読者登録お願いします
スポンサーリンク

孫という宝物 

実家に帰ると両親と甥っ子たちとの関係を目にする

両親にとって甥っ子たちは孫で何があってもかわいいようです

憎まれ口叩かれようが可愛くて仕方ない

スポンサーリンク

ただそばに寄ってきてくれるだけでうれしい

実家は3世帯用の住宅だったので兄の家と両親宅は廊下でつながっている

玄関は別々

両親は孫たちがやってきやすいようにいつも廊下の扉を開けている

冷蔵庫にはジュースやお菓子を常備して

食べ物で釣ろうともしている 中々涙ぐましい努力

孫たちは成長するにつれ口も徐々に悪くなっている

憎まれ口だって叩いてる

それでも両親はうれしい

私は祖父という存在は知らないのですが 孫たちをみていると

どうやらじいちゃんというのは一番最初の親友なのかもしれない

庭で遊んだり家の中で遊んだりと楽しそう

おばあちゃんは多分絶対的な安心感のある甘えれる存在

母性の固まりなんだと思う

おっかないお母さんと違ってどんなに悪さしても注意はしても怒らない

圧倒的な安心感と信頼と甘えれる存在

孫たちにとってどっちが好きなんだろうと気になる

母的には自分のほうが好かれていると思っているみたい

客観的に見てみると よくわからない

爺さんの記憶のない自分にとって 最初の親友のおじいちゃんという存在は

ちょっとうらやましいかもとも思う

孫に対する母親の姿を見ていて ああ、私もおばあちゃんにこんな風に

愛情いっぱいに愛されてたんだな~と思う

孫の憎まれ口を見ていると ちびっこの頃あんな憎まれ口なんか言わなきゃよかったと思う

中学生くらいになって祖母離れして

祖母が干渉してくることに うっとおしいという接し方してた自分を

凄く反省する

もっともっとたくさん話せばよかったな~と

大学になって一人暮らしをしてからは 実家には滅多に帰んなくなって

たまに実家に帰って 年老いた祖母が

帰るときに 今度はいつ帰ってくるのといつも涙ぐみながら聞いてくるのを

思い出して涙が止まらない

ああ、おばあちゃんは僕が帰ってくるのを毎日毎日首を長くして待ってたんだなあと思うと

胸がいっぱいになる

年老いて一人の時間が長くなってた時 多分孫の顔を見るのが楽しみで仕方なかったんだと思う

もっとたくさん顔を見せに帰ればよかったと思う

もっとたくさん話をしてあげればよかったと思う

まだ結婚しないの?とよく聞かれたけど 多分お嫁さんや曾孫の姿

本当は見たかったんだろうなと思う

今でも年に何度は朝方現れるけど

多分今でもおばあちゃんの中ではちびっこの頃のままで

心配で心配でたまらないのだと思う

子供のころからの一番の心配はおばあちゃんが死ぬことで

今でも年に何回かはおばあちゃんが死ぬ夢を見て 泣くことがある

ちびっこの頃は夜必ず おばあちゃん死なないでねと言って寝ていたけど

近所のおばちゃんが 祖母がそれを嬉しそうに話してたよと言っていた

多分おばあちゃんに出来た唯一の孝行ってそれだったのかもしれない

本当にうれしかったんだろうなと思う

ふと思い出したので

孫たちがいつまでもおじいちゃんおばあちゃんになついていてくれることを

心底願います

実家に帰るたびに 孫を産んでくれた兄とよ兄の嫁にはちょっとだけ感謝してます

両親の生きがいを産んでくれたことに

コメント

  1. ひろ より:

    ジミヘンさんいいお話ありがとうございます
    私もおばあちゃん大好きでした
    思春期の頃からおばあちゃんに冷たくしてしまって本当に後悔しています
    でも大好きでした
    今でもお仏壇の写真見ながらいつもありがとうと話掛けています
    今はそれしかできません
    生きてる時、もっともっと優しく接しておけばよかったなぁと思います

  2. 実悠 より:

    ジミヘンさん、朝から優しいホッコリ話しを有難うございます。心が暖まります。
    私の祖母はジミヘンさんや ひろさんの おばあちゃんみたいに大好きと言えるような存在では有りませんでした。なので自分が おばあちゃんになった時は孫に大好きと思って貰えるような、孫が成長しても思い出して貰えるような おばあちゃんになりたいと思いました。

  3. たろこ より:

    ジミヘンさんの今朝のブログ読んで優しい気持ちになりました。
    ありがとうございます。
    私は自分の親に孫を抱かせてあげられなかったので申し訳ないなと思います。
    その分親孝行しなくてはと思います。

  4. 匿名 より:

    本当に(;_;)朝から泣けました。うちは、弟が離婚で孫を持っていかれましたから、嫁が産むより、娘が産んだら持っていかれないから、『産んで』と言ってます;;離婚は悲惨です、勝手に離婚しろ!と言われ、話し合いなんて無く、お金は養育費としてタップリ取られます。こちらで育てたいと弁護士たてましたが、小さい子供の養育権は、母親が強いのです!あちらはキリギリスみたいな生活しか出来ない状態でも母親に権利が行くという、法律にくたびれました。子供が自発的にパパと生活したい!と言うと最近では子供の言い分も通るようになりましたが、一番は私が産む事が一番親孝行に、お兄さん夫婦が羨ましいです!

  5. より:

    そうなんですよね…もっと会いに行けば良かったなぁ。もっと話を聞いておけば良かったなぁ。と。
    私もずーっと結婚は?と聞かれてました。会話ができる間はずっと。結婚式出てもらうんだからまだまだ長生きしてもらわないとね〜と言い続けていましたが、叶えられなかった事が凄く心残りです。
    って書きながら思い出すと涙が出そうです。
    会社なのに(笑)
    両親に孫抱かせてあげたいなぁ…と思う日々です。。。

  6. ジミヘン より:

    そうなんすよね 大切なものって失ってから後悔するのです
    私も祖母が認知で介護が大変なとき正直目を背けてしまった後悔が凄くあるんです

    もっと会いに行けばよかったな~って もっと介護手伝えばよかったな~って
    なので今はなるたけ両親に会いに行くようにしてます
    ちなみにいろんな意味で親不孝なほうですが

    私自身は凄く親孝行と思ってるのです 親の愛情というのを凄くわかっていますし
    生まれ変わってもまた両親の子供に産まれたいと思ってますから

    私の中ではこれ以上の親孝行はないです
    ちなみに親戚の葬式の時に親戚のおばちゃんにこの話したら

    なんて親孝行な息子だ!!と感激しておりました
    ここでも熟女キラー発揮!!
    ははは

  7. れすぽうる より:

    ジミさん、いい話ありがとうです。うるっときました。
    祖母…可愛がって貰いました。当時、痴ほう症といわれてた頃、施設に入れて1週間しない内にお見舞いに行ったら既に俺の名前は忘れていた…ショックでした。老人は環境の変化に物凄く弱いのです。今の母(軽度認知症)もそうです。

    今日、母にまもなく介護士が来るからと、お風呂追い焚きを自分でやるように教えたのですが、後で様子見に行ったら風呂の追い焚きを忘れ、寝てテレビ観てる…。
    思わず怒ってしまいました…。

    何故忘れる?→認知症だから。

    この解りきった事に慣れるのは俺には難しいのかなぁ。すまん、母ちゃん!

  8. 匿名 より:

    ジミさん 素晴らしい❗

    お兄さんと そのお嫁さんに対して
    「両親の生きがいを 産んでくれてありがとう」

    そう想えるなんて やさしい方ですね☺

    両親への生きがいをプレゼント?だとしたら それは持って生まれたお兄さまのお役目かもしれませんね。

    ジミさんのお役目は 個人レベルではなく
    社会的に 多くの読者さん達(アラフィフBBA世代中心に・・・)に生きがいを見いだしてあげる事かもしれませんね
    (“⌒∇⌒”)ww

    もしかしたら ・・・・・

  9. ジミヘン より:

    そうそう なぜ忘れる?認知だから なぜ失禁する?認知だから
    なぜ徘徊する?認知だから

    もうそう思ってあきらめる それしかないんですよね
    諦めたって実際介護してたら腹も立つんだけど

  10. ジミヘン より:

    兄嫁愚妻ですが ははは ですが孫を産んでくれたことには感謝っすね
    孫パワーで多分じじばばはどれだけ救われて
    生きがいだって持てたことか

    そこは感謝っす

    私の役割はですね 朝起きてブーッとおならをすることで
    地球の二酸化炭素を増やしかつ温暖化を推進しちゃうという
    京都議定書破りです!!

    もしくは公衆トイレの大きい方するトイレに長時間座って
    後ろでもれそうな方々をヤキモキさせることです はい

    さてプーチンに会食おくれると電話せねば(ブッチホン)

  11. りんげ より:

    素敵なお話ありがとうございます!
    私はおじいちゃんっ子でおじいちゃんが大好きでした。亡くなった時は悲しくて沢山泣きました。私が思い悩んで苦しいとき、初めて夢に出てきて心配て「もうやめなさい」って言ってくれました。いつまでも見守ってくれとるんだなぁ~と。まだおばあちゃんは元気にしてて仏さんや神さんをとても大切にしています。おばあちゃんは口うるさくてもーと思ってたりしてたけど、昔の話や人として大事なこと教えてもらっています。生きてくれとる間に色んな事学べたらと思います。
    ジミヘンさん、心暖まるブログ本当にありがとうございます!

  12. のあ より:

    また泣いちゃった(T_T)
    特に「今度はいつ帰ってくるの」のとこ。

    私は祖母と同居でしたが、
    出かけて帰りが遅くなった私を、
    祖母はしょっちゅう、
    道端まで出て、ずっとしゃがんで待っていました。

    待ってなくていい、などと半ば怒って言わず、
    待っててくれてありがとうって言えばよかった。
    そして、心配させないように早く帰ればよかった。

    愛をちゃんと受け取ることも愛だったんだなと、
    今になって思います。

  13. ジミヘン より:

    ま、たまには心にジーンとくる泣ける話でも書いて
    アクセス数アップしようかな
    好感度あげようかなというあざとい手法ですよ!!

    みなさん手のひらで転がされましたね~ ははは

    私冷酷無比なにんげんですから 騙されてはいかんです!!