読者登録お願いします
スポンサーリンク

義務教育は出来れば行ったほうがいいんじゃないっすか?

さてヤフーニュース見てたら面白い動画が

すげえ~!!振付って学生さんや顧問の先生なんですかね?

春の選抜で問題になった習志野高校の爆音ブラスバンドではなく

アルプススタンドでチアガールの代わりにこれで応援してくんないっすかね?

スポンサーリンク

翌日スポーツ紙1面じゃないっすか??

さてなんだか義務教育には行かせなくてもいいとかそんな論調もあるようですね

いやいや、行かせろよ、義務教育だもん

行きたくないから行かなくていいっておかしくないか?

義務教育でと思うのです

行きたくないと行く努力はしてもどうしてもいけないって別じゃないですか?

後者であれば仕方ないと思うのです

行くことで精神やら壊れちゃう可能性あるので

ただそれであっても代替えの教育やらは大事だと思うのです

出来れば少しずつでも行けるようにしていく努力も大事だと

前者って小学校、中学なんて無駄でそんなとこ行かなくても稼げちゃうじゃんという論調多そうじゃないっすか

私思うに稼げるからといかなくて言いは別もんだと

義務教育って確かに大人になってなんか役に立ったかな?と思うと

直接的にはそんな立ってない気はせんでもない

九九にしても電卓でもできそうだし

因数分解なんて使ったことがない

のですが多分直接は無関係に思えてもなんかしらの影響や

私を作ってる因子になってる気がするのです

栄養なんかと同じで大事 社会性やら人間関係を悩みながら構築であったり嫌なこともやらんといかんというのだって大事

多分家庭だけでは経験できないことを経験するのって凄く大事だと思うのです

あとですね やはり不登校の場合よりも生き方や仕事の選択が広がるじゃないっすか 其れだって大事

大抵行かなくていいという論調って 成功した人が言うじゃないですか

そういう人って能力があるから成功できたわけですが

逆にその陰では成功できない屍って凄くあると思うのです

というか表に出ない屍が主でしょと思う

人間が生きるということでお金もうけて成功するのって凄く大事ですが

大事なのってそれだけじゃないじゃんとおもったりもです

例えばホリエモンさん この方結構極論言いますが

全て本音かなあ?と思うこともあったりも

あえて極論言って議論を起こすというのもあったり

それにホリエモンさんの素の姿は知りませんが

テレビのままが素であったとして ホリエモンになるほどの

能力もなく社会に埋もれてる人物だったら

結構大変なんじゃないかと思ったりもするんですね

11歳の哲学者という方がいるそうで その方に送ったメッセージが凄く素晴らしかったので子役のはるかぜちゃんのメッセージを

https://www.j-cast.com/2017/01/12287933.html?p=all

コメント

  1. 読者 より:

    おはようございます。
    義務教育は 教科書に沿った学習も大切ですが その他 様々なイベントがあったり 人間関係 他人とのかかわり合いを身に付ける大切な時期です。

    確かにこの時期に子どもがなんらかの事情で通学出来なくなり家に引きこもるとなると本人もご家族の方達もどれだけ心を痛める事でしょう。

    また進路についても
    もっと先々の不安も抱え込む事になったり
    と深刻な問題にもつながります。

    家族だけの対応や在籍している学校との関わりだけでは中々サポート出来ないのが現状です。

    うちの子どもは 対人関係がうまくいかず中学1年の6月から不登校になりまして 区の教育センターに 通っていました。
    学校へ通えなくなってしまった〇馬区内の公立の小中学生が通っています。

    穏やかな先生方達のサポートの中 自分のペースで学習し 途中から在籍校へ戻る子達もいます。

    駅から近く緑に囲まれたとても良い環境の中建物もとてもきれいで区内ではとても充実したセンターです

    先生方も一人一人を暖かな目で見守り 子ども達へのアプローチの仕方も関心させられるところが多くまた心理カウンセラーさんも常設しており定期的な面談があったり三者面談の際にも 高校の進路についても とても熱心に相談に乗ってくださり 情報もわりと多いです。

    子供も 元気に喜んで通うようになり行事にも参加出来るようになったりと大変お世話になりました。

    他の地域でも 何らかの事情(いじめや精神的病や身体の不調等)で学校へ通えなくなった子ども達をサポートする機関があると思いますが そのような場所は
    子ども達にとっては 大切な居場所となり
    ますので教育委員会はこれからも 他の地域とも連携をとりながら しっかりと定着させて頂きたいですね。

  2. ジミヘン より:

    私はですね 行ける行けないで行けない場合以外は義務教育はいくべきと思ってます
    必要云々という議論自体がおかしくですね

    義務教育って税金と同じで義務じゃないっすか
    行かせないというのは親の責任放棄だと思います はい

    無駄云々という議論自体がおかしいですよね~

    その議論であれば法改正をするしないという議論が正しいかと
    普通に考えれば

    その教育センター凄くいいですね いけない子供さんたちって親子ともに多分凄く不安だと思うのです 将来なんか考えると

    是非とも地域全体で支えていける体制を全国津々浦々構築してほしいですよね

    子供って国の宝ですもん その宝の可能性をつぶさない国の支援って凄く大事です
    どの子にも無限の可能性ってあるじゃないっすか

    平等って結果の平等ではなく参加の平等ですから みんなが自分の可能性を拡げる教育に参加できる環境凄い大事ですよね!!

  3. とくめい(ぼんくら より:

    私は小学校高学年の時に強迫性障害という心の病にかかり、生活もままならなくなり学校に行きたくても行けなくなってしまいました。
    不登校が今よりはレアケースで、子供が多い私の地域で学校を休む事はかなり浮く存在となる事は明白でした。当時はまだ病名も分からず治療も受けられず頑張って登校していましたが、ある朝“限界だ”と思い、苦渋の決断をしました。

    今、学校に行かない選択をした小学生ユーチューバーが話題になってるようですが、もしいじめや病気、障害がある訳でもなく、
    単に行きたくないだけの理由なら疑問に思います。

    これから何十年も社会の中で行きていくのに、集団生活やルールに馴染む努力もせぬままに簡単に行かない選択をして良いものかと‥。
    集団の中でしか学べない事が沢山あるし、今後人生思い通りに選択できない事ばかりなのに、今は良くても行く行く困るのは本人だと思います。

    私は四年後復学した時、集団生活の感覚が抜けていてかなり空気の読めない変わり者になっていて、戻すのに苦労しました。
    ブランクの期間に学べなかった多くの事が未だにコンプレックスだし、学力的に困る事もあります。
    何より不登校期間に個人塾で多少勉強はしていたものの、同年代と肩を並べて学習する喜びは他に代え難いものがありましたよ。

    子供をユーチューバーにさせる親、どうかしてる‥。子供は人生経験がないのだから、良いも悪いも分からないのは当たり前で。
    動画撮る暇があったら本当に必要な教育を見極め受けさせるのが大人の務めでは‥。応援の方向がおかしい‥と思いました。

    黒柳徹子が先日ユニセフの視察でレバノンに行った事をインスタにupしてました。
    “私は小学校の授業中に空襲にあい(中略)どうして、あんな戦争の最中に学校に行かされたんだろう?と不思議に思っていました。でも、学校にも行けず大人に混ざって難民になっている子ども達の事を考えると、戦争中であっても一番脳が成長する時期に学校に行く事は重要な事だったのです”

    戦争という非常事態下でも、義務にしてまでも、学校教育は必要だからあるんだと思います。

    はるかぜちゃん、素晴らしいですね。

    登美丘高校は動画後半に出てくるのがOGのアカネコーチですよ。20代の若い先生ですが、振り付けから動画制作、マルチにこなしてて凄いです。バブリーダンスもですがエアロビ、大阪のおばちゃんダンスも凄すぎです。

  4. ジミヘン より:

    そうなんですよ!!学校って良い学校に行って賢く稼ぐ方法を学ぶという場だけの役割じゃないと思うのです
    結局ええとしこいてやっと気づいたのが

    くだらん規則やらよくわからんものでがんじがらめじゃないっすか
    それが必要か不必要かはわからんですが そういう規則やがんじがらめで窮屈なとこ

    色んな生徒や生徒のなかで社会性を身に着けるという大きな役割があるんじゃないかと
    社会に出たら学生さんの時なんかと比べれないくらいに理不尽で不条理ばっかじゃないっすか

    しかも嫌ならやめな~ その代わり収入なくなっちゃうという
    社会性ってある意味耐性ともいえるので

    その体制を身に着ける 我慢を身につける場ともですよね

    ゆとり以降このお国も自由とか嫌なことはやらないでいいとかいう方向に行ってますが
    (変な平等主義も)

    社会に出たら我慢しないとやっていけないことばっかですからね~
    結局は はい