読者登録お願いします
スポンサーリンク

企業コンサルの極意 土地の力借りましょう

さてコンサルのお話でですね 経営者の方によく

それに意識の力乗せましょうと話すのです

例えば店舗だったら 配置変えるとします

お客さんの導線とかって大きなお店なら皆さん考えるじゃん??

棚なんかを移動して 導線を変えたらですね

その道に意識の力乗せながら変える

例えば入り口からその建物の土地ではなく

周囲の流れの気が導線に沿って入ってくる

ついでに人とお金も入ってきて量販したいとこで

お金が落ちていく

棚を動かしたら それを動かす意図を棚に乗せる

出来れば経営者の意識だけでなく

そこで働く方々の意識も同じ方向性で乗せる

これって結構大事 意識の力って

スポンサーリンク

私そこで働く従業員のというとこも結構大事にしてて

なので従業員とも信頼関係作るために

従業員も視たり相談受けたりするのです

案外経営者のみでなく従業員も含めてで

そうすると日頃会社に言えない悩みや不満が

たくさん出るわけ

普通はそれって現場で文句やらで終わって 会社への不信

現場の空気悪くなる はたまた離職率高くなる

悪循環でしょ?そこのフォローも込みで

特に銀座や錦のクラブなんかはありがたがられますね~

そういうとこってどの経営者も働いてる女の子に

やめられると困るじゃん

それこそ顧客ごっそり抜いてお店移ったりとか

そのあたりのフォローも重要なのです はい

多分ですね

単に売り上げアップとしてのコンサル以上に

そういったマイナスの額を未然に防ぐことのほうが

額が大きいですもん はい

話脱線

まあ 経営者さんには

意識の力やら乗せるんですよといいますが

みなさん中々できない

イメトレみたいな感じですか?と聞かれますが

ちょっと違う はい

ただ一人凄く上手にできる方がいまして

やはりその方が手掛けることってうまくいくのです

センスなのでしょう

あとですね お店だとオープンの日取り気にするじゃん?

暦みて

最近はですね それも時間と土地の力乗せちゃいましょう

というお話します

それはやり方は内緒 ははは

企業秘密

もう一つ オープンの日取りですが

最近とても浮かぶことが 暦みてよりも

もしかしてその地域のお祭りの日に合わせると

凄く良いんじゃないかな?と思ったりなのです

土地やらその地域の神様が力貸してくれそうな気がめっちゃします

今度それ提案してみようかな

ただお祭りって年に2回とかだから

なかなかオープン時期と被んないんですよね~

コメント

  1. 猫のチャイ より:

    消費者の観点からすると、確かにお祭りの日って、まさに「お祭り気分」でお財布の紐もゆるむ気がします。
    お祭りに行く道すがら、オープニングセールなんかしてたら入ってしまいそうです。(笑)神様のご加護に加えて、みんなのお祭り気分が作り出す、場の明るさが景気の良さにつながりそうですよね。

  2. なな より:

    以前、歩いていたらすごくウキウキしてきて、何だろうと思ったらお神輿が出ていて、その地区のお祭りでした。
    お祭りの日は地域の人達のウキウキ感と神さまが喜ばれている感じがして、いいですね。

    お店でない一般家庭の人がお祭りにあやかるのって、やっぱりお祭りの日に御参りするとか見物とか参加するとかするといいんですかね?