはアホなのです

これ占い師なんかも同様です 自分が商品でしょ?じつは私のブログやブレスね
あんまがんばって売る努力してませんが 人気なのです 自分で言うのもなんですが かなり

ほっときゃお客さん来ますから 何故かって?自分で意図的にやんなくてもそのあたりの商売の極意が身についてますから 結果案外売れるよね って仕組みのものになってるのです

毎回いってますが 大事なのはヒット飛ばすのではなく 売れる仕組みを作ることです

ヒットは飛ばし続けなくてはでしょ?そりゃ大変 ヒット作るのって才能の部分大きいですから

仕組みは一度作れば長く続くのです

本題戻ります 売れるものは大衆性と希少価値 分かりますよね 人って売れてる感じ、人気ありそうなものに飛びつくじゃないですか?USJがハリポタアトラクション作ったらマスコミで凄く取り上げられてみんな行くから絶対楽しそう じゃあうちもって話

希少価値はね どこどこでしか取れない希少なダイア とかハンドメイドで週に3つしか作れないんですよ しかも全て芸術的に高い評価 弘法太子が作ったとされる大変力のあるブレスを
完全復刻 しかも当時と全く同じ術こめてます 欲しいでしょ?

って話なわけ さてそれをどう売りましょ?どこで売りましょ?お店も何でも基本両方売るわけじゃん さてどう売り場作りましょ?

それは次回です

さてアフィリエイト 結構されてる方多いでしょ?それもね、どうやったら売れるかのマニュアルとか売ってたりするじゃん 基本SEO対策がメインで 書かれてる方がコンピューターに詳しい方が多いじゃないですか?

元SEとか 色々みてて 商売人が本気でやったらもっと売れるなって
巷の対策って商売で言えば広告宣伝までなの お店にお客さん連れてきました

そこまでは凄く効率的に それプラスじゃあ、そのお客さんにどう売りますか?
弱いですよね 皆さんそっちをされてないですもん 結構理系大学生が稼いでるじゃないですか?

現役の そんな社会にでてない小僧に負けちゃ駄目ですよ 彼らは効率的な宣伝まんどまりなの

大事なのはその広告宣伝を上手に使ってその先をです

例えばアフィリエイト 保険商材って一個売れると入ってくる金額でかいので手だすじゃないですか?でも案外売れない

さてどうやって売りますか?まずは大衆性ですよね 当たり前ですが 日本で1番売れてますとか
ま、それは大事 切り口は例えばがん保険でとか細分化したり でなぜそんな売れてるか

そこまではやりますね 皆さん さて私のブログだったらアラフォー主婦多いので
そこターゲット だったら五大疾病や成人病のだんなさんがもし?と狙うでしょ?

もしくは女子お一人様も多いので その方達の今後の収入の不安 働けなくなったときとか

そういう商品あればそことか でもっと突っ込むとさ 例えばこの間書いた痴漢保険

これ売れると思うんです 旦那さんにもですが 奥さんにアピール!!
どうするかというと 毎年どれくらいの人数が痴漢の冤罪で捕まってかつ冤罪と
証明なんかはまず出来ない

自分ひとりで証明はまず無理で やってないからと連行されたら無理やり自白されて落とされます
一人では戦えません あなたの旦那もいつそうなるかわかんないですよ 冤罪多いですから

とか煽って痴漢逮捕後の生活がどれだけ大変かも書き

そこまで煽ってこの保険 その場ですぐに24時間弁護士とつながりどう動けばいいか対応してくれます しかも月々お安い ってとこまで書いちゃいますね

でこの保険会社なら痴漢保険ついてますよ ってちゃんと保険外交員くらいのせつめいを書きます

そこで大事なのはセンス みんな長い説明面倒だから読まないじゃん いかにサクッと軽くよませれるか また軽いけど信用度ある文章かけるか もしくはこの管理人だから買っちゃいますという

信頼関係やカリスマ度 そこですな 最終的には 結局保険やさんも 同じ商品なのに
売れる人と売れない人いるじゃん そこなの

という感じで続きは次回