読者登録お願いします
スポンサーリンク

三井財閥の中興の祖、三井高利と猿田彦大神

さてのかた 誰か分かりますか?

無題

商売されてる方ならご存知かも

スポンサーリンク

商売の元祖神様 三井財閥中興の祖

三井高利さん

そういえばおなまえ高利なのね 三井って高利貸ししてたし

未だ金利高いよな~なんてね ははは

そんなナイスなお名前ですな

欧米かのひとです!!(たかとしね レギュラーゼロ)

そしてこちらは 明治の元勲

三井の番頭さんといわれた

井上馨です

ww

あ、長州ですな ははは

さて井上さんは今回関係なく 三井高利さん この方凄いよ!!

背後にね、真っ白い髪の長いあごひげ生やして白い装束の

神様のような方が視えます だれだ?猿田彦って気がするぞ!!

何が凄いって経営が この方52歳まで江戸で商売させてもらえなかったのです
兄に 江戸で商売されると大変なライバルになるから

ででてきたときはもう大型の呉服屋ばかりで 余地なし しかも上客の大名やらは他が
顧客にしてるから

なので御用聞きが当時の商売でしたが 庶民をお店に呼ぼうとしたの
商品を店頭において しかも庶民が来たら接客について お茶まで出して

これって今までありえないスタイルなわけ で値札もつけたの 今では当たり前ですが
この人が始めて

で反物も切り売りして それもなかったこと そりゃ繁盛ですわな ま、それは商売の手法で

もっと凄いのは経営の手腕 損しても現金化しろって 今の店舗でもそうですが

なかなか在庫余ったもの見切り処分できないじゃん 分かります その気持ち

ですが仕入れ価格より下回っても現金化すれば また仕入れできるじゃん それが売れたら
その赤字も消えるでしょ?もしかして黒字になるかもって

ま、今の商売でも 在庫商売するなら 余った商品の処分ルートや現金化の方法先に考えとけよって

とかさもっと凄みを感じるのは 大名貸しです 当時というか江戸期を通じてどこの藩も財政は
厳しいじゃん そうするとお抱え商人や大商人に莫大な借金にいくの

商人は断れないの で結局なんだかんだでお金は返さず それこそ勝手に法律つくって
返さないでもいいよって 今までのは帳消しですって

それで大商人って結構倒産しちゃってるわけ で高利さんは偉かった

どうせ返って来ないでしょ!!それ前提の発想なの
お金は返していただかなくて結構です その代わり提示金額の30パーセントにしてください

って感じで すげ~ 本当の意味の商人のすごみ感じますよね

しかも300年以上前にですよ!!

実はこの人のある種の後継者の匂いって斉藤一人さんに感じるんです
生粋の商人って感覚の それこそ一人さんも家訓とか残しそうじゃん

しかも似合いそうでしょ?実は一人さん 江戸期の大商人の前世をメッチャ感じるのです
大阪でなく 江戸の 近江か松坂あたり出身の って感じてたのは私だけ?
さて話し変わりますが

商人(商売人じゃないよ)で一番大事なのって 結局お客さんに伝えることなんですよね

その商品のどこが良くてかいなのか を 結局は それかうとどれだけあんたは得なんだよって

それを上手に伝えるのが商売の極意で ようはプレゼンね

よく会社やお店されてる方に着地点あらかじめ設定しときなね というのです

ま、見切り、損きりね 例えば逆の場合も 上手くいってる場合もいつ手を引くか
どこまででストップできるかって 大抵広げすぎてパンクが多いでしょ?

それはいつもいうのが その商材、企画の役割が終わったと感じたらさっさと手を引きなって

たとえまだ儲けれても 役割が終わったものは 手を引くべきです

もう一つ 店舗出店する方にいつも言うのが 出店先見つかったとするでしょ?路面でも
モールの中のインショップでも

出来れば一月位その地域に住んでみなって なかなか良い場所ってすぐ埋まっちゃうから
あせっちゃうけど 手付けでも払って押さえときなって

よほど商品に価値がない限り立地でかなり決まるでしょ?
で出したわいいが 思ったより集客ないとかってよくあるじゃん

実は車が出にくいとか 車どおりはあっても それは出勤時ので帰宅時は逆側だったとか
ちょっとした事で集客って変わるでしょ?

それは住んでみないと分からんの それこそウィークリーマンションでもいいじゃん
地方なら10万円くらいでいけるでしょ?

出店費用に組み込んどけばいいの あらかじめ だって出店してこけたらそんなもんじゃすまないじゃん

会社組織ならまだしも 個人なら絶対こけれないでしょ?

と毎回アドバイスしますが それ実行される方少ないです で結構こける ははは

そりゃそうだ このご時勢立地が良くてもこける可能性のが高いのですから

それ実行されてる経営者のかたいて そこ手堅いですよ こけても大ごけはないですから

特に土地勘のない 地方やらの出店にはマストです はい

コメント

  1. 匿名(ぼんくら より:

    いつか阪急の創業者の小林一三さん取り上げてほしいです。
    松岡修造の先祖ですが最近深く知って凄すぎて。

    人がいない土地で鉄道事業をする→人を増やせば良いじゃんと沿線土地を買収して宅地開発、当時は珍しいローンで分譲販売。郊外から通勤するモデルを確立。
    利用客を増やすのに観光資源がない→資源作れば良いじゃんと宝塚に温泉を開湯して女性による歌劇団を創設。当時風俗的要素があった温泉地を女性子供が行けるクリーンなものにしてヒット。
    更には日本初の駅直結のデパートを建設し、5年間は食堂以外オープンせずお客様のニーズを徹底的に研究し尽くして開業。
    当時は建物の最上階はお偉いさんの部屋と決まっていたのを、大衆食堂にしてお客様に解放してヒット。
    恐慌の頃、ライスのみにソースをかけて食べるお客さんが増えて問題視された時も逆に「ライスだけのお客様を歓迎します」という貼り紙をするよう命じる。
    今は貧乏でもいつかここで楽しく食事をしたことを思い出したお客さんが家族を連れて戻ってくるだろう、と。。

    中吊り広告、ビジネスホテル、映画事業…あらゆる今の当たり前を作り出したのが彼だなんて凄すぎて。

  2. ジミヘン より:

    小林さんは中々スケールがデカくてとりあげにくいんですな~

    強盗後藤の慶太さんなら取り上げやすそうですが
    乗っ取り屋横井英樹とかなら

  3. 匿名 より:

    餃子と肉まんのお店がやりたいです(-.-)来年50歳になろうとしてますが;;子供産んで、背中におぶりながらでも、お店したい(泣)夢です(^o^)

    • johnny99 より:

      いくつも失敗してきた自分が言うのもあれですが、今の時代高い家賃をかけて商売をするのは危険です。 資本にものをいわせられる大手なら別ですが、個人ならなおさら家賃はかけずに。

      あと、ジーンズ通して売れるものを用意しとくと強いです。
      「熱い時に餃子や肉まんはちょっと…」と言う人もいると思うんで、じゃあ夏場はかき氷とか。
      それも他と差別化して頭がキーンとしない、フワフワのかき氷とか。

      横からすいません。
      苦労も多いと思うけど頑張って欲しいです。

  4. ジミヘン より:

    餃子と肉まんやっちゃいましょ~ 以前住んでたとこの近くに餃子専門店できましたが
    ちょっと苦戦気味

    ですが立地と狙いで成功する可能性はあると思うのですね~

    頑張りまっしょ

  5. ジミヘン より:

    ジョニーさんありがとうございます 確かにシーズン通して売れるって大事っすもんね~
    夏場に売り上げ落ちること分かってたら 夏場にその穴を埋める商材を最初から用意って

    まあ今の時代余程売り上げや回転率が良くないと家賃や人件費といった固定費って重荷になりますからね~
    ちなみに経営の師匠もよく 大手が参入しても固定費がデカいからそんなとこに負けないように知恵を使えばいいと言ってました

    ま、在庫商売は店舗持ったら今の時代負けですからね~ 餃子やらなら在庫かかえずに
    毎日売り切り~で頑張りましょ あとは餃子と〇〇みたいなね

  6. いち愛読者 より:

    地元の名士を取り上げて下さって嬉しいです。
    「高利」って名前も、商才の凄さも、漫画に出てくる人みたいですよね。

    この方は代表的な伊勢商人ですが、伊勢国一宮「椿大神社」は猿田彦様の総本社です。
    導きの神・猿田彦様が背後に・・・納得。

    ちなみに「椿大神社」には松下幸之助さんを祀った松下幸之助社(そのまんま・・・)があり、さらに幸之助さん寄進のお茶室もあります。
    椿大神社はパリッとした厳しさと包み込むような優しさが同居している感じで、あの独特の空気がとても心地よく大好きな場所です。

    涼しくなったらまたご挨拶に行こうっと♪

  7. ジミヘン より:

    言われて思い出しましたが 確かに伊勢ですもんね~

    そして猿田彦 自分で書いてても納得ですな~ 猿田彦さまが眷属でお稲荷さんを使って大きくしたイメージなんですよね~ 実は

    椿さん今度行こっかな~