読者登録お願いします
スポンサーリンク

職場の人間関係でお悩みの方へ朗報です

私のとても仲の良い友人女性という方がいるのですが、こいつがマジで口が悪い!!

毒舌吐きまくり!!なのですが頭の回転も速く会話のテンポもよくとても面白いので私的にはかなり楽しいのです

ただこの女、職場でやはり嫌われまくりで本人も案外悩んでる

どこ行ってもそうなる~と

ま、そりゃあそうだわな~と普通に思う

職場でも人の悪口言いまくる人間なんて普通に嫌われるじゃん

一緒に言ってる人間にしても、私がいないとこでは言われてるんだろうな~と思う

スポンサーリンク

ましてそいつはたいていの人のことを嫌っちゃうわけですからね

人間って案外自分が嫌われてるということに対しての防衛本能というか察知能力はとてもたけてる

なので相手だって直接言われなくたって空気で分かる

自分を嫌う人に対してはやはり自分も嫌いますよね

そんなの当たり前の話なのです なのでどこ行っても嫌われるのは普通のことなのです

ただその分自分がががががーっといえる性格なのでいじめなんかには合わないという利点もありますが ははは

さて私事ですが、この手のブログを書いてるので私生活は罵詈雑言の嵐、口を開けば悪口のオンパレード!!

そんな上沼恵美ちゃん的な姿を想像されがちですが

案外悪口や愚痴云々言わない方なのです ま、その場の空気読んで皆さんがあれはないよね~的なこと言う場合はそうっすよね~と言う感じのことは言いますが

本音ではそんな大して思ってなかったりなのです

ま、しゃーないじゃん、どうせ何とかなるっしょくらいにしか思ってないですし

案外人間関係なんかもちゃっかりと出来てしまう方でして、トラブルというのはコメント欄くらい!!ははは

その理由ってすごく簡単

人間関係で一番悩むのって職場や学校、そして家庭とかじゃないっすか

私家庭持ってないし、職場~も結局私がお客さんを選ぶ立場なので嫌な顧客は取らないというちゃっかりな理由なのです

と言い切るとはい、おしまい~の話なのでもちっと膨らませます

単純に嫌いな人というものがあんまいないんですね~ 子供の頃から

やっぱジミヘンさんは観音様やお釈迦様、カートコバーンの生まれ変わりだったのね!!(最後は当然我らが押尾先生)

と思われがちですがそういうわけではないのです

単にそこまで人間様に興味がない、濃ゆい人間関係を構築する気がないだけなのです

嫌いな人って結局こっちがその人に凄くこだわってるわけじゃないですか

私の場合は嫌いな人っていないけどその代わりどうでもいい人はいるのです

もしくはどっちでもいい人

なのでそういう人に対してってこだわんないじゃないですか

嫌なことされようが悪口言われようが、だってどっちでもいい人なんだもん

嫌いな人を無くしましょ~というのが理想ですが中々そうはなれないと思うので、どっちでもいい人~位にしちゃえばいいんじゃないっすかね

人間関係って合わせ鏡でもある場合多いじゃないっすか

それこそ恋愛感情以外は

なのでこっちも悪い感情持たなきゃ相手だって、こっちが殺してやりたいほどに組んでる場合よりも少しは嫌わないかもですな~

それでもいじめられたり嫌がらせが続く場合はそんなのは簡単なお話で現実的対応すればいいだけ

証拠集めて、はい

そういう話じゃないですか 大人の職場のいじめというやつって本音を言えば対応ってそこまでむづかしくないと思うのです

我々のような愚夫愚民が職場で密に関係性を持つのって結局ほぼほぼ同じような下っ端じゃないですか

ええとこそこの現場の班長さん的な人位で

パートさんであれば古株パートにいじめられる~ことが多いじゃないっすか

そんな会社ぐるみやもっと大きな組織や国家ぐるみでいじめやつぶそうなんてことはほぼほぼない

ということは相手だって大したことはないし、訴えようが何しようが、会社や大きな組織ぐるみで相手を守る気なんてさらさらないくらいの相手じゃないっすか

そんな相手なのであちらに非がありそれを証明できればたいてい勝負ありなのです

そう考えたら大したことなくないっすか??

コメント

  1. れい より:

    人間に興味ない人は腹立たないって言ってましたね
    その人には全然興味なくても、会社で仕事が絡んでくると、頼りない上司とかにはムカついてしまいます
    もうすべて諦めたらいいんですかね
    何も期待してないつもりでも、何か期待してるってことですね

  2. 匿名 より:

    私もそのスタンスの時は、とても運が良くて、1年単位でポーンと状況が変わってました。
    が、嫉妬も多かった。けれどその嫉妬さえ気づかなかった。
    それが楽なのかもしれません。
    が、ある方に魂に残るような酷いことをされ、ずっとそれが原因で歩めないでいます。
    執着はダメなんだなあ、と思いつつも、恨むより幸せになる方が正しい、と言われても
    やっぱり動けない時は動けないんですよね。
    難しいです。

  3. 匿名 より:

    いいえ、組織は虐めるサイドの人間を守りますよ。
    それは組織・経営陣の自己保身のためです。

    もちろん指導や注意は入りますが、元々虐める人間なんて、その場で自己保身の言い訳、もしくはわかりましたって反省する態度を見せるでしょうが、

    現場の閉鎖された環境で苛めをやめることはない⇒
    虐められた側人事に相談⇒言い訳・その場限りの反省の態度
    ⇒の繰り返しで、
    組織もそんなもんにいつまでもかまってられないですし、
    強者(いじめる側)をそのままにし、弱者(いじめられる側)に我慢してもらうかです。
    組織は、企業イメージ等、組織を守るためそういう事実を隠蔽するために必死で動きます。
    「法」もそんなに力を持たないのが現状です。
    多くの方が訴えても、納得いく形になるのはごく一部です。
    多くの人は証拠集めを必死でし法の力を借りても、力及ばずです。
    労働審判は虐めた人間の処罰は出来ません。
    なぜなら虐めた人間が裁きを受けるのではなく、管理している人間が裁きを受けるので、管理者たちは必死に虐めた人間を庇うという意味ではなく、
    自己保身のためそういう事実は隠蔽、また虐められた人間を切る方向に向かい、その時はご丁寧に秘密保持契約書にサインをさせるというやり方です。

    証拠を集めたところで、そんな簡単なもんではないのが現状です。

  4. 猫のチャイ より:

    私も、挨拶はちゃんとするけど天気以外の話題は振らないスタンスでやってきてますが、それでも敵意を持たれてまいっちんぐなことも。
    何が気に入らないのかいきなり無視モードに入ってくるんですよねー。そして周りに人がいる時は普通に話し掛けてくるところがまた怖い。二人だと返事は「はぁ」か無視なのに、です。
    心当たりを探すとすれば、私のほうが若干(ほんとに若干)任される仕事が多いってことですが、それだって元はといえば「私あの人とは仕事出来ない」だの、この仕事はニガテだの言って仕事を選り好みしてきたその人自身の問題なのですが、そのことで八つ当たりされても、ねぇ。それも二人の時だけ。ほんと韓流ドラマのヒールを見てる気分で、だんだん笑えてきました。
    天網恢々疎にして漏らさず、という言葉を知らんのだろうなぁと、なま暖かい目で見てあげてる日々です。

  5. ジミヘン より:

    世の中にはワニガメのように理由もなくかみつく人間っていますからね~
    面倒な相手とは深入りせず表面的な対応で~ですよね

    むきにあって向かい合うのも本気で喧嘩する覚悟決めた時以外は面倒っすから

  6. ジミヘン より:

    守る守らない~は企業によってですよ~
    例えば大企業ではなく我々が雇っていただけるような中小零細であったり個人経営で労働法云々が知識のない経営者もたくさんいますし

    ましてや顧問弁護士が憑いてるとこの方が圧倒的に少ないっすから 
    やはり戦い方と知識というものも大事でして

    我が家はパパがガチの共産党の方なので、企業相手の戦い方云々もいろいろ教えてもらい~なのです
    ちなみにうちのパパは某大大企業相手の訴訟で勝ってますから
    10年かかりましたが

    なので絶対に勝てないわけでもないですしね~なのです

  7. おもち より:

    私は今の職場に変わり、人間関係に悩まされる事なくなりまして…。腹6分目の付き合いと、お笑い芸人のような(笑)相方さん笑いの耐えず仕事させて貰ってます。因みに、面倒くせぇ相手はこういう人なんだと思って関心もちません!!。負の感情持つと相手にも伝わるらしいので、無の感情で(笑)。

  8. 匿名 より:

    >ちなみにうちのパパは某大大企業相手の訴訟で勝ってますから
    10年かかりましたが

    ジミヘンさんのお父様はお金持ち!
    普通10年も弁護士費用なんて出せません。実際そこまでクライアントに負担をさせたくないとう善意の弁護士さんも多いので、「ここのことは忘れて前を向いて」みたいな結論が一般的です。
    勝ったとしても、それに見合う保証を手に出来ることはありませんしね。
    何より長期間戦うには経済的にも精神的にもタフでないと。

    ある一定のレベル以上の中小企業は難しいですが、
    いろんな方のブログを読むとジミヘンさんがおっしゃっているように、
    「労基」「訴訟」ってワードだけで、怯えて示談金などというよくわからないお金まで払ってしまうところもあるみたいですね(大笑)
    その方のブログを読むと、上司に指示に従ず、叱られ(当然です!w)
    頭に来たので、自分から辞めます!(自己都合w)にもかかわらず、
    翌日
    「労基に相談したら示談金をもらえと言われた。くれないなら民事訴訟も起こすつもりだ」と、いったら大変ビビッてお金をくれたという話しでした。
    示談金・民事訴訟など、 どれも全く当てはまらないワードです(爆)
    頓珍漢な全く当てはまらないワードでもちょっと法的なワードを出せば怯えてお金を出すところもあるみたいですね(笑)
    場所を選べば有効なのでしょうが・・そんなもの騙されるところでは働きたくもないですが。

  9. ジミヘン より:

    パパお金持ちではなく退職金をぶち込んだという家族にしたら迷惑ものです!
    ま、それでもやらにゃいかん時は人間あるのです

    母よく許したなあ〜と思います

  10. ジミヘン より:

    あとパパさん共産党の活動~のかただったので、共産党の方たちやユニオンなんかの方たちなんかも動いてくれてたと兄が言ってました

    共産党さんの主義主張が好き嫌いは置いといて、ただ市議会議員さんたちなんかは本当に市民のためによく働いてくれますよ~ 相談に行くと
    共産党の国会議員さんはう~んと思いますが、市会議員さんのような地方の小さな行政であれば共産党さんはいいよな~とすごく思います