頼朝は陰陽師に殺された?大江広元と陰陽師の謎

さて頼朝さんのリーディング 最初期のもの見つけました

先週辻堂に行ってきて(最近ツタヤ通い)。
辻堂の反対側歩いてたら頼朝さんの落馬の地がありました。


色々いわれてるじゃん。平家や義経の亡霊とか実は暗殺されてたとか。

でそのとき感じたのは脳溢血。

多分当時は雑木林に道があったようなとこじゃないかな。


で馬に乗ってるのですが。

手綱持ってる手に麻痺というか震えてるので多分麻痺が出て


で落馬という感じ。

で脳からの出血を感じました。

何でって?私もシンクロして凄く頭が痛かったもん。
で右半身が麻痺っぽくて。

その後はもう呂律も廻らず数日後に死亡って感じました。

実は頼朝暗殺説私も取ってたんですが。

理由はせっかく武家政権とったが都の公家の血を


入れたりで結局平家みたいなことし出したから

御家人の反感を買ってと思ってたんです。

がなんだかそんな物騒でなく普通に脳溢血。ちょっとがっかり。


で麻痺が出て呂律も廻んないから

昔の人は今みたいな医学的見地知らないから亡霊だって。

って感じます。

さてその後どっかの記事で やはり呪詛だなと思ったのですが

呪詛ですね~ やっぱ

呪詛で麻痺が現れて 呂律も回らず落馬

泡吹いてる気がします 落馬して

で呪詛はやはり陰陽系のです

どっかに書きましたが 橋の落成式で落馬だったでしょ?

ということはそこに必ず行くことがわかってたわけ

なので橋のたもとに埋めものして それ踏んだら発動!!

そんな感じと感じますな

鎌倉って結構都の陰陽師が移り住んで

鎌倉という都市も陰陽師がかかわったという研究ありますしね

ま、表ブログにしつこいほど書いてますが

鎌倉幕府でもっともいろんな意味で妖しいのは(あえてこの字)

大江広元さん

いやいや この方いろんな意味で妖しいです 都から呪術師連れてきてるんだなあと

思い切り感じます

鎌倉の仕掛け この方が仕切ってたのでは?

それこそ江戸の天海さん的な感じで

ちなみにこの方 土御門家と仲良かったんですよね~(安倍晴明の子孫さんの陰陽家)

私 鎌倉に陰陽師が移り住んだのって

この方が連れてきてたんだと思うのです はい

ちなみに 陰陽師って土木の技術やにんそく集めもしてたから

土木や河川工事のスペシャリストな一面もあったのです

江戸期に木曽三川の難工事を島津家が行った際も

三重の長島町あたりに移り住んでた陰陽師たちが

工事に参加してたりなのです はい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする