読者登録お願いします
スポンサーリンク

ブログをパクってそのままベストセラー

さてこれはあかんだろということを
こんにちは
いつもなごませていただいてありがとうございます。

プログ書いているかたに、喋りたくて、すみません

スポンサーリンク

私のサイトパクられまして、アマゾンの何とかの分野でベストセラーだそうです。

以前、古代史やカバラやらのサイト書いていたんですが、執拗にストーカーのように大量ダウンロードされているのを発見しまして、その都度アクセス制限をかけていたのですが、

残っているダウンロードログ(以前はリファラーがわかりました)に「〇〇: 執筆資料」というのが残っていて、まさかそのままの題名で本になっているとは思わず、
最近もまたしつこくダウンロードする人がいるので、サイトに一生懸命書いてもダウンロードされてとられてしまうので、

いっそのこと自費出版でもしようかと〇〇のサイトを見たところ、忘れもしない

「〇〇」という文字があり、大量ダウンロードしたヤツはこいつだとわかった次第です。

あまりにストーカーのようにダウンロードされて気味が悪くてサイトを閉じてしまったのが悔やまれます。また再開しました。

でも、かなり突っ込んだ内容のものは、サイトではなく、自費出版でも何でもして本にしたほうがいいなと思いました。

「〇〇」はアマゾンの何とかの分野でベストセラーだとかで、悔しいです。

〇〇に著作権侵害の疑いがあるので調べて欲しいと連絡してもなしのつぶてなので、アマゾンの書評にパクリ本だとは書きました。

国立国会図書館に献本があるので、そこで確認して、著作権侵害かどうか確認すればいいのですが、

パクリ野郎のために自分の貴重な時間を使うと思うと、どうしようもなく、むなしいです。

すみません、やはりパクったもの勝ちなんですね。

これは絶対許せんことですな!!

私ですね 模倣は大事と書きますがパクリは絶対ダメ!!

模倣というのはそこにリスペクトがあってそれを模倣することで

自分の血となり骨となり、結果自分のオリジナリティが形成されるものでして

大事なのはそのまんまパクるではなく発想や思考方法、ものの見方をパクる、参考にするなのです

模倣したい相手が何をみてどう感じるのかを参考になのです

そのまんまパクって出版 許されるはずないですよ

パクリ野郎のためにそこまで時間使うべきだと思います!!

知的財産の盗用ですよ ちょっとあり得ないですね

そのまんま出版するって

ちなみに私なんかは出版やらする気ゼロなのでどうぞどうぞ

勝手に盗用してくださいと思ってますが

仮に出版する気が合ったらそりゃあ腹立ちますよ!!

と思います

ま、このブログの内容盗用しても気違いと思われるだけなのでしょうが ははは

世間の目は

コメント

  1. 猫のチャイ より:

    その印税で身を持ち崩して転落人生まっしぐらに、3000点。さらに倍。ドン!(笑)

  2. さえ より:

    ジミヘンさんお久しぶりです(*´ω`*)
    今、まさにその状況…。。。ブログの一部をパクられて出版されました。笑
    相手は執拗にブログをパクリそれで集客していたので、やるだろうなとは予想していましたが。。。
    でも、パクリ続けると途中から言動が矛盾だらけのようで、いろいろと自爆しています。
    今は私も出版に向け動いています(`・ω・´)パクリに負けず頑張ります♪

  3. ジミヘン より:

    パクってそのまんま出版はあかんですな~ そりゃあ品がない
    ブログやらで著作権の侵害があやふやなメディアに書いてる段階ならまだしも

    そこでお金が発生する出版物にまんまパクるのはそりゃダメっすよね~
    ブログの方にしてもブログの段階では著作権はないからまんまパクろうという
    心が汚いです!!
    他人の書いた記事がいいな~と思ったら まんま使うなら引用先を書くのはマナーっすよね!!出版物は特に

    ついでに言うといいなと思ったものを一度自分で消化してそれにインスパイアされて
    新たな持論として使うというのが本来の模倣の役割じゃないっすか

    それ出来ずにまんまかくのはですね 頭が悪すぎなかたなのか??
    消化して自分の考えを作りこめる賢さがないのか?と思いますな~

    と書きながら 記事の方もパクられ出版された方も相手のメディアのほうが大きいと泣き寝入りしかできないのが現状っすもんね

    ということでやはり力付けまっしょ!!
    力なき正義は正義にあらず(出典先マス大山!!)

    相手より影響力持っちゃえばです!!
    ブログなんかだとやはり出版の影響力は大きいっすからね~

    広告宣伝費として出版は凄くあり とコンサルでよく言います ははは
    300万かかったとして 5年はそのネタで集客出来れば年間60万ですよ

    月5万の広告宣伝費 その辺の雑誌媒体くらいの額なので
    ありです!!
    ま、個人レベルではなく会社としてやってればになっちゃいますが ははは
    ちなみにわが社は広告宣伝費ゼロ!!かかるのは光熱費と通信費と交通費くらいの

    優良企業です ははは

  4. さえ より:

    ジミヘンさんお返事ありがとうございますm(__*)m
    「力なき正義は正義にあらず」座右の銘に追加いたしました☆彡
    今まで知ってくれている人だけでいいと思っていたのですが
    もう、こういうことされちゃったら
    俄然、相手より影響力持ってやるぞーって(`・ω・´)燃えてます。
    そうそう、出版だけでなく集客としてのブログネタや
    有料のセミナーにも使われていて(;´Д`)
    その参加者様からも何件か報告がありました。笑
    一度あちらのファンになった人も不信感をもつほどあからさまなんですよね。
    (頭悪すぎたかたなのか?という言葉にツボりました。笑)

    広告宣伝費としてのお話も参考になります(*’ω’*)
    優良企業いいですね(#^^#)

  5. れすぽうる より:

    ギターのフレーズでも言えると思うのです。誰でも使っているブルースのペンタトニックとか、そのまま真似するのではなく自分の味を付ける。プロレス技もそうですよね。誰でも使うドロップキック。一流のプロは打点を変えるとか、みのるみたいに横向きで飛ぶとか、何か一捻りしてる。

    ジミヘンさんの少し上の年齢ですが、毎回例えネタがツボにはまってさぁ大変、坊っちゃん一緒に遊びましょな私ですが、サーフィンもいいですが、ギターネタもスピに混ぜてお願いしまーす(笑)!

  6. ジミヘン より:

    ギターも文章もそうですが 結局基本のスケール(ペンタ君)や文体でいかに表現力をつけれるか
    そこが筆力というものになると思います
    世のなかいろんなスケール覚えてフレーズたくさん持とうとしますが
    結局基本技でどれだけ見せれるかができないと薄っぺらくなっちゃうのです
    昨今のプロレスのように

    それができるとヘッドロック一発で客をうならせる鈴木みのるのように
    3つくらいのフレーズで伝説となったアルバートキングのようになのです

    同じフレーズ同じ技を何万回と反復練習できるかって凄く大事