読者登録お願いします
スポンサーリンク

鞍馬と都の関係 知らんがな

過去記事の妄想記事です 暇つぶしにでも

お茶菓子にでも ママ友との会話にでも

3時のおやつにでも 夫婦のベッドタイムトークにでも

子供の頃鞍馬で視たのがいわゆる魔王、

サナト・クマーラってやつです。


子供の頃のことなのではっきりと覚えてないのですが、


異様に大きくて黒くて得体の知れないものが

天から見下ろしてたのを覚えてます。

イメージとしては人(でもないが手足あるので)

の形をした黒い雲ですね。


それが雲ほど高くないとこから見下ろしてる感じで。


後にちょっと思い出して鞍馬に行ったとき

バババっと浮かんだのがそれ何です。


で奥の院の魔王殿に行ったときになるほどって。

こえーなあ。

(軽く書いてるが実はすぐに逃げ出したかったくらいにガクブル)


ここに奉られててかつやはり金星が落ちてきた場所ねって。

でこの世界には正邪のバランス(陰陽のバランス)

が必要でその必要悪として

スポンサーリンク


ここに魔王が降りてきたのだなって。

まず鞍馬ってなぜここにですが。

全ては都の繁栄の為と感じます。

でここと対場所、存在が一体となってぐるぐるっと渦をなすのです。

渦、超ポイントね。

都には渡来系の渦を術として使った氏族が結構いて、


でそれらって巨大な力持つじゃんって。蛇足だが。

でその渦も大きく巨大にするには

そんじょそこらの清濁じゃよわいわけ。


もう超強力な、考えうる最大の正邪が必要なの。

その渦が根本のエネルギーになるわけ。

ま原油みたいに。原油の産出量が


沢山ないといかに仕様用途が沢山あっても使えないでしょ?

で渦=生命エネルギーね。

これは人だけでなく、都市、国家にも。


でその渦のエネルギーが強大にあること前提の都市デザイン


たとえば四神相応の土地とか都大路作って

都の真ん中に大局殿つくって帝の力を


使うってのもそれは元のエネルギーがあって

それの使い方の一つな分け。

でその渦をちゃっかりおいしく

使ってた代表が渡来系の氏族であって。


其処の氏族の現場監督というか、

実際に仕事してた技術者が陰陽師だったりね。

宇宙の元の気が全ての生命のエネルギー


ま、陰陽の世界観の根本ね

(本筋の陰陽家は知らんが
我が家の)。

で霊符もブレスも他の術もこれが原油になってって。

これを使うわけ。取り入れるの。

でその根本の気のイメージが宇宙の中心の

真っ黒な巨大な渦なわけ。

ま、妄想です 本気にすんなよと 受験失敗しちゃうぞとね

コメント

  1. キュー より:

    さすがジミヘンさん、サマートクラマーの名前を伺えるなんて。本当に金星なんでしょうね。ま、誰も信じないでしょうが。
    ジミヘンさんとかぶるように、私も京都行きましたが、東京人のせいか、江ノ島にしても身近に観音様神様を感じるのは気のせいでしょうか。東寺、凄すぎるんですが、神様と会うというより、ある種修行場所な感じが。東寺といえばスト○ップ…失礼しました。
    大阪のサムハラ神社、凄すぎるみたいですよ。

  2. キュー より:

    あ、関西の悪口ではないです。昔、奈良の興福寺に通って救われたことがありますし。変なコメで申し訳ありません。

  3. チャム41 より:

    鞍馬の魔王様と蛇之倉七尾山の真宇王様(真宇王様の御真言も何か素敵です 笑 )って関係あるのかなと気になってます。
    太一と太白の一と白も何かあるような。聖を輝かせる為の濁って畏敬の念である意味お祀りされてるみたいなものですよね。穢れを扱う特殊技術者も維新で一気に変わった気がします。革作りとかも維新前では穢れでも維新後は一大産業で一気にオーバーグランドで。維新とはそういう意味でも凄くエポックメイキングかもと。

  4. johnny99 より:

    ずぅっと、ジミヘンさんのブログ読んできて思ったのが、神様って完璧な存在じゃないってこと。
    外国から来た内臓を食らう神様や、子供を殺しても鬼子母神って? と思っていました。

    その必要悪ってやつ。 神様を際立たせるために必要なのかな? 悪が不要だったら、とっくに神様によって駆逐されているはずだし。
    世の中は善人だけにはならないし、結局はいい方と悪い方、自分ならどっち? と常に問われて生きていくんだなぁと。

    嫌な人はどこに行ってもいるし、世の中ってそんなもの。 かなぁ~。

  5. ジミヘン より:

    金星かはわからんです 私程度では 鞍馬一時あんま良くないという話よく聞きましたが
    最近はいいよ~と言うお話も聞いたりですね

    さむはら神社 調べてみます そういえば寒川さんはじつはごさいしんがよくわかんなくて だから寒川大神かなんかだというようなお話も うろ覚え

    東寺は凄いですね~ 人工的に作られた密教的空間 宇宙観という
    創建当時はどんなだったんでしょうね~ 多分当時の人にしたら
    頭ぶっ飛ぶくらいの驚きでしょう

  6. ジミヘン より:

    維新ってある意味凄いですよね~ 武士階級というものを
    大名がお国を天皇に返納したことで 大量解雇ですから

    これって 今でいうすべての上場企業が上場廃止して会社自主解散みたいな
    大量無職時代ですよ しかも武装集団の まあ細かく言うと俸禄をもらってた階級があったり退職金もらってあとしらんだったりもあったり藩によってさまざまですが

    正直たまらんなというね 長い目で見れば正しかったと言えるのでしょうが
    当時の人にしたらまあたまらん 新政府よりも旧幕府のほうがましだったという声もですもんね ただ私はあの時代の人間じゃなくてよかったよと ははは

  7. ジミヘン より:

    人間の中にも聖なる部分と邪なる部分があって どっちか一辺倒の人っていないんでしょうな だいじなのはさてどっちの側面に引っ張られますか どっちの側面が多い時間ですかという

    諸尊なんかもですね 多分聖だけでは我々凡夫は救えないから濁というお姿に
    身を変じて この濁なる我々の世界で助けますよ~と言う感じかもですね

    密教なんかですと人の内臓を食べちゃう天部様も実は大日様の化身で
    食べちゃう方拝んでも最終的には大日様のお姿まで変化するという感じで

    おがむんだYO(うろ覚え)というようなことを読んだことがあります はい
    違ってたらすまんです もう一度読み直しまっす

  8. (^^) より:

    〉諸尊なんかもですね 多分聖だけでは我々凡夫は救えないから濁というお姿に
    身を変じて この濁なる我々の世界で助けますよ~と言う感じかもですね

    すごく納得しました!

    とても私が好きな方たちが各方面にいるんですが、
    本とは私は足元にも及ばないのに  
    同じレベルに、あわせて話してくれるんです。
    上からでもなく、下からでもなく。

    きっと神様もそうなんだろうなって。 
    深いです。

  9. 翠榎 より:

    寒川大神様は確かに不明です。

    寒川 なので明治になって寒川比古命様としたという経緯があります。

    しかし、寒川は本当に元から さむかわ と読んでいたのか?という疑問もあります。

    元は さが なのではないかとも(寒河江はさがえ、と読みますし、寒川神社は「相模」川沿いにご鎮座、などの傍証からの推測です)。

    だとしたら さが比古命様 である可能性が。

    ではその さが比古命様、とはいかなるお方なのかと推測すれば、
    古代相武(さがむ/のちの相模国東半部)国の初代国造であった弟武彦(おとたけひこ)命様が最有力ではないか、
    というのが現在のところの私の推論です。

    弟武彦命様は、天穂日命の後裔です。
    つまりは出雲国造氏や菅原氏と同族になります。

    そして、この弟武彦命様のお兄君様が、初代武蔵国造である兄多毛比命様です。
    つまり、兄弟で武蔵と相模の隣国の国造に任じられております。

    兄多毛比は、えたけひ と読む説と、えたもい と読む説とがありますが、わたしは前者だと考えています(弟のおとたけひ、との音から。兄媛/弟媛 のように)。
    武蔵総社・大國魂神社の境外摂社には、この兄多毛比命をお祀りする坪宮(つぼの宮)という神社があり、別名・国造(こくそう)神社と呼ばれています。

    摂社でありながら、ご本宮に坐す大國魂大神と同格と言われ(ということは大國魂大神様のご正体とは?)、大國魂神社の例大祭の時には御輿の渡御において特別に重要な役目を果たします。
    最近はご無沙汰ですが以前はよくお参りしていました。

    • あー坊 より:

      翠榎さま
      たいへん興味深いお話です。
      実は今、横浜の某杉山社さんと懇意にさせていただいておりまして。こちらの御祭神、五十猛命さまも謎の多い神様でいらっしゃいます。こちらの神様も相模川水系には多く見受けられるものの、他では関東ですと唯一千葉にあるとのことから、房総半島に居住していた一族が海路を使って相模湾〜相模川にそって入植したからでは、という推論があるそうです。大元は紀伊国というのもさらに謎が深まるばかり。
      近年の習いで、宮司さんが兼務されてる杉山社のなかに、論社もあることから、相模国の歴史の謎を紐解きたくなっております。いつか翠榎さまのお話をゆっくり聞ける機会があると、嬉しく思います。