読者登録お願いします
スポンサーリンク

完璧を求める人は太閤秀吉を見習えYO

さて昨日書かねばと思ったことがありましたので
ビジネスついでに

出来る方という人いるじゃないですか?そういうかたはですね、

完璧を求めずに妥協というものを覚える必要あります

ちなみに芸術や道を究める方は別ですが
一般的な方のお話DEATH。サラリーマンだったり社長さんであったり

仕事の重要事項に人と接することが大きく占める方は特に
出来るかたって、こうすればよいとか見えちゃうじゃないですか?

スポンサーリンク

えてして他人や同僚の足りない部分やあらが目に付いて
それがエスカレートするとあらさがしちゃったりで

そうするとですね、、人が寄ってこなくなったり社長だと人材難、
人が足りなくなっちゃったりなりがちなのです

真田丸でいえば太閤さんと石田三成さんの差といいますか
太閤さんって晩年まではたぶん日本市場屈指の人たらしじゃないですか?

たぶんおだてというのがメッチャうまかったのだと思います
実はそこまでたいしたことない相手でもなんてすごい男だ!!
そなたのような男は見たことがないまさに日の本一の男じゃ~

とか平気で言える方だったんだと思うのです

たとえば立花宗茂に
鎮西一とほめちゃうじゃないですか?

武も剛も九州一の武将であるぞと

確かにすごい武将ですが当時20くらいなのでこの方以上の戦歴やらの勇将はほかにもごろごろいるじゃん

ですが天下人にそういわれたらころっと行きますよね

太閤さんの人たらしは持って生まれた性格というよりも、実は環境因子のほうが強いのでは??と最近思うのです

この方、生まれが卑しいといいますか、最近の研究では実は農家の小倅以下の生まれ、被差別部落という生まれじゃないかという説もありまして

晩年に至るまで自分のルーツというのは母方にもっていったじゃないっすか

重用する縁者も母方や奥さんの親類ばかりで

父の縁者って誰も重用してない、それどころか父方の話って一切残ってないじゃないっすか

そのあたりからしてもそんな説があるのです

そんな生まれなので結局世の中を渡り歩くには相当卑屈にならざるを得あなかったんじゃないかという説があるのです

多分その頃からの生きるすべで人をほめてよい気持ちにさせる

そうするとその人は自分のために動いてくれるというのをしったんじゃないっすかね

天下人になってからも、この方基本的に子飼いの親衛隊的な人材が少ないじゃないっすか

それこそ故郷中村の親戚縁者の清正や正則、近江の小坊主光成位で

信長や家康のように生まれながらの一国一城の主ではなかったですから

古くからの家臣がいないじゃないっすか 基本的に

従ってるのは自分が天下人としての権力を持ってるからであり

家康の三河勢のような感じではない

そのあたりもあって、天下人となってからも人をほめて自分の虜にしてできれば忠実な部下にしてしまいたい

そんな思いもあり、当時の天下に名高い武将たちを次々とたらしこもうとしてたんすよね 有名なとこだと直江兼続さんのように

多分立花さんも、当時の秀吉にしたら本音は誰だ??くらいだったのでしょうが

まだ若いしこののちもしかして大化けするかもしれないから今のうちに

ほめて自分に心酔させとくか~、そんな軽い気持ちだったのかもですね

ま、それがのちの名称立花さんが豊臣家に尽くすということにもつながっていくのです

さて三成さんは~そのあたりの器量がないといいますか

多分この方ってすごくまじめで誠実すぎる方だったと思うのです

思ってもみないことなんて言ってはいけない

実現できないようなことなんか言ってはいけない、そんな誠実でまじめな生き物だったのでしょう

秀吉にすればそのあたりも含め最も信頼できる男ですが

トップとなるとやはり腹芸できないのは

人の心をとらえれないっすよね