読者登録お願いします
スポンサーリンク

チベットのカルラ神とダーキニー

さて梅雨が明けですね マジ暑いです

世の中おかしいんじゃないかというくらいに暑い!!

スポンサーリンク

ついでに熱中症気味でバテバテの毎日でございます

ビールでも飲むか!!(下戸です)

先日夜にある拝み方をしてたらですね 背後が凄くざわざわして

めっちゃ怖かったのです

えも知れない怖さといいますか

師僧にその話したら鬼神を使うときはそういう拝み方するよ~って

なるほど~

ダキニ様も我が家に帰ってきましたしもしかしてそのあたりの眷属さんがわさわさ動いてたかも

実はその後とても鬼神というのが気になりそしたら1週間ほどで

とあるとこからチベットのいわゆる鬼神と呼ばれる方々を

頂くご縁にあずかりました

DSC_0198

はい 左からダーキニーとカルラ

いわゆるチベットのダキニ様と実は飯飯様

まだ開眼はして頂いてないですが

まあなかなか根源的といいますか 荒々しい感じですね~

でですね 実はこちらがうちに着て思ったことがありまして

今後腹を立てたり怒ったりしてはいけないなと

ま、人間腹は立ちます

本田の最後のコーナーキック なぜに時間を稼がなかったんだ!!

ショートコーナーにしない!!

ドーハの武田と同じ戦犯だぞ!!

ついでに川島、お前の1点目のパンチングはなんだ!!

ポジショニングはなんだ!!

と未だ思い出すとメラメラと!!

勝てる試合で勝ってたら次はブラジルですよ!!

こんな楽しみ人生で今後ないです!!ですから

ですがそれを表に出して攻撃したり(ま、批評なら)

職場のムカつくババア怒鳴ったりそういうのはあかんねと

多分鬼神ってそういうことにそく反応する感じがするのです

毎日拝んでお世話してくと特に

例えば日本的なお姿になると(密教のダキニ様や飯飯様)

仏法の護法善子となって仏法を守るための存在で

善悪の悪では動かないと思いますが なんとなくチベットやヒンドゥーの根源的なまだ荒々しいお姿だと

善悪という判断基準がもしかしてあんまないのかも?と

勝手に思って

腹が立って攻撃しちゃうと一緒に率先して動く感覚

まだ開眼も拝んでもないので本当のことは分らんですが ははは

結果は早いかもですが最終的にそういう使い方すると

滅ぶ気がしますな~

なので戒めとして祀るのかなと思い

なのでいまのとこ置く場所も

ダキニ様や如意輪様たちの場所ではなく

それらを自分が拝む場所を少し上から見下ろして見張る場所に

何となく配置です はい

多分ですが根源的なお姿になればなるほど祀る側の人間の

意識といいますか そういうものが問われるのかもしれないですね

さて今後気をつけます

コメント

  1. より:

    カルラ様、初めて拝見しましたが
    ガルーダに似ているなと思ったら同じ?神様なんですね。
    ガルーダに乗って(航空会社)駐在へ行くのでなんだかジミヘンさんともご縁を感じました~

  2. 12w より:

    日本だとお不動さんの炎のイメージですね。
    日本のダキニ天とダーキニーは同じルーツと思えないほど変わってるのが興味深いです、 ただ日本のダキニ天のイメージは眷属中心?な感じがするから余計違うような気がします。
    女神で死を予知するんでしたっけ?

  3. チャム41 より:

    クソ暑くて東京オリンピック大丈夫かと思ってしまいます 笑
    チベットのダキニ様と飯綱様で如意輪様たちと合わせたらドロッとした立体曼荼羅になりそうですね!

  4. ジミヘン より:

    死をつかさどるか予知するでしたよね~
    ヒンドゥーやチベットの神様って根源的エネルギーに近いといいますか

    それだけに強烈に働くといいますか 日本の場合は根源的というのは薄められてる感じしますね

    大黒様なんかにしても元はおっかないけど日本に着て優しい感じになったりということ

  5. ジミヘン より:

    ガルーダ航空 確かにカルラかも 考えたこともなかったけど
    日本だと天狗航空的なネーミングっすよね!!

    カッコいいのか悪いのか

    立体曼荼羅 たしかにドロッとというか根源的な感じの曼荼羅になりそう

    私ヒンドゥーの神様みるに やはり根源なエネルギーって性的なものなんかに近いのかもですね~

    性的だったり人間の生存欲求により近い感じといいますか
    多分感情なんかも そんな感じなのかもと思ったりで

    地域性なのか人種性なのかそのあたりの差は凄く面白いです

  6. あー坊 より:

    カルラさま、右舞の面舞『八仙』の面に良く似てるなあと、しげしげ眺めてしまいました。逆に烏天狗に似てるって発想が無かった!
    全部繋がってたら、面白いですね(^∇^)

  7. チャム41 より:

    チベット密教って大陸と地続きなのでヒンドゥーの原初の感じが色濃いのかもしれないですね。日本の場合は海を渡るので神道的な禊祓で習合っぽい感じなのかもと。お大師さんも原初の密教というより神道的な密教なのかもと。鎮護国家って日本独自なんでしょうか?大陸の密教との違い気になります 笑

  8. ジミヘン より:

    カルラ様日本だと飯綱様だそうです

    何となくヒンドゥーやチベット密教で開眼していただくと
    怒りとかそんな感情で即動きます~というイメージなので

    やはり日本の密教で開眼お願いと考えてます

    護法善神として働いていただきたいなと
    あんま人間の感情やらに任せてというよりは

  9. あー坊 より:

    カルラさまをお見せしたらお師匠様『あ、陵王の面の上にいる奴?』と即答。そう言われりゃ、あれガルーダとも言われてるんでした…