読者登録お願いします
スポンサーリンク

受かった大学が行くべきとこなのです

さてメールでですね 息子が推薦で第一志望落ちましたとありました

まあそういうこともあるでしょう

大学なんかで第一志望が落ちていやいや第二志望に行く

就職で入りたかった会社に入れずにいやいや他で働く

よくあること

これですね 私の感覚でいうと

スポンサーリンク

落ちたとこって結局長い目で見ると行くべきとこではなく入ったとこが行くべきとこで

振り返ると 案外そっちで良かったなという場合多いです

入れてくれた場所がよき場所みたいなね

ですがこれ条件ある感じが

ずーっといやいやそこにいる限りは中々良き場所にはならんというね

逆に う~ん微妙

と思いながらもそこで楽しんだり まあ結構いいかもねと思っちゃったりできると

その場所がとても良き場所になる

振り返ってあの経験があったこそまで行かなくても

現状でそう思える

それって凄くデカい いやいや通うよりも断然良いことなのです

人間なんてしょせんお見通しなんか無理じゃんねと

人間が考えれることなんか実際は大したことない

しかもそんな受験生や新卒、中途採用狙うくらいの若者だもん

そんな人生経験もないし

情報なんか人から聞いた ネットや雑誌で知ったとかそんな程度で

本当に自分が経験したことから選んだわけでもない

なので案外その行きたい、望んでることってたいした理由では無かったりするじゃん

受験なんかでも偏差値であったり(ま、大事ですが)

もしかしたらそんな程度の経験で望むことよりも

第二志望に行くことになって 実はそこが行くべきとこだった

行ってみたらよかったね

そんな場合多いと思うのです

それにですね あの時早稲田に入ってれば俺の人生はもっと違っていたのに~と言ったって

あんたの人生で実は早稲田に入る選択肢はなかったのです

要望はあっても

とそんだけのお話なのです 逆に言っちゃえばそこまで入りたいなら社会人で根性入れて入ればいいし

どうしても働きたかった会社があれば 例えば仕事で凄く結果残したり 海外なんかに経営学学びに行って博士号なんかとって

それでまた応募すりゃいいのです

逆にそこまでやる気がなくてあの時あそこの会社に行ってればというのは

実際にはその選択はない それだけなのです

選択がないとこをいつまでも未練がましく言ってたら

そりゃあ今の人生うまくいかんよね はい

だって他の方は今の人生を受け入れて生きてるのにあんたは

それを受け入れずに生きてるんだもん

そりゃ普通に考えたらどっちがうまくいきますか??

そんだけの話だよねと

コメント

  1. みなみ より:

    お邪魔します。リアルタイムでしたのでコメントさせていただきます。
    息子が第一志望の就職先が合格し、その3日後に第二志望の大学も合格。何日も本気で話し合い、大学に行くことにしました。昨日就職辞退書が受理され 本日入学金を納めます!就職先は親子でこの2年間受かることを目標に努力してきたので、すごく嬉しかったのですが、折角大学に受かったなら行かせてあげたい!何故かその気持ちがどんどん膨らんでいました。
    恵まれたことに本人や私が信頼を寄せている大人の方々に助言を求めた時、全員真剣に大学を勧めてくださり、それが大きく事を動かしました。何らかのすごい力で行くべき場所はこっちだ!と引っ張られているかのような一週間でした。
    4年後、この選択が正解だったといえるように、本人にはかけがえのない時間が過ごせることを信じています。

  2. kunn より:

    長男が4月に大学に入学し、半年ちょっと。一番行きたかった所には行けず、念のため受けておいたら、と受けた所に行くことになりました。まさか、本当に行くことになるとは。という気持ちで、しばらくは、受けとく?なんて、私が言わなければよかったのか?と、思ったりしていました。
    遠くて、ちょっとやそっとでは様子を見に行けないので、楽しく学校に通えるか心配でしたが、今のところ、楽しくやっているようで、安心しています。
    ここでよかったわ、と思ってくれるといいな。
    この記事を読んで、私も少し救われました。