読者登録お願いします
スポンサーリンク

効果的な式神の使い方 at陰陽師

皆さん大好きな呪詛 ま、基本歴史は呪詛の歴史でして

洋の東西問わず それだけ 憎しみや嫉妬いろんなものの塊なのでな

人間って

昔の合戦ってですね ただ武力と調略だけだと思ってますが 合戦は呪詛とセットなのです
当たり前ですが

スポンサーリンク

お抱えの祈祷しなんかが 祈祷したり占ったりしていろいろ決めたりもするわけ

日取りとかさ

さて何がいいたいかといいますと 特にないんだけど 書いてみました ははは

式神っているでしょ?あれ作ったり使うときに いわれてたことがあってですね

たとえば蛇 ま、うちは蛇を使ってましたから 蛇の特性をちゃんと使いなさいって

そうじゃないと式として働かないし不完全だってね
式に蛇を使うのに

たとえば鳥のように空を飛ばせようとかそういうのは駄目なわけ 当たり前ですが
そのものの習性を使わないと

たとえば蜂 結構四国なんかは使いますよね~

蜂はですね 毒をもってって飛んできて刺すわけ 襲うというものなのです
ついでにいますと 蜂の式を使うときはですね

基本2匹セットでです はい スズメバチは その蜂の式に襲われて 一匹を殺したらですね
たいていもう片方に襲われるのです

なぜって 蜂の式ってそういうものですから あとはねずみであったり ムカデなんかも

ねずみはですね 合戦で相手の弓を噛み切らせる という使い方で使ったり はい
だれも触らない弓のつるが切れてる

というよりは 戦いのさなか 弓が切れる という感じの式になります はい