読者登録お願いします
スポンサーリンク

水木しげる先生の頑張ることなかれ主義

さて自己啓発なんかで覚悟を決める生き方的なのがけっこうあります。
あんま好きじゃないなあって。

スポンサーリンク

わたしは水木しげるせんせいの がんばることなかれ主義だから。

(この本凄くおすすめ。
水木さんは現代の老子だね)

覚悟を決めるいき方って凄くしんどい気がするんです。たとえばそれで成功するとするじゃん。
そのばしょって凄いしんどい感じするんです。

普通の人はそんな場所行かない方が幸せで。

それよりも現状で幸せ探す方が絶対いいと思うんです。

覚悟決めるのはそういう役割の人で。

きめざるえない人がそうすべきで。そうじゃない人はね。
みんながみんな同じ行き方する必要ないと思うんです。

幸せって山の頂上の上り方ってメッチャあって。もしかして山自体がメッチャあって。
その人にあった山にあった登り方でいいんじゃないかなあ。

私的には裏山というか、ピクニック気分の丘位のでのんびりおにぎり持って
おさんぽ、景色も空気もいいしまあ、楽しい、位がおすすめ。

あえて凍傷になってマッキンリー目指さなくても。歴史に名を刻まなくてもって感じ。


頂上に登らないと見えない景色はあるかもだし登ったら案外こんなもんねかもだし。

富士山も遠くから拝むのがいいのかもって。ありがたいなあって。
ご神体になってるやまって登ったり足踏み込んじゃいけないわけだしね。

って意味分からんけど かいてて。
なにごとも程ほどでいいんじゃないかなあ。でそんな覚悟の本よりよいこと書いてた本見つけて。

また欽ちゃんの新しい本で。初詣はね、100円じゃなくて300円ねって。
そのお金でこの神社を綺麗にしてくれてる神主や働いてる方へのお礼ねって。

その方達の生活もあるんだからって。

ああ、なんていい事書いてるんだって。

そりゃそんなことしたら神は喜ぶなあって。

神主さんやそこのかかわる方への御礼の意味なんて考えたことなかった。
そのかたたちの生活のためなんて。
神様ってオレが俺がじゃなくてまず何事もどうぞって人に譲る人が
好きだよなって。
それね、絶対そうだと思う。気をつけよっと。

と今日駅からかえるとき 駅前におばあちゃんがやってる昭和の薫りのお店があるの。
ビーサンやうき輪からアイドルのプロマイドトカモ売ってるような。

小学校のちびっ子がその店覗いてるのみて。
あ、うちのおばあちゃん、年金で孫(ま、私)に何か買ってくれたりするのが凄くうれしかったんだなあって。

なんかね、すごい愛情感じて。で祖母がふわーっと降りてきて。なんか家までの道のり、
泣けて仕方なかったです。

新しく家変わったらおばあちゃんもつれていこって思ったりで。
多分今は母が兄の子供達にそんな感じなんだろうなあと思ったりで。

なんか祖母を思い出すと胸の奥がきゅんとするというかふわーっと暖かくなって泣けますね。

前も書いたかもだけど。蟲師の字を書くとそれが生物になる少年の話あるじゃん、
で亡くなった祖母が今でも家にいてその少年を見守ってるって内容の。

あれ凄くわかるんです。うちの祖母もあんな感じで見守ってるもん。

で霊症ブレスレポ。といっても前回募集分をようやく最後に送ったのが先週くらい?
の方で。

もうね、感じ方というか効果が霊症ブレスそのままで。うれしくなっちゃいます 笑
思い切り霊に敏感すぎる気質ですな。これくらい敏感だと凄くこちらは作りがいがあります。

話しかけたり、水で洗ったり、可愛がらせて頂いております

毎日家に置いて出るのが可哀想で、一緒に持ち歩いているのですが、使用は夜が良いとのこと

これからはめるのは寝る前にしようとおもいます

にしてもやはり霊症ブレスは生きているのですね・・・

感覚なのですが、

霊症ブレスはめて寝た日から3日感ほど、おねしょ?!?!と焦ったほどの全身寝汗をかきました

あと、はめた時、

ゴールデンルチル?金の石がモワーッとか、カーーッとよく温かくなります

これはブレスが生きているからなのですかね?

電車の中では急にストンとおちるような睡魔に襲われることが殆どなのですが、
先日あまりに眠く、耳の違和感も久しぶりに気になるほどだったので、帰ってから耳元にブレス置き、20分ほどソファーに横たわったのですが・・・

寝ている中、身体が震えていて、背中からスゥーッと何かが抜けていく感じがしたのを覚えております

ジミヘンさんの組んでくださったブレス、霊符、私のこと守ってくださっていると信じて、

日々いろいろなことがあり、巡る思いもさまざまですが、
とりあえず目の前のこと一所懸命に・・・自分の道を生かして頂こうとブレス眺め感じております

ジミヘンさん本当にありがとうございます

さて旧ブログの過去記事ですが

そこのお店実はもうなくなって 大きな薬局になってました

まあしゃーないなあ 寂しいけど

最近鵠沼なんかの大きなお屋敷が取り壊されて分譲住宅になることとても多く

あれだけ大きいと相続税払えないから仕方ないと思う反面

文化財的な観点からなんとか残せれないっすかね~

税金優遇しちゃうとか

古い大きなお屋敷が街から姿を消すのはやっぱ寂しいですからね~

コメント

  1. のあ より:

    この記事を読んで、来月出る欽ちゃんの本を予約しました。
    欽ちゃんのこと好きだった祖母の仏前に供えたいと思います。
    欽ちゃんの本、今まで知りませんでした。
    教えてくださり、ありがとうございます。

    私の祖母も見守ってくれてたらいいな。
    霊感みたいの、全くないので、さっぱりわからず残念ですが。

  2. 匿名 より:

    ドラえもんの漫画でのび太君が大好きだった今は亡きおばあちゃんにドラえもんにお願いして会わせてもらえるシーンがあるのですが、子供ながらにこのシーンを読んで号泣したのを思い出しました(^^)。みんなおばあちゃんのこと大好きなのですね~

  3. ジミヘン より:

    何となく思い出したり守ってくれてるかな~と思うと案外守ってくれたり
    欽ちゃんぶりっ子ですよね なんてね ははは

    実はドラえもん読んだこともなく
    テレビでもあんま見たことないのです チャンネル変えてて見かける程度で

    のび太もおばあちゃん子ですな
    そりゃ甘ったれた大人になります

  4. カフェママ より:

    おはようございます☀
    朝から ふわあ~っと 心暖まるノスタルジックなお話に夢心地で 読ませて頂きました☺
    が 突然 ブレスレポの話しに変り 強制的にモードが変り …
    ジミさんのおばあちゃんの話しや ちびっこの頃のお話し とても大好きです
    ほんと 心が暖まるというか 少年だった頃のジミさんの心の模様がふんわりと伝わってくるようです。
    また お話し聞かせてくださいね

  5. ジミヘン より:

    強制的にの場合は大抵そのネタで書くことがなくなって字数合わせのために
    レポ使うみたいなね ははは
    皆さん ネタに詰まった時レポ重宝させていただいてます