読者登録お願いします
スポンサーリンク

鎌倉に家を建てると何故怖いか、魔都鎌倉の秘密

鎌倉は怖い、怖いとよく聞きますよね??

今でも家建てようとすると人の骨が出てくるんですよ~云々聞くじゃないですか

ま、あんな狭い街で御家人同士の内ゲバのような殺し合いがたくさんあった街だから、そりゃ怖いわな~という感覚でしたが

先日、自転車乗って藤沢市の山側の、大庭までサイクリングしてきましたが

スポンサーリンク

な~るへそ、そういう怖さもすごくあるわなと感じたことを

大庭というのは鎌倉の有力御家人の一つ、大庭氏が治めてたところで

大庭城というお城もあって(今はお城跡の公園)大庭氏のお城でしたがその後は太田道灌が改築し、最終的には小田原城の北条様のものになったお城

普通でいえば北条家という感覚ですが未だこのお城の意識の中では大庭氏が城主なんですね

大庭という場所だって単なる田舎の田んぼで、何とか町1丁目程度の大きさの支配地

江戸時代あたりの領地と比べたら鎌倉の御家人たちの領地なんて猫の額以下

そこを治めてたと言っても日出町3丁目を治めてて、実質部下なんかも多くて何十人単位(100人に近い何十人ではないでしょう、10人とか)

すごく規模の小さい領地なんです

ふときづいたのが、これだけ規模の小さい領地であればそこに住む支配下の人間たちの顔なんかみんな知ってるし、昔のお殿様と民の関係ではなく、小さな町工場の社長と従業員、従業員の家族も社長の家に呼ばれてご飯なんか食べてる

そんな感覚なんだろうな~

土地というものの最も濃い記憶というのも、のちの世に下った記憶よりも当時の小さなコミューンでの幸せな時代が最も色濃く残ってる

そんな気がします

後の世になって、領主が北条氏なんかになると結局は関八州の中のごくごく一部の領地にすぎませんが

大庭氏あたりの鎌倉時代であれば、大庭という小さな場所が本拠地でなおかつそこしか支配してないから大事にしますよね

その場所に強い執着持ちます

圧倒的な平氏を何故、犯罪者の子供として島流しにあった頼朝が破ったか 義経という軍事の天才が現れた云々はありますが

根本はそれだけ土地に執着していた当時の関東の武士たち、実はその土地の所有権はみとめられてなかったのです

どれだけ頑張って開墾しても

いつ所有権といり上げられちゃうかという不安がいつもあった

頼朝が掲げた一番の大義名分って、安倍政権たたきではないが、こんな世の中が悪いのは平氏政権のせいだ!!

ではなく、皆様が熱望している土地の所有権、私が政権を取った暁にはすべてすべて認めさせてすべていただきますなんです

これに鎌倉の武士団たちが賛同したという大きな流れがあるのです

そうかんがえたら、鎌倉一体という鎌倉御家人たちが治めていたこの辺りって、平安末期~鎌倉時代の領主たちの土地への執着心めっちゃ強いのです

滅ぼされた後でも、この土地はわしら一族のものだ!!って

そんなとこに家でも建てたら、そりゃあおっかないですよね

誰に土地に断りもなく家建ててるんだ!!

執着の本当に強いとこであればすいませんがおうち建てさせてもらいますといくら断っても当然NGなのでしょう

江戸時代であれば、幕府の一言で秋田から四国に転封というのが普通にあるのでそこまでに執着は持ちにくいですが

鎌倉のような土地の場合はような、建てさせていただきますという感じで所有権はもう私ですではなく、大事な土地を貸していただきます

貸していただいてるので、大事に土地を使わせていただきます

そっちの方がよいのかもですな

それプラス当時の領主だった方のとこのお墓に報告と

ちなみに私はここ買うときに当然当時の領主のお墓にご報告とお参り行ってます

コメント

  1. 読者 より:

    鎌倉のそのような土地は
    地鎮祭云々では 中々納得されないのでしょうね

    佐藤愛子さんの
    北海道のアイヌが住んでいた土地を購入しそこに家を建てたら 怪奇現象が起こり大変だったという話を想い出しました。

    そんな地鎮祭云々では収まらない土地を購入し 家を建て 家族が病気なんかになり
    精神病とかになった場合 どうしたら良いのでしょうか?

    スピ先生 霊能先生と言われる人達で収まりますか?

    住んだ人達が
    「この土地をお借りしてますという敬意を持って・・・
    気持ちは住まわせていただいてますという意識を忘れなければ 霊的影響は起こりにくいのでしょうか?

    それでも駄目なら思い切って
    売り払って引っ越ししかないですよね

    しかし
    このような土地でも影響受けずに住める人達もいるのかもしれませんね。

    よっぽど何か強いものを持っている。
    体質も含めて
    あとは 土地に選ばれたり?
    女性であれば土地のお嫁さんに選ばれたり?

    土地は合う合わない
    縁がある云々もありそう

    自分に合う土地ってどんな?

    住んでみなきゃわかりませんって言うのが
    正解かも☺

  2. ジミヘン より:

    お祭り云々で鎮まる土地もあれば鎮まらない土地もあるんじゃないっすかね
    その土地に乗っかってる人間の残像思念は鎮まっても土地自体の怒りや思いはなかなか無理かも
    そんな土地に住んで何かが起こるというのも人によって当然差はありますよ
    その人の因果や護りなんかで変わりますよ

    霊能先生なんかもそこまで認識してる人であれば対応は変わるのでしょうが(手を付けないも含め)しおれさえも意識しない人であれば普通に無理でしょうなb 逆に被害拡大の可能性も

    ま、引っ越ししかなのでしょう 本来は
    ただ簡単にそんな引っ越しはできないのも現実で 現実引っ越せないというのはやはりその土地との因縁が深いともいえるかも

  3. 読者 より:

    引っ越しは難しいです。
    賃貸物件なら すぐ引っ越せますがね。

    また土地の領主探す場合
    江戸時代のころからもっと前にさかのぼり
    鎌倉時代まで調べ
    そこでわかれば良いのですがわからない場合どうしたら良いでしょ。

    都内ですが昔は徳川管轄下というような事が書かれていて
    徳川家のお墓参り?と
    区の図書館で見た限りでは・・・

    徳川家のお墓参りに行って良いでしょうか

  4. チャム41 より:

    氏神さんとか大事だなと改めて。過去の領主の方も大事にされてたはずですから。
    地鎮祭も近場の大きな神社より氏神さんが良いのかもですね。

  5. えみ より:

    鎌倉…すごく重い空気感が漂っていてここは居たくないって一緒に訪れたときに言われたことがありましたー
    たくさんの人がいて賑やかな日中だったのですけど、全く別の景色にみえていたのか気持ち悪いって言っていましたね…
    車も混雑、人混みもすごくある印象ですが、何も感じず、そういった土地に遊びに訪れたりするのは影響はないのでしょうか?

  6. ジミヘン より:

    遊びにいっても影響ある人はあるでしょうしない人は受けにくいとしか
    そりゃあ人や場所によりますな ははは

  7. ジミヘン より:

    現実引っ越しは難しいですよねー
    わからない場合はうやはり地域の一宮であったり産土様(と氏神さまがこんどうですが)
    にじゃないっすかね

    とりあえず引っ越しの時は地域の神様にご挨拶って大事だと思います
    ちなみにこの辺りは土地自体の記憶が鎌倉ですから鎌倉時代で他の地域だったら別の時代がメインの意識の場合もありますから その土地自体が誰が領主だったかを考えるとよいかもですな

  8. ジミヘン より:

    都内でも、渋谷のように金王丸を祀ってる金王八幡にようなとこはやはりそこに参るのがいいのかもですし
    徳川幕府が町割りして切り開いたとこはやはり徳川の直轄的意識でしょうから
    徳川の墓参りというより地域の神社じゃないかな~とおもいます

    人が神として祀られてる神社が近くにあればそういうとこがいいかも 神田明神とか
    最後は何となくこっちかなーと言う勘で!!ははは

  9. よしお より:

    私のご先祖さまも、土地の契状に関することがあり、反故にされて、所有権を返す旨と異論がない旨を熊野牛王符に誓いを立てて奉納してるんです。
    それが元弘の乱の時で、我が家には、ずーっと700年伝わっているので、なるほどーって納得します。