読者登録お願いします
スポンサーリンク

仏教や神道、キリスト教といった伝統宗教の底力

一応私仏教徒の端くれなのですが こんなでも

最近伝統宗教が元気がないそうな

お寺も大変な場合が多いらしい

私思うに仏教に限らず神道だってキリスト教だってまだまだ社会に必要とされる底力あると思うのです

しかも未曽有の高齢化社会 多分ですね

仕事辞めて年取ってさてどう生きていこう

年取って身体も不自由になってさて生きがいは?

家族や社会に迷惑かけるだけだから早く死にたい

そういう方ってたくさんいるじゃないですか

そういう方にこそ例えば仏教的思想での生きる意味や生き方って提示できると思う

日本の伝統の中に仏教や神道って根付いてるじゃないですか

初詣行ったことない方や南無阿弥陀仏~とか唱えたことない方

もしくは般若心経の名前聞いたことない方って多分いないと思う

定年くらいまではスピなんかにはまってる方多い気もしますが

結構70とかになるとスピではなく実はお寺さんや神社のほうが親しあると思うようになる方多い気がする

我が家の父なんかも本棚マルクスやレーニンの方なので宗教というものは

興味なかったのですが年取ったら結構信心深くなってる(と言うほどでもないが)

そういったこれから終末期を迎える方たちになにを提示できるか

まずそれって伝統宗教の強みであり役割かもと

さて人間生産性がなくなったら価値がないのか 逆にどんな価値があるのか

どう生きて死んでいけばいいのかって

そしたらお年寄りだけでなくそれを取り巻く方たちにもいろんなお話できるし

価値観を植え付けれる

も一つ大事なのは その場をどう作るか

昔は大抵どこの家も檀家さんでお寺に行って話聞いたり相談する乗って

普通にあったと思う

今はそれがかなり減った その時点で敷居が高くなって遠い存在になってますよね

だったら出向いてもいいと思う 積極的にお年寄りが集まる老人クラブであったり

介護施設でもいいと思う

いきなりそういう話させてくれといったって相手もびっくり

だったら先にそこで人間関係構築して友人になって

仕事何されてました?と振ってきた際に実は坊さんで~から始めて

徐々に小出しにそういう話していって 皆さん興味持ったらでもいいと思う

私なんか思うのが介護施設や終末期を迎えた病院

そこで患者さんにというのもありますが

働くスタッフにという研修だってあるだと思う

人手不足に低賃金なおかつ激務のため職場のモラル下がってるじゃないですか

何処だって暴言や暴行いつ起こっても不思議じゃない

多分管理者っていつもそこを不安視してると思う

改善したいと思ってると思う 職員のモラルを

だったらそこで仏教観によるお話というのもありだと思う

もしかしたらそこに方便なんか入れてもいいと思う

悪いことや自殺したら地獄に落ちる 昔からそういわれますが厳密には証明できない

私思うに実際そうかもしれないけど方便として使ってたかもって

そういうことによって大いなる抑止力となるという

だったら例えば認知で寝たきりお年寄り殴ったりして誰も見てなくても

実はそれって潜在意識下でははっきりと殴られたってわかっています

そうするとその方の先祖霊が~ とかあなたの業となってその業は必ずどこかで芽を開き降りかかります

とか仏様は必ず見ていて~でもいいかもしれない 抑止力になれば

逆に皆さんは誰もやりたがらない大変なお仕事をされていて

とても徳になっています

仏教的に言いますとこういう心持でされるとより良い徳積になって~とか

そういうのもありかもと思ったり はい

師僧が自殺するという方に今日はやめときな~ 日取りが悪いから地獄幾夜的な話して自殺止めたということあったそうで

そういう方便って大事だと思う

多分仏教も神道もキリスト教だって千年以上の歴史の積み上げあるのですから

先ほど書いたような事の悩みや対処法なんて実はたくさんあると思う

人間いつの時代だって悩みってたいして変わんないから

ただそれを時代に即した内容と場所に置き換える それがなかなかできてないのかもって

伝統宗教の力って凄いと私思ってるのです はい

コメント

  1. クリスマスローズ より:

    介護施設で働いてますが、もう、この頃毎日さみしてしゃあない、とか、やっかいかけてるだけや!等といつも言ってる方がいます。やはり心の平安とか精神の支えが人間には必要ですね。基督教の牧師は信者の所に時々話をしに来てましたが、仏教も、檀家の僧侶が短いお経と、一寸した小話をしに来てくれるととても喜ばれると思います。

  2. たろこ より:

    スピもちょっと気になって覗いてみたりするけれどなんか違うことも多い。
    やっぱり心の奥底に神様仏様が生きているようで戻っていきますね。

    それは私自身は祖父母と暮らしたことも大きいかもしれません。
    お米には88の神様がいるから一粒も無駄にしてはいけないよ、とか。
    身近に神様がいる事を教えてもらっていました。
    そういえば教わったことが自分の安心感と戒めになっていますね。

  3. 匿名 より:

    ジミヘンさん、是非お寺経営のコンサルを引き受けてあげて下さい。最近はお寺さんも必死で、前の会社の近くのお寺では、浄土真宗でしたが、一般の方にお料理教室やら、人生相談のサービスを行ってましたよ。また、友人の家は浄土宗で、檀家さんに好きなパワーストーンを選んでもらってセルフでブレス作成のサービスを提供していたりと頑張っていますが、私も他人事ではなく、日本の大切な伝統宗教として今後も生き残っていただきたいと思ってます。お寺存続のためにも、サバイバル戦略の作成、立案を是非ジミヘンさんに御願いしたいです!

  4. いち愛読者 より:

    最近お寺が運営する婚活イベントがあり、登録無料・参加費は実費程度(3000円程?)、かなりの成婚実績を上げていて、費用の安さとお寺という安心感からか人気があるようです。
    ただ、限られたエリアで年に数回の開催なので、参加者を決める抽選倍率が非常に高いそうですが。
    私も去年登録だけしましたが、貴重な開催日に都合がつかず、未だ応募すらできません(苦笑)

    この登録自体もちょっとハードルが高く、これまた年に数回お寺で開かれる「登録会」に、必ず本人が直接、証明写真持参で出向いて手続きをしないといけないのです。
    決められた日時・場所・持参物を守るという当たり前のことができない人、それが面倒で行かない人(=熱意がない人)をふるいにかける最初の関門だそうで、確かにネットで手軽に登録可能より安心ですね。

    縁結びで有名な浅草の今戸神社も似たようなことをされているそうですが、伝統宗教のお寺や神社はそれだけで安心感・信頼感を持たれるので、こういう活動がもっと広がればいいのにと思います。
    直接儲けを出すと批判されそうですが、実績が上がれば縁結びのご利益を宣伝できるし、それがきっかけで結婚した夫婦はそこで結婚式・子宝祈願・安産祈願・お宮参り・七五三・・・と続いていくかもですし。

  5. ジミヘン より:

    お寺の婚活イベントありですよね 私だったらその地方の自治体と組んでですね
    町おこしはたまた移住者受け入れ的なことまで考えちゃいます

    そこで結婚決まったら住むとこやそれこそ働き先までお世話しますよ~と
    ま、そこで結婚決まったら確実に信徒さんになってその後の節目節目の行事は
    そこにお世話になりますよね

  6. ジミヘン より:

    私思うに布教の形を変えていくべきかもって 例えば新興宗教や聖書読んでくださいというような街角の布教って正直誰も立ち止まらないじゃん どっちかというとそれをすればするほど怪しく見えちゃう
    信仰の押し売りってマイナスしかない気がなんです かといって来るもの待ってたら誰も来ない
    多分そこで皆さん終わってって 悩むみたいな
    やはりこれからって積極的に地域活動や社会と接触もって信頼関係を気づくのが先だと思います
    記事にしまっす

    案外お寺立て直しって私できそうなイメージあるのです 偉そうですが
    あとはブログなんかで発信力つけて潜在的信徒さん作っちゃうとか

    お寺さんブログってそうそう面白く読者になっちゃおうというとこ少ないじゃないですか
    神社や神主さんなんかのも そこはかいぜんの余地めっちゃありですし
    たぶんですね ブログのランキング上位に入るブログ作っちゃえば
    結構相談やら来ると思いますよ
    お寺が機能してた時代って 案外よろず相談的な場でもあったであろうし
    もしかしてお年寄りなんかが集まる集会所的な場でもあったかもですしね

    記事にしまっす

  7. (^^ より:

    地元にも地方にも良いお寺が沢山あるのですが、
    先日広い境内を利用して、現代美術とコラボしてたのですが、とても良いイベントなんです。無料なので、メンヘラな方が来てきて怖かったですが^^;

    でも、フェイスブックしかない!
    やってないので、全然わからないんですよ。
    しかも市自体がそういうの活用すれば、もっと観光客も増えて活性化するのになー、と。

  8. ボトルパーム より:

    実家の両親、自分たちのお墓の用地をとうとうお寺に返してしまいました。
    お骨は大谷本廟でいいからって。
    お寺さん大事に思ってきた父がここまでするに至ったのは、ご院家さんがこれまでのシステムに胡坐をかいてきた結果だと思っています。

    「本堂で葬儀はしないけど、葬儀場に導師として呼んで。」
    「3回忌とか7回忌とかの法事はお寺でやります」
    「本堂をの〇〇を修繕するので檀家さんは一律4万円出して。」

    檀家は高齢化が進み年金暮らしが多くなっているのに、全員が一度に4万円も出せると思っているのか、分割とか考えないのかと母も憤っていました。
    まあ何も言わない檀家総代も悪いのでしょうけど。
    さらにびっくりしたのが、「住職代替わりの記念に〇〇を修繕するので、新住職就任の御祝いということで…」みたいなことが書かれたハガキが届いてたんことす(細かい文章はうろ覚えですみません)。
    代替わりを名目にして、しかもお金を包むより先に修繕をやっちゃってる。
    どうしたって包まないわけにはいかないです。

    相談ごとをきいてくれるようなこともなし、室町時代からの立派な本堂があるのにお葬式をあげてくれるわけでもなし、法事はやります、修繕費は出してね、となればあとはお墓を守ってもらうだけだろう、そういうことならうちは新宅だしもうええわな、となって、お祝いを包んだのち返墓地用地を返す手続きをしたようです。
    お世話になっとるお寺さんだでしゃあないわなあ、とは思えなくなったんでしょうね。
    さすがに口には出せませんから、「子どもたちが地元に帰ってくる可能性はほぼないので」ということを理由にしたようです。

    とあるお寺の現役住職の書かれた本によると、檀家数300軒がお寺を維持できるボーダーなんだそうです。現に「寺じまい」したお寺もあるそうで。
    これから「墓じまい」とともに「寺じまい」も増えていくのかもしれません。

    長々失礼しました。

  9. ジミヘン より:

    美術イベント お寺さんも頑張ってますね
    ただ私お寺のそういうイベントで思うに 親しんで欲しい気持ちわかるのですが
    結局イベントやらが点でしかなく 線としてつながっていないので
    結局はそれやりました すこしお客さん来ました はいお終いでつながって行ってないんです
    企画として弱いというか目先だけなんですよね まだ婚活イベントのほうが線になる可能性はある
    私が婚活イベントお寺でするなら 結婚相談所のような感じで登録してもらって
    ネット上でその情報は出さない

    紹介してほしい場合はお寺に来て昔のお見合い写真見るように見てもらう
    でその際お見合いばばあの役割を和尚さんやらがやってですね

    相手の情報やら話しながら仏教思想に基づいたたとえばこういうう夫婦像やら家庭像目指すのもいいかもだし~とか仕事の人間関係がきついとかって話もするだろうから

    そこで生き方のアドバイスや思考のアドバイス 興味持ったら例えば仏教の瞑想なんかで頭すっきりしてみますか?とかそんな感じにしちゃうと思う

    • (^^ より:

      凄い良いアイデアですねー!
      スピリチュアルな婚活サイトが寺を利用してるようなとこもあり(もちろんお寺の方が主催のところもありますが)、なんとなくうーん…と思ってたのですが、ジミヘンさんの案って良いですね!
      お寺ってせっかく人が集まりやすい場があるので、どんどん広がればいいですねー。

  10. ぽんぽこ より:

    はじめまして。
    田舎の某宗派の寺に嫁に来て1年です。
    うちは先代の居ない寺なので嫁姑の苦労こそありませんが、その分檀家さんの意見が非常に強いです。
    まだまだ嫁行も半人前以下ですが、人口が減る一方の田舎寺の行く末が気になっています。
    うちのお寺がこの地域の役に立てることは何なのか…
    お寺に人が集まるようなイベントをやってみたいけど、檀家さん達に反対されそうな気がしたり…
    ジミヘンさん、うちのお寺のコンサルになってくださいませんか(笑)
    ジミヘンさんや皆さんのコメント、今後何かのヒントにさせてもらいたいです。

  11. あー坊 より:

    知人の神社さんのweb発信、相談に乗っているのですが…もんのすごく気を使わねばならないところが多々ありまして。どんなに良いアイデアを出しても、ご理解の乏しい某所に睨まれますといろいろ厳しいことに。(これはジミヘンさまも頭の片隅に入れて置いて欲しい情報なのででメールします)そこら辺の攻略をどうしたものかと…

  12. ジミヘン より:

    檀家寺って結局檀家さんで食べさせていただいてるわけで
    お店出すけどお金はパトロンが~と同じで

    そうするとやはりお金を出してくれる方の意向に従わざるをになっちゃいますからね~
    貴乃花部屋はそれが嫌でサポーターせいにしたわけで

    まずは収入の割合を変えるのは大事ですよね パトロン頼りから少しずつ
    地域でしたらまずお寺が必要とされる場にでして

    宗派関係なくまずは地域の方が気軽に集まる場所にする方向と
    あとは例えば一昔前のようにゲートボールやら地域の方が集まって楽しむ何かがあれば

    その大会をお寺が主催して宗派かんけいなく参加してもらうというのはありかも

    囲碁や将棋でもなんでも
    その時ですね 参加費ゼロでお弁当やお茶なんかをお寺の持ち出しで用意して
    なおかつ商品まで出しちゃうと評判上がりますよね

    地域の信頼えますよね

  13. ジミヘン より:

    私が神社のブログであったらうれしいな~と思う内容がありまして
    参拝される方って神様見えたり聞こえないじゃないですか

    なので毎日拝んでる神主さんたちが 視える聞こえるじゃなかったとしても
    どう感じるのか また祭りの日は他の日と比べてどう感じるのか

    そういうのは知りたいですね~
    例えば天津系の神社だったら 晴れた日に祝詞あげてるほうが雨の日よりも
    なんかあったかく感じるとか

    そんなでもいいので 

  14. ぽんぽこ より:

    ジミヘンさん、ありがとうございます!
    収入源の確保も大事ですが、まずは地域から信頼してもらえるように…
    記事のアップも楽しみにしてますね。

  15. ジミヘン より:

    私思うに お寺が地域に信用とかだったら信徒さんに経済状況開示したらしんようされるだろうな~ と なんかお寺って税金払ってないしベンツのってそうなイメージじゃないですか
    実は厳しかったら逆に今ってこんな厳しいんでしょ 檀家さんも減って~とかって
    ある程度開示して
    このままだと立ち行かなくなっちゃうので なんかいい知恵皆さん貸してくださいと持って行ってですね

    檀家さんも上手に経営側にまきこんだら面白いな~と思ったり
    そうするといろんな面で頑張ってくれる方も現れるだろうし

    田舎だったらおらが村のお寺をわしらが盛り立てにゃとなるかもって
    田舎の住職さんだったらその手もありかなと 逆に立地を長所に変えちゃう