読者登録お願いします
スポンサーリンク

宮本武蔵と柳生十兵衛 二人の剣豪を比較霊視

ふっと柳生十兵衛という方が浮かんだので。
この方と宮本武蔵さんが。

スポンサーリンク

まず柳生十兵衛さんの霊視、この方は完全なマシーンといいますか

剣の道のみの方。

ま、極めようとして人というものを越えてしまった超人ですね。
体格も立派で何よりも骨太で筋肉の塊。

そばにいるだけで恐いというか。とんでもないオーラです。
剣できられる怖さというよりもこの方自身がとんでもない威圧感。

しいて言えばマイクタイソンがとなりにいるみたいな感覚。
もしかして剣豪史上最も強かったかも。

その強さは剛の強さ。たとえば尾張柳生の天才連也斎(ある意味この方が柳生の剣を完成させたというか、ま、完全な天才)が術理のというか、切れというか。
技を突き詰めた天才性とすれば、十兵衛さんは、技も力の中という人で。

ま、極真空手のマス大山と同じでまずは力(パワー)で。わざと言うものも力の中の要素。

的な圧倒的な剛の剣。しかも生涯業の追及のみしか興味がない方、ま、前田智徳的な人です。

で武蔵さん、この方は根っからの商売人といいますか。剣は仕官、出世の道具であって。
目的が剣を極めるではなく出世が目的で剣は手段。

ですので二人の著作の目的が端から違う感じ。五輪の書って現代でもビジネスマンが読んだりするでしょ?十兵衛の著作はそんなことないじゃん。

不思議じゃない?ほぼ同時代の日本史上屈指の剣豪二人なのに。

そこのはわけが。五輪書はかんぜんな今で言うビジネス書といいますか、自己啓発的な
感覚でかかれたもので、十兵衛さんのは技術書なのです。

これには出自の差が。武蔵さんが今で言う流行らん私塾の先生(町道場の先生)
とすれば十兵衛さんは超大物政治家の倅。というか人間国宝仁なるべき方。

ま、超ぼんぼんな海老蔵といいますか。生活やら全く心配なくただただ芸道を突き進めばいいという環境なの。

でこの方実は家(お金や父が必死で気付いた地位)というものは剣の道を究めるには邪魔である
と考えていた節が。

そのあたりを父は感じ危険ししてたと感じます。
後の3代将軍家光の小姓として出仕してたのを解かれたのも家光の勘気ではなく、
父がこいつはそばに置いとくと何しでかすか分からん、下手したら自分の地位もって思ったからかと。

その後も表に出てないのも、隠密だったとか説はあるが、基本父のその判断じゃないかな。
何しでかすか分からん、とりあえず剣だけやらせとけって。

ま、仕事として隠密の仕事はしてたと感じますがそれはおまけ。
基本は剣のみ。で父は実は柳生の将来に、十兵衛のようにひたすら強さを求める
剣は必要なし、もっと言うとそれは危険と苦々しく思ってたでしょう。

あくまで剣は目的ではなく手段。政治の手段で。大事なのは剣を通じての思想といいますか、
人間形成であり、それをいかに政治に使うかで。

そのあたりで剣の術理として尾張柳生と差が出ちゃったんじゃないかなあ。
(十兵衛死後は尾張のほうが剣の腕は上)。

で小姓時代の十兵衛に対し家光は凄く嫌だなと感じてたでしょう。
内心こえ~って。剣の相手として出仕じゃん。

でこの男相手が将軍の倅でも容赦なく打ち込んでたんです(ま、ほんとはかなり手加減してましたが圧倒的な差があったので)。

しかも子供の頃からマイクタイソンなのでただただ恐かったと(内心ね)

で将軍となって自身も余裕も出来てから、十兵衛の親父に(将軍の兵法指南役でもあり信任が
メッチャ厚かった)お前の倅はどうしてあんな超人なんだ?
どうすればあんな超人になれるのだ?

何か秘密あるんだろ?そのおかげでみんな超人だろ?って感じで。

で十兵衛さんには弟さんがいて。宗冬っていう。この方が柳生の家を継いだんだけど。
兄の死後。

あんま剣のできはよくないといわれてますが。

実は結構クレバーで、親父の信任が厚いのです

でまた次回