読者登録お願いします
スポンサーリンク

家族は少しでも希望が持てると宝物になるのです

何人かのかたに 病気用のブレス組ませていただいてます
お父さんお母さんが癌という方が多いです

私のブレスで効果があるか分からんです


こんなつもりで組ませていただいてますというのを

たとえば 余命3ヶ月だったとするじゃないですか

スポンサーリンク

それを完治するに越したことはないですが

3ヶ月が半年生き延びたとするじゃないですか?

私の父も癌になったので 家族の気持ち分かるんです


その伸びた 3ヶ月 たった3ヶ月がうれしいし

とても大切なんです

たった3ヶ月でも

なくなって落ち着いたときに

お父さん3ヶ月よくがんばったよねって家族で言えるだけで貴重な時間ですし

お父さんは3ヶ月辛いかもですが

家族にとっては宝物になるんです

なので3ヶ月がまんしてね

ははは

命は本人だけのではなく
家族のものでありかかわるすべての人のものですから

いつも言うように

それとかさ

結局3ヶ月でなくなっちゃっても

一時的にでも状態が落ち着いて一時帰宅できたり

回復の兆しがあったというその事実だけで

家族ってうれしいんです

宝物なんです

なので

ほんの少しだけでもそのお手伝いになればと思ってたりなのです
やっぱさあ

意識不明になっちゃって

回復の見込みがなくても

一瞬でも

何か変化があるだけでうれしいじゃないですか?
残されたものはそれだけで残りの何十年間

良い思いで

お父さんの最後を思い出すときに

ふわ~っとやわらかい気持ちになれますから

と思ったりなのです

はい

私、病気も介護もですね

ご本人もですが
じつはそれ以上にご家族様のフォローといいますか

精神的にも現実的にも手助けや緩和が必要だと思ってるのです
仏教ってなくなった方のためのものっておもうでしょ?

本当は残された家族や関係のあった方たちや

今現実に生きてる方が
希望を持てたり

生きやすくする知恵のものであってほしいと思ってるんです

だってさあ

亡くなるかたはさ

さくっと自分だけで行っちゃうわけじゃん
もしかしたら極楽浄土でメッチャいい世界で

生きてたときのことや家族なんかも

すっかり忘れるくらいの極楽かもじゃん

それよりも大切な方を失った家族のほうが

辛いと思いますから

とおもったりなのです

はい さよなら~

コメント

  1. 岩根美香 より:

    ジミヘンさん、本当ですね。

    発覚した折はもう末期癌で
    余命幾ばくもなく
    「お父さん、元気だったのに
    どうしてこんな事に
    なったのかねぇ。」
    「ホントねぇ。」と父。
    お見舞いの方々には
    「健診は受けた方がいいですよ。
    お身体大切になさって下さい。」
    私にはいつも
    「子供達が大事だから
    もう帰りなさい。」と。

    その姿を見せてくれたことで
    今、未熟な私がへらへら笑って
    生きる事が出来てます。

  2. 読者 より:

    仏教を亡くなられた方達の為だけでなく
    生きている人達の指針とか 道しるべ的な
    感じで もっと浸透していっても良さそうですね。

    仏教って 哲学であるという人もいて

    だからといって仏教系の新興宗教は好きではありませんがそこで心が慰められて 生きていく為の元気をもらって 本人も満足さてればそれもありかな~わたしは新興宗教は×ですが・・・

    お寺さんで開催される写経教室に参加したり 法話聞いたりもありだし
    でも若い人達からすれば 仏教は古くさいと
    お盆のお墓参りだけでいいっしょみたいなのあるかも。
    50年後とかって お寺さんの様子も変わりそうですね。
    区画整理土地開発で神社仏閣が取り壊されなければいいなと。

    最近流行りの樹木葬見て思ったり。

  3. 読者 より:

    現在は

    心の慰めは仏教ではなく

    魔法の箱
    スマホでしょうか

    スマホ教

    いいあんばいに 人々に浸透し 洗脳していきますから・・・

  4. 猫のチャイ より:

    月参りのお経を上げてくれるうちのお坊さんは、「普通、仏教を意識するのって葬式や法事の時が多いと思いますが、死んでからじゃなく、生きている時の指針になるべく、私ら僧侶も努力しないといけません」とお話をされます。
    今も定期的に東北の被災地をまわったり、灌仏会の頃には毎年ぶっとん君(←ゆるキャラです。奈良のツノ生えたアレとは違ってかわいい。)を呼んで地域のちびっこを集めてレクリエーションをしてくれたり。
    歴史のあるお寺で、現在も檀家が多いから出来ることなのかもしれませんが、費用と手間がかかるだけで義務でもないのに続けていらっしゃる姿勢をみせることも、修行と布教と考えていらっしゃるんだろうなぁと思っています。
    良いお坊さんとのご縁に感謝です。

  5. ジミヘン より:

    仏教もですが 宗教ってもっと生きてる人間に寄り添うといいますか

    本来は救いになるべきっすよね~
    精神的な救いに 本当は信仰ってその宗教の経典なり神様なりを
    信仰することで心の平穏を得れたり

    あんま人の道を外れないようにしたり そんなためのものじゃないっすか

    今ではすっかりスピやらカウンセリングにとってかわられてますが

    信仰によってお悩みや不安が少なくなる生き方の提示と言いますか

    逆にそれができない宗教って 淘汰される運命なんじゃないかと

  6. ジミヘン より:

    デブ選と一部でよばれるわたくしの癒しは熟女の下っ腹です ははは

    スマホ依存って確かにある意味の癒しかもですね~

    アイフォンにしてから私も暇があるといじってますもん

  7. 茶々のおやぢ より:

    ジミヘン様 いつも勉強させてもらってまっす!
    本当おっしゃる通りだと思いました。亡くなった方へ!という意味もあるでしょうが、生きている残された家族の為でもある信仰とか宗教が良いなぁと思いました。
    私の母は昨年75歳で他界しました。溺死でした。車で一人出かけた先での事でした。
    あっけなくと言うか前日まで普通に会っていたのに、スーッと消えちゃうんですね、人って。
    亡くなり方が亡くなり方なので、毎日朝晩観音経と般若心経唱えてたんです。で、ある日『こうやってお経唱えているときだけでも心が穏やかになるのは、不思議やなぁ』『お経って、死んだ人の為だけじゃなくって、生きとる人間の為だったんやなぁ』って思いました。
     今頃母が『こっちは最高よー!アンタ達がんばんなさいよ〜』って言って
    家族のことなどケロッと忘れてるかもなーって。でもそれも良しやなぁと思いました〜

    これからも いろいろ教えてください 長々とすみません。

  8. あー坊 より:

    ご縁あって助勤に上がらせていただいている先ですが、最近お宮参りのお手伝いが多いのです。氏子さんたちのお子さん、お孫さんたちに頼りにされてるんだなぁと思うと同時に、お参りに来てくださる皆様が、人生の節目などに何か思うことがあったときに。心の拠り所として立ち寄ってもらえるところであったら、素敵だなと。
    ご祈祷で全てが解決するとは思いませんが(それは甘すぎ)ご本人の努力を氏神さまは見守ってる、それが自信に繋がっていくのかなぁと思いながら、お手伝いをしています。

  9. ジミヘン より:

    いや~私なんかが教えれることなんかないっすよ!!

    お経やらの意味って分かんないじゃないっすか~
    多分意味云々よりもそのおきょおうに触れた(お経との縁に触れた)
    ということで効果があるんじゃないっすかね

    大事なのは縁に触れるといいますか ああ、お経やほとけさまに触れる縁があったから
    大丈夫だわ~と

    そんな心の平穏をでも宗教の意味ってありますよね
    それが科学として正しい正しくないではなく

    宗教と化学は別のフィールドでいいんじゃないっすかね

    宗教の役割はかがくとはべつのやくわりで縁に触れて心の平穏やら
    そんなことでも

    そこを信じれるかどうかが信仰の力ということで

  10. ジミヘン より:

    私もいろんなジャンルの方お会いしますが うまくいってる方ってやはり先祖供養しっかりしてます 墓参りや年期法要大事にしてますし

    家に元からある屋敷稲荷やら必ず大事にしてます
    屋敷稲荷やらって今から私の代で勧請よりも

    結局祀ってた家に生まれた事がご縁なんだろうな~
    そのご縁を大事にするとたすけてくれるんだろうな~To

    結局氏子としてその地域の神社との縁を大事にする方も同じだろうな
    縁を大事にってやっぱ大事です