読者登録お願いします
スポンサーリンク

剣聖宮本武蔵をリーディング

妄想宮本武蔵です
完全な妄想ですが

物語りもかなり入ってるので

物語ということで

前田慶次さんもそうですが

行動の根本が認められるだけの力を持っていながらも認められないというすねがあります

前田さんの場合はそれがかぶきものという方向に
この方また取り上げます

スポンサーリンク

ま、生き残れたのも加賀100万石という

大名跡があったというのは大きいです

当時の文化人たちとの交流も

さて武蔵さん この方が一番ほしがったのは

徳川御三家筆頭
尾張家への兵法指南としての仕官だったんじゃないかと

当時の兵法家全般そうですが

特にこの方は過剰なまでのパフォーマンスというか感じます

ただそれが身を結んだかというと逆効果で
武蔵さんはいかに自分が人間離れした強さというアピールですが

時代の為政者はもうそれを必要としない

もっというとよしとしない
時代に変わってたのです

残念ながら田舎の礼儀作法もしらない

ただの荒くれもの的に
この方いろいろ才があり器用そうに見えますが

実は一番大事な

生き方が不器用スマートではないのです

後年それを悔いてたきがします

それを反面教師に養子の伊織に接したんじゃないかなあ
いわゆる豪傑タイプはこれからはあかんぞ!!って

なので伊織さんの印象すごくスマートです

今だったら高級官僚(上級国民)になってるだろうし

武蔵はさせたんじゃないかなあ

さて武蔵さん

もっとも意識してたのがやはり柳生さんです

将軍家指南役の柳生但馬守さんにたいしてはライバル意識はないです
俺のほうが強いと

ただ後年但馬守サンに対しての評価

すごく変わります

それは後ほど

この方の興味の対象は尾張柳生の総帥名人と謳われた兵庫助です
このあたりは 小説でもかかれてますが

小説ではどれくらい強いか確かめたいですが

実際は俺のほうが強いと示して指南役の座を奪い取りたいだった気が

とこれ令和の小説宮本武蔵ということで

続く はい