読者登録お願いします
スポンサーリンク

現代の陰陽師は本物か?インチキか?実際の陰陽師の呪術について

以前能と陰陽道は密接だよって書きっぱなしたじゃん。
その辺りをね。

安倍有世って安倍家中興の祖みたいな天才陰陽師がいたわけ。

平安期以降最も陰陽道を愛した権力者って誰だと思う?
実は足利義満なの。一休さんの。

でその将軍様(NOTマンセー)が愛した陰陽師が有世さんなわけ。

でね、能に泰山君府って演目があるわけ。ま、桜の花がすぐ散るのがかわいそうだから
陰陽師が花の寿命を延ばしちゃうって言う内容の。

その陰陽師のモデルが有世さんなわけ。

前書いたはなさか爺さんは陰陽師ってのもそういうこと。

ここまででもなんかつながりそうじゃん。
こっからが凄いの。

泰山君府って演目作ったのがあの世阿弥なわけ。

勘がいい人はピンと来ない?私はその時点で分かっちゃったの。
ま、リーディングというかバババーンってね。

この人、能の大成者じゃん。で最大のパトロンが義満さんじゃんね。
世阿弥親子の。

ということはこの2人絶対接点がある。接点というより交流以上のものが。

でまたまたヒント。柳生真陰流の始祖石舟さいさん思い出してみて?

柳生の剣のかなり大きなエッセンスに実は能の足さばきがあるじゃん。

超有名な話だけど

石しゅうさいと能の大家、金春なんとかの交流と互いの奥義の交換っていうね。

それと同じことが有世と世阿弥には絶対あったわけ。
資料やらには全く載ってないが絶対に。

普通に考えてないわけがない!!!。
義満が引き合わせないはずないし、天才同士絶対に何か惹かれるものがあったはず。

でそれが陰陽の反閇(土地を踏んで鎮めるあれね)に影響与えてるはず!!

有世以前と以降の反閇ってぜったいにどこかが違うはず。

とおもってググルと猿楽なんかにの影響与えてるんだって。

やはり。能にも絶対与えてるはず。お互いに。

そうそう、陰陽道研究ってね、呪文よりこういうののほうが本質が見える気が。
でそれが見えてくると術やらも分かるというアプローチのほうが。

で実は我が家にも能との関係が。

祖母の兄というのが能に結構クルってまして。
自分で舞うだけではなく面まで作って。

で家にもいくつかあったわけ。前おきなの面は紹介したでしょ?

実はね。もっと凄いのが。

式くい面といわれてるものが。式喰い面の存在ってインチキ陰陽師はしらんだろうね。
それこそ受け継いでる家しか。

どういうものかといいますと。

以前も書いた式王子っていう式神がいるわけ。
陰陽でいう最強の。これがじゃじゃ馬で操縦不能になる可能性大なわけ。
なのでうちは使う時は床に小刀ぶっさしてたって書いたでしょ?

最悪刺し殺すぞって。ついでに言うと式王子使う時は方膝立ちね。基本。
すぐ動けるように。

で使うのは最終手段。色んな式神使って駄目なら最後にって。

ま、プロレスで言うハンセン、ブロディの超獣コンビみたいなもの。
制御不能。

でね、式喰い面ってその式王子を食べちゃう面なわけ。
いろいろあるでしょ?

実は祖母のお部屋の柱時計の横に(上だっけか)飾ってあったわけ。
これがまた怪異を起こすんだけど。よく。

またそれは次回で。そのうち。

一応その面は祖母が終生大事にしてたから亡くなったときお棺に入れてあげました。

でこれ書こうと思って先祖供養してたら

なぜだかボーっとみてたら。ある物が何体も煙に寄ってきたんです。

はだかんぼうの浅黒い肌の鬼みたいなものが。つのはなし。
あ、これうちがつかいっぱにしてた式だって。

そうなんです。多分使い捨てにした式神結構いたと思うんです。

ほら、うち神社もってって蛇祭ってるじゃん。

そこで祭られないもの、もしくは昔は供養してたが今は全くしてないものがたくさんいるんです。

ほら、もうだれも陰陽ついでないから。

なるほどねと思って供養してたらすごい家鳴り。あはははは。

でサーっと光が差し込んで風が吹きぬけて。

あ、いえん中の気が変わったなって。

コメント

  1. 瑞穂 より:

    義満さんは子供のころ播磨に逃げて
    ましたから、直接播磨陰陽道に接したと
    思いますよ、式は亡霊を使うそうですね。
    猿楽の祖は秦河勝さんですし、聖徳太子
    さんに結ばれますね。能楽や狂言にも手印
    ありましたし。世阿弥か何処か楠正成さんの兄弟の子供かなんかですね。

  2. 猫のチャイ より:

    家の中がしんどいと少し前、ちらっと書いてらしたのはその浅黒いのとかが原因だったのでしょうか。
    「力あるんだから跡を継がんかコラー!そしてわしらを供養せい~!」って主張されてたのでは…。
    継ぐ気はさらさらでも、後始末を託されてるのかもしれませんよ、墓じまいのように。

  3. yocy より:

    反パイ? あの足さばき 何かの本で見て やってましたよ(笑)
    すぐに、飽きて止めちゃいましたけど。
    これって、お能じゃわあって思ってました。
    それが、何の本だったか、どこで買ったのか?
    全く 記憶にありましぇ~ん

  4. ジミヘン より:

    義満さん播磨にいたことあるんですね!!かなりびっくり
    私のイメージだと播磨陰陽師って法師陰陽的密教要素が強いと勝手に思ってたりで
    じつは詳しく知らないので

    どうなんですか?結構土御門色も強かったりとか地域的にいざなぎ的に神道要素も強かったりなんですかね?
    イメージだと結構占とかしそうなイメージもあります
    昔は占い師って播磨めっちゃ多かったといいますもんね

    式は死体やら死者の霊使う方もいたそうですしね~昔は

    秦河勝 この方がですね また怪しいのです ははは

  5. ジミヘン より:

    家の中がしんどいというより家の外もしんどい 生活するのがしんどいですという感じの
    身体のきつさですな 黒いのだけというより
    外出先でもらっちゃったり
    先祖の未浄化霊が来たり

    あとはやはり業やらもですな ははは
    ま、呪術やってる家は子孫に業は来ます

    ですが 呪術やってたおかげで今の生活案外楽しいというのもあるので
    悪いことばっかではないです はい
    業は業としてまあ受け入れて そのかわり良いことをせねばと思って
    電車の中で常にお年寄りを探してます!!

    見つけたらすぐ席譲るみたいなね!!

  6. ジミヘン より:

    さて陰陽の世界ですが 我が家もそうですが相当盛ってると思ってます!!
    密教のように次第書がない世界っていくらでも盛れるじゃん

    こんなすごいことしてたとか ちびっこの頃爺さん連中の話聞いてた時も
    こいつら相当盛ってるなと思ってましたから ははは

    なので世間の陰陽の家系も盛ってますYO ははは
    ただひいばあさんの時代くらいになると お寺さんに言い伝わってることもあるんですね

    あんたんとこの〇〇さんは よく病気なおしたよ~とか
    〇〇さんのお守りは自動車事故によく効いて 車がぺしゃんこになった時も
    無事だったとか 確かにそういう話は残ってますが

    爺さんたちの飲んでる話はもっとスケールが大きいホラなので信用ならん
    式打ってどうのとかね ほんとすか~?と今だったら絶対突っ込みますが

    まあみなさんもうお墓の中ですから 確かめるすべはなし

  7. チャム41 より:

    能の足捌きが合気道にも繋がるとかないですかね?植芝さんが一人でひたすら四股踏んでるのと足捌きの動きを影から見てたのを見つかったら鬼のように怒られたというエピソード見たことあって。ボンクラの私はワクワクしました 笑

  8. 瑞穂 より:

    播磨はねえ、清明さんの師匠加茂忠行の次男坊寂心さんが住んでたから、土御門やいざなぎ流の影響どころか、ド本命ド直流正統派。ドーマンさんも播磨ならお友達でしょ。書写山円教寺は天台宗正統派ですし。
    寂心さんはお坊さん。

  9. ジミヘン より:

    私の適当理論では 日本の武道の足さばきってすり足で軸をブレさせずに頭の位置を上下させずにまるで止まってるようにじゃないですか
    能なんかもたぶん

    それって基本刀で戦うから 振る力よりもいかに相手に間合いを詰めてると悟られないようにが基本なんじゃないかな~と思ってたり

  10. ジミヘン より:

    忠行さんの次男って播磨にいらしたんですね~ 加茂家の本拠ってどこだったんすかね?
    円教寺ってこんな立派だったんですね!! 名前しか知らなかったけど調べてびっくり

    実は京都より西のこと全くわからんのです 行ったことも実はなく
    なので皆さん面白い話や情報あれば教えてください