読者登録お願いします
スポンサーリンク

代々続く名家は背後の守りが強力です

先日あるお坊さんにお会いしましたら。
そしたらいきなり

「あんた、蛇使えるね」

といわれ結構うろたえました。

実際は使ってたのは先祖で私は使ったりできないですが

スポンサーリンク

新人OLさんが先輩にお酒に誘われそのごホテルに誘われちゃうかのように 笑

蛇使ってたの知ってるの、うちのお寺さんの住職さんと以前書いた師匠しか知らないですから。

実は使えるんです。実際には使えるというよりいつも控えていて何かあると勝手に
動いちゃう感じなんです。

本当に悪意のある霊症や念なんかに飛び掛っていく感じでそういうものを感じると
自分の足元に現れる感じなのです。

白い蛇が数体。

なので他人さんを怨んだり腹を立てたりってなるたけしないようにしてるし、
出来るだけうらまれたりしないように気をつけてるんです。

その蛇はね、どっかから頂いたというより家系で引き継いだものという感じなんです。
以前書いた小桜さんの蛇(柱にしがみついてる大蛇)とは別のもので。

私呪術や自分のために自分からとか一切使ったことないので(今後も)逆にね、
実は凄くなつかれてるんです。

でなんかありそうなときとかはババーンと目前に現れ(メッチャ大きい顔で正面を向いて)
気をつけろよとか教えてくれるんです。

これって普通嘘でしょ?と思うでしょ?実はね、他の方もいるのです。

前書いたかもだし書いてないかもですが。

とあるお武家さん(ま、歴史の教科書に必ず載る家)に嫁いだ奥様なんですが。

そこは狛犬というかシーサーのようなものが守ってるというかなんです。
でその狛犬はそこの当主や(旦那)跡継ぎ(倅)じゃなくその奥様のことが凄く好きで
自分の主は奥様ってなってるんです。

その方も心根は綺麗な方なので自分で使おうとか一切なくて(というより狛が憑いてるなんて知らなくて)。

狛犬がいつも控えていて奥様に何かあれば勝手に動くという感じなんです。
もうその辺りは昔の武家の家臣で。

命令ではなく主の心を読んで自分からって。

ま、その奥様に失礼なことをされたり本当にメッチャ気分を害すようなことをされると
コマが働くというね。

どう働いてどうなるかは内緒。ただね、凄く怖いよ。

おお、さすが何百年も続くお武家の守りのものだって。

もう普通の人(じゃなくても)そりゃ太刀打ち出来ません。
そのお話したらどうやらお祭り(家でなくそれこそそこの治めていた地域として)
をしてたらしいからもうね、個人で云々じゃないわけ。

それって凄いよね。

地域で祭ってるものが個人の家を守るんだから。

そういう家の方はね、敵にまわしちゃだめですよ、一介の拝みやや霊能者なんか
相手になるわけないですよってお話ね。

じつはね、顧客で大名家の方やお公家の家の方って何人かいるんです。

方や企業のトップの方やらもいたりで(結構やるでしょ、実は 笑)

でね、企業の方なんかも凄く背後が大きかったり役割があるんです。

が、何百年も続いてる大名家やお公家さんの背後には勝てないんです。基本。

何百年もその家名が廃れず残ってる家というのはやはりそれなりに理由がありその一つが
背後やさっき書いたようなものの存在が大きいんです。

その中でも凄く興味があるのがお公家さんの方たちなの。
なんで武力も力も持ってないのに千年とか生き残ったのか。

メッチャ不思議じゃないですか。それね、ご本人にきいたりリーディングしたりしたことあって。
多分これだと思ったのがね。

以前書いた和歌とかね、そういう言霊での鎮魂じゃないかって。
たとえば藤原氏みたいに大きな氏寺立てたりもあるじゃん。

それよりも言霊での鎮魂の方がという気がしたわけ。
その辺りは次回ね。

さて実は過去記事ですっかり忘れておりましたが

お坊さん誰だ??と思って思い出せないとおもったら

今の師僧でした ははは

そんなこと最初お会いした時に言われてたのですな

コメント

  1. 猫のチャイ より:

    これって普通嘘でしょ?と思うでしょ?のところで「え、嘘だと思う人がいるんだ?」と思ってしまいました…いや別にジミヘンさんに心酔してます!ってわけじゃないですが、そういうの、そりゃいるよねぇと。
    この人は自分達の事ひどい使い方しない♪って懐いてる蛇さん達、かわいいですね。

  2. 今回は匿名で より:

    昨年、年末に寝ている時に頭の真上にヘビ(薄茶色の)が落ちてきた感覚があり、驚いて飛び起きたら何もいなかったんですが、自分では知らずにどなたかの恨みを買ってしまったんですかね(-_-;)
    気をつけます。

  3. あー坊 より:

    言霊、和歌で鎮魂。心当たりがある方がおられます、今の鎌倉宮の宮司さん。とてもお若い方なのですが、趣味は和歌を詠むこと、そして愛読書は新古今和歌集と伺って(°▽°)びっくり仰天。ジミヘンさまのブログを読むようになってから、来るべき人が就任されたのではないかという気がしてなりません。
    その鎌倉宮では「うたみくじ」というものがありまして、占い内容と、宮司さんが新古今和歌集から選まれた一首が載っている、味わいのあるものです。お参りにいらしたときに、引いてみて下さいね。

  4. ジミヘン より:

    まあ全部もうそうなので ああ、物語なのねとおもっていただければ
    蛇落ちるも恨みとも守ってくれてる方とも取れますよね

    その後の成り行きで判断したら??

    和歌は鎮魂です!!ついでに多分神に伝える手段でもあったかも
    うたみくじいいっすよね

    これがめっちゃ下手な歌だったら最高です!!
    季語間違ってたりとか

  5. JK より:

    季語まちがいながら読むって めちゃ⤴⤴笑っちゃうかも。
    聞いてる方 耐えられないよね( ^∀^
    (笑)❗

  6. 匿名 より:

    今朝 夢を見ました。
    「怖い弁天様に注意⚠」という夢です。
    薄暗いところを歩いていたら 古い建物の中に弁天様と呼ばれるものがあり それは 神と呼ぶものではなく 黒っぽい大きな蛇でした。

    実は 子供がLINEでジャワ島の高校生と話し友達になり どうやら少年は将来日本に住み日本の大学に入り 起業家を目指してるらしく 子供とそんな話しをしていたら どうやら
    少年は恋愛モードになってきたためこちらは話し友達しか思ってないのに 勘違いされると困るので 「あなたとは 婚約とかまったく考えてません!わたしは家の跡継ぎだからです」的な事を言ったら 返事が来なくなったらしい。
    ちょっとキツイ 日本人ナメんなよ❗的な。
    子供が言うには 日本人女子に取り入り 家に転がり込むつもりだろ。超迷惑!お金もむしり取られそう。
    確かに 悪く推測すればそうかもしれませんが。
    本名 写真 住所など教えてませんが あちらは日本に来たい為に 写真やら送り自分をアピールしてました。

    子供は楽しそうに日本の生活習慣とか あちらの生活の様子を可愛いいスタンプ送りながら楽しそうに会話してましたが 突然❗迷惑!キモい❗と。
    思いきり 少年に冷たい水を浴びせたらしく
    女子って怖いな❗と。
    怖い弁天様って この事か?と。
    ちなみにわたしも子供もある占い師に「水神様が憑いてるから 男女間のトラブルに注意してね」と言われた事があります。
    確かにわたしも勘違いされて迷惑した事は何度かあります。変にモテたり(爆)
    水神様?と呼ばれるものって 神ではなく女性の霊とか?って思いますが どうなんでしょう。

  7. お志乃 より:

    百人一首は和歌ですか?

  8. ジミヘン より:

    デブ、力士は私は夏の季語で使います 汗っかきで暑苦しい
    池坊さんは冬の季語 発言すべてが寒い スラングとしてムカつく、聞くたびに
    カーッとなるで夏の季語 ははは

    百人一首~は調べましょ ご自分で調べれることは調べることです

  9. お志乃 より:

    和歌でした!