読者登録お願いします
スポンサーリンク

上手に願いを届ける方法

さて現世利益信仰の真髄といいますか なぜにかなわないのか?
その先が明確ではないからなのです

ま、あくまでも私はそうかな~と思うという話で

本当にそうかはわからんです

スポンサーリンク

皆さん彼氏が欲しい お金が欲しいじゃないですか

その先なのです 大事なのは
お金をもったその先 描いてますか?

というお話 根本は神仏が望んでいることならかなう可能性高いわけじゃない?

神仏に祈願するわけですから かなえてくれるのは神仏なわけでしょ?

ま、その前提として 仲介者がきちんとそのご祭神やご本尊に届けているかがありますが

結構その祈願を眷属やその他のものが持っていくことがあるのです それが前から書いてるけど
途中までしか書かない 聖天様のご利益は怖い とかになるわけ

拳銃欲しいなあと思うでしょ?日本だったら一般市民には配布されないじゃん

でもおまわりさんや自衛官には支給(?)されるじゃん ま、使うときは
何でかって言うと 国防という目的があるからでしょ?

祈願も同じ その祈願の先に何があるのか?もしくは何にも考えてないのか?

なんです そのお金を持った先にあることが神仏の意に沿ってれば かなえてくれる可能性は高いわけ

何のためなのか?まず大事 もう一つは それがかなうと仮定した場合 本とにそれは必要何のか?物欲というだけではないか?というとこね

だったらそれは自分で稼いでてに入れろよ ってなるわけ

そして大事なのは 神仏に祈願が通りました その先も明確で神様も喜びます
でもかなわない

その理由に向き合わないと駄目なのです かなわないのも神仏のご利益でして
意地悪、ケチでかなえないのではないのです

そこまでやってかなわないのは何か理由があるのです

よくいる霊能者さんで 沢山のお布施や供物があればかないます という方ね
それは偽物 もしくは取引相手が 正しい方ではないです

本来神仏はお金やもので動かないです その方の奥の心根だったりに動かされるのです

コメント

  1. ムーミン より:

    わたくし お金は普通に生活できれば
    それ以上は望まないです。
    あればあるでうれしいですけどー
    それよりも自由がほしい今です。
    誰にも束縛されない自由。
    それなりに責任がついてくるのは
    承知の上で。