読者登録お願いします
スポンサーリンク

いじめや職場のパワハラで悩まれてる方に

ss

おらが町名古屋を表参道風に撮影

うわ~名古屋っておっしゃれ~、まるでパリみたい!!

と思う方もいらっしゃるでしょうが全くそんなことはございません

私なんか未だに東京ジャパンにいくと

うわ~、でっかいビルばっか~と3丁目の夕日の六ちゃんのように

ビルを見上げて頭くらくら

青山あたりに行けばお洒落すぎて腰抜かす(その後当然救急搬送)

有様っすから

名古屋出身の友人知人たちが仕事や進学なんかで都内住んじゃうと

みなさん一様に絶対名古屋には帰れんわ~といいますからね

私もその一人です

さて我が家、父方も祖母方も代々呪術というものをやってまして

いわゆる民間の陰陽師といいますか、ま、拝み屋ですわな、

実態は

やはり昔は呪詛なんかもしてまして、つぶしあいのような感じもあった

(そうな)

そこで生き残るというのはなかなか大変なことらしく、

一応家訓のようなものが昔はあったのです

(今は全くなし)

祖母なんかから聞いたのですが

それは、負ける戦は絶対にするな、ということと決して表に出ちゃいけないということなんですね

まあ、呪術なんか多少はかすったような私からすれば当たり前のあたりまえすぎなのですが

ただこれってすごく重要

今の世にも通用すると思ってます

前者は私のコンサルや相談なんかで常に心掛けてアドバイスします

ということで喧嘩の流儀(伊集院風)当然野球好きの光じゃないほう!!

大人の喧嘩って絶対に負けてはいけないのです

負ける=致命傷になりかねないからなのです

スポンサーリンク

大人の喧嘩の代償って結局お金じゃないっすか

今日日、ヤクザであっても指なんか持って行ってもこんなのいらね~よ、それより金作ってこい!!が主流じゃないっすか

それこそよほどのメンツが大事!!という場面以外は血の代償もお金

代償がお金って往々にして再起ができなくなること多いのです

企業なんかもそうなんすよ

そんな大きくないお店なんかも 近隣にライバル店ができ戦争に負けたらお店たたんじゃう

訴訟云々も同じ

負ける=莫大な額を払うのです

なので喧嘩するなら必ずかつ算段をしてからしなければいけない

読者さんの相談なんかでもいじめやパワハラ関係の相談も多いのですが

そのときも必ずかつ算段させてから喧嘩しな~なんです

被害受けてて、頑張って喧嘩してそこで負けたら目も当てられないし

精神的にも立ち上がれない

当然会社なんか自主退職となるので金銭的にも厳しくなる

それは絶対避けないといけないのです

子供の喧嘩であればでかくて、体力がある云々で勝敗が決まりますが

大人の喧嘩って結局どれだけ理屈をとれるかと

社会の空気なんです

今これだけセクハラ、パワハラが社会問題になってるのできちんと証拠集めてきちんと戦えば勝てる場合多いのですが

これが昭和の時代だったらなかなか厳しかったと思うのです

なにいってるんだ?そんなのあたりまえのことだろ!!

そんな空気じゃないっすか

そこの空気を読むってすごく大事なのです

さてもひとつ大事なことが

人間ですね 勝てないとわかってっても戦わなきゃいけないときって

一生のうちに一度くらいはある場合もある

家康なんかでいえば武田信玄に手痛い敗戦を喰らった三方ヶ原の戦いのように

ここで逃げたら名折れで今まで作った信頼やネームバリューがくづれちゃう そういう場合なんです

若しくはどうしてもそういう場面に巻き込まれるとき

逃げれないと言いますか

やはりコンサルのお仕事しててもクライアントさんなんかで

そういう場面がなくはない

さてそういう時に何が一番大事か

皆さん喧嘩や勝負って勝つための戦略ばかり考えるじゃないっすか?

そこが危機管理としては足りないとこでして

負ける戦をどうするかが大事 そりゃあそんな戦もどうにかして勝てればいいけど初めから無理、しかも逃げれない場合もある

そういうときって負け方を最初から考えておくのです

どう負けるのが一番ダメージが少ないか

これってすごく大事

逆に言えば勝ち方をシュミレーション道理に持っていくよりもずっと簡単

なぜって勝とうとすれば相手も必死で抗うので思い通りにはいかない

逆にこちらが思い通りの負け方にもっていこうとすれば相手もそれに乗って動く

ある意味消極的な罠ですよね これも

この設定絶対大事です

もひとつ負けとわかってる喧嘩をする意味

先ごろ亡くなった作家の安部譲二さんが常日頃行ってたことがありまして

この方若いころからヤクザだったじゃないっすか

そのヤクザの発想で名前を売るための喧嘩なんです

誰もが恐れる相手に喧嘩を売って圧倒的にボコられるけど決して参ったをしない

その結果あいつ根性あるわ!!と名も上がるしあんな面倒な奴には

喧嘩を売るのはやめようと防衛にもなる

これもありなんです 例えばいじめや職場のパワハラなんかで舐められまくってる場合なんか

これ凄く大事

ま、本来は絶対に負けないように算段とってからが良いですが

さて人間ですね 早めに逃げるというのもすごく大事

人間本当に追い込まれると体は硬直するは頭はフリーズするわで逃げれないしまともな思考ができなくなる

そうなったら誰かの助けがない限りどうにもならない

そうなる前に、まだ正常な判断能力が残ってる間に逃げましょう

追い込まれてからでは遅いですから

逃げるのは恥と思うのなら

面子を非常に重要視した帝国陸軍の奥の手

180度回転して全力で前進 そう考えればいいのです

逃げたら次も同じことが繰り返す~ではなく

全力で未来に向かって走ります それでいいじゃん

まずは自分を大事にいたしましょう

コメント

  1. 匿名 より:

    180度回転して、全力で前進♪
    いいですね。

    今、上司の方達動いてくださってるので、もう少し様子を判断します!

    きちんと動いてくれた上司初めてなので、もう少しがんばります。

  2. osio より:

    ジミヘンさんのブログは、いつも優しいですね。なんていうか、励まされます!うさぎにも癒やされます!水木氏の名言、良いです。この年になると、薄い励ましとか虚しいですからね。

  3. 匿名2 より:

    匿名さん

    とても良い上司ですね。
    管理職とは、本来そういうものなんですけど、
    幼稚な精神性の方が管理職になると、嫉妬・妬み・コンプレックス・自己保身等で、
    まともに人材を管理できる方は少ないのではないでしょうか。

    コンプレックスが激しい人は、自分の力を見せつけるために加害者に加わったり。
    でも自己保身型が一番多いと思います。
    面倒な問題はスルーし、虐められている人には面倒なので自主退職を願う。

    その上司とともに、良いように動いてくれることを
    祈ってます。

  4. ぞうさん より:

    皆様のご意見参考になります。
    うちの職場も例に漏れず、パワハラ横行で、面談なんて、単なる吊し上げです。
    で、上野千鶴子先生曰く、「組織に自浄能力は無く、外圧と体裁でしか変わらない」と「どめを刺さず弄びなさい。」の通りに、上司へ「面談の状況をネットで動画配信してもいいですよ。世の中の方々に、これが正しいかどうかジャッジしてもらったらどうですか」と提案したら、件の面談無くなりました。
    そもそも舐められているなら、その相手が味方になることは無いので、上手に利用するくらいに考えた方がいいと思います。皆さん、真面目に考えすぎると、自分を壊してしまいます。どうか、どのような状況でも自分を大切になさって頂けたらと存じます。

  5. moco より:

    上司も逃げ腰で虐める古株や
    大人しい古株を虐める偉そうな新人と対峙する勇気は無いので、まぁまぁと宥めて全く解決にならず。
    その上の上司も両者に良い事言って口裏合わせでお終い。
    結果、告げ口した!とイジメは酷くなり。
    こんな会社、喧嘩するだけの相手では無い!と辞めるのも一つの道ですよね。
    そこにとどまっても逃げる事すら考えられなくなってしまいますよね。
    本当に真面目な方や、頑張る方が追い詰められない様にと思います。

  6. ジミヘン より:

    人間頑張れ~なんてわかってるんですよね わかってっても頑張れないときあるよ!!
    水木さんって戦争で壮絶な経験してその後も40すぎまで本当に極貧だったので

    〇〇出版のほんのように引き寄せ~や設定~云々のように軽くないんすよね
    しかも優しいですよね

  7. ジミヘン より:

    上野先生の言葉って真理っすよね~ あと組織って必ず腐っていきます
    寿命があると思います

    そこの認識を持ってない経営者って多いっすよね~
    まじめで優しい方って結構追い詰められちゃうじゃないっすか

    私なんかはそういう人こそ知識をつけて自己防衛できないとだと思います

    悪い人ってすごく悪さたくらむじゃないっすか 性悪なうえに計算するのですから
    そりゃ勝てない

    だったら性悪以上に物事考えとかないとですよね~

    それだけ考えてもどうにもならない場合は逃げましょう
    人生ですね そこで頑張って学んで死んじゃうよりも
    逃げても生き残ることが重要です

    生きるということ以上に価値のあることはないです

    • 匿名 より:

      悪い人、本当にずる賢いって感じます。
      大人しい人の評価下げる悪評流したり、聞こえるように悪口言ったり、意地悪いな〜って思います。
       ご本人の家庭の鬱憤を、会社の中で発散させてるのかなとも感じました。やられてる人は、いい迷惑です。
       やっぱり逃げるしかないのですかね。

      方向転換して違う道に行った方が良いのですかね〜。

  8. osio より:

    私もいろいろ有りましたが、今はどんなに恰好悪くても、生きることとシンプルに思います。ジタバタしてスピを覗き、なんかピンと来ないななんて、結局平和ですね。

  9. ジミヘン より:

    人間何もかも悟ったように~もいいけど
    生きるというのはみっともなくじたばたあがいてというものですから

    泣いたり叫んだりみっともなくても生きていきましょう 死んだら駄目よと