読者登録お願いします
スポンサーリンク

武蔵と十兵衛、最強剣士はどっちだ?

さて宮本武蔵さんですが
ちなみにこの武蔵リーディングは一番自信ないシリーズです

ま、外れでしょう

ははは

なので新たな武蔵小説という感じで

さてさて武蔵さん

スポンサーリンク

実は仕官は御三家筆頭尾張家狙ってました

俺くらいの武芸者だったらそこくらいがぴったりって

だってさあ

江戸の柳生弱いじゃん

なのに将軍家指南役でしょ?
だったら俺御三家筆頭ね~

何々、柳生兵庫助が指南役?

どうせたいしたことないだろ?
一つ見に行ってみるか

ついでに打ち倒して恥かかせてやるかな

って感じで尾張の国へ

お団子食べておしっこしてえっこらせと


城のほうにでもいってみるべえなあ

金シャチとかいうのも見てみたいしなあ

と思って立ち上がると

向こうからなんだか雰囲気のあるお侍さんがやってきて

すれ違ったときに むむむ!!と感じて

もしやあれがうわさの兵庫助かあって

でですね

そのとき悟ったわけ

これは試合なんか絶対組んでもらえないし

たとえ勝ったとしても召抱えてはもらえまい

戦ったとしたら

勝つか負けるかは五分五分

たとえ勝っても無事には帰してくれないだろうなと

(尾張藩の名誉にかけて殺されちゃうな その場で)

っておもって

こんなそんな勝負はいちぬ~けたって思ったのでは?
なぜに召抱えられないと思ったかといいますと

外資のスーツをばりっと着こなしたエリートサラリーマンの中に
田舎のヤンキーのようなスウェット着て

入社させろ~と叫ぶ感じといますか

そんな場違い感感じたのでしょう

ま、小説のようにほんとうに面識があったとしたらですよ

さてさてお江戸の柳生に対してですが

結構柳生宗矩の影響大きかったと思うのです

とくに後半生は ということで続く

ちなみに宗矩の息子十兵衛さん

この方の著作は武蔵さんの五輪の書と違い

純粋に剣の奥義をと思いかかれた気が

そこはやはり大目付のせがれというボンボンだけに

生活云々の心配なく剣の道のみ進めたという経済的基盤が大きかったのでしょうね

コメント

  1. 猫のチャイ より:

    外資系のパリッとスーツとスエットのヤンキーのたとえ、非常に分かりやすいです。(笑)

    どんなに腕が立っても、佇まいと背後に飲まれたんですね。
    でもそこで「ハデに散ってやろーじゃねーか」じゃなく、相応のステージに帰る賢さが、後世に名を残す理由のひとつでしょうか。

  2. くう より:

    つい魔界転生(沢田研二版)を思い出します。緒方武蔵と千葉十兵衛の時代を超えての戦いや若山但馬守の葛藤、佳那さんのガラシャも好きでした。沢田研二と真田弘之はキスするし。志穂美さんも出てたような。いつも適当なコメですみません。

  3. ジミヘン より:

    やはり御三家の剣術指南であれば それなりの恰好って大事っすよね
    藩の面目にかかりますから

    そのあたりの感覚が足りなかったんでしょうな 武蔵さんは
    自分でも似合わないとあきらめてた感も

    武蔵さんは良い意味でのこ狡さがありますね まずは負けないこと、その目的のためには何でもやる そういう方だからこそ生き残れたのでしょう

    多分名誉のために潔く腹を切る そんな発想はない方でしょうな
    そういうのを横目で見て 1銭の金にもならんのにバカな奴(谷津)
    そんな感じだったんじゃないかな~ 

  4. ジミヘン より:

    あら、BL要素たっぷりだったんすね!!

    今のジュリーが魔界転生リメイクで イケメン俳優とぶちゅ~とやったら
    面白かろうな~

    サニー千葉ちゃんの息子辺りと
    劇場中で大悲鳴~みたいな

    ガラシャさんをゆりあんで全米を絶叫~みたいな ポロリなガラシャ