読者登録お願いします
スポンサーリンク

脱力の大切さ

憑依って案外苦しんでる方多いです
知り合いのPTSD(だっけ)の方も憑依だもん。

多重人格の方も。
でですね。されてるときって話し聞かないじゃん。
ので普段から心がけるのが丹田の呼吸ね。
呼吸大事っていうでしょ?

大事です。

丹田でゆっくりすってゆっくりはく。

お腹を緩めるのです。
お腹を呼吸で緩めれると全身がゆるむ、

脱力する感覚が分かってきます。
全身が緩んでないと憑依はぬけません。

思い切りなにかを手で握り締めてたら手の中のもの取れないでしょ?
体硬くしてたらそりゃ抜けないよね。

憑依ってまずは全身の力を抜く感覚をつかむことです。
脱力=つかみどこがないです。

ま、あくまでジミヘン理論=インチキ科学ですが ははは

霊にとったら柔らかい肉体ってつかみにくいんです。

入っても留まりにくいんです。

身体を固くしちゃう感覚

感覚的にはスポーツ選手が筋肉の鎧をつけたはいいが

柔軟性が損なわれて怪我しやすくなるとか

稼動範囲が狭まる的な感覚なわけ。

のでマッチョな体に頭の方って案外ぽきっといき易い感じというか。
ようは相手より強くなる事なわけじゃん。

結局は同じ土俵で戦うわけだから

相手が強かったらぽきっといくわけ。

スポンサーリンク

合理的な筋トレと相撲で使う筋力は相撲でつけるって

両方大事なわけで。

で術でいう相撲で使う筋力って実はユルムってこと。

真からの脱力ね。
何度もかいてるけど。

柔の体を作るわけ。

でね、年取ってくるとやっぱ術も衰えるわけ、
肉体的、精神的衰えもあるが

実は体が固くなってるというのも大きくて。

術って実は合理的な発想や術って大事なわけ。

以前にもかいたが武術も術でしょ
に凄くリンクしてて。武道って年取っても達人っているでしょ?

術なんかも柔軟性があれば年取っても達人っているわけ。


ので憑依体質の方、あきらめずに脱力を練習しましょう。

憑依や霊症きたらまず脱力。です。

ちなみに私がこの人実は術者だったら凄いだろうなと思ってる方がいて。

初見よしあきっていう忍術の方ね。

http://www.hino-budo.com/hatumi.html

多分身固めとかするから術師でもあると思うが。
この方はね、凄いですよ~

頭の発想や肉体、「体使いが凄く柔らかいというかユルユル。

そういえば昔の武術の達人といわれる爺さん連中って

みんなひょうひょうとしてつかみどこがなく

とぼけた爺さんってイメージ

合気道の塩田さんとか

逆に肉体を極限まで追い詰めて筋肉の鎧系の方は

結構がちがちな頑固

マス大山や鬼の木村さんのように

多分戦ったら後者が勝つのでしょうが ははは

コメント

  1. 匿名 より:

    ジミヘンさんこんにちは(*^_^*)
    憑依なんですね…
    早速、脱力の練習します
    ありがとうございます!

  2. 猫のチャイ より:

    いや~、前者が勝つんじゃないですか?!初期の悟空の突きを「ほ~っほっほ」とか言いながらヒョイヒョイかわしてた亀仙人のように。

    一度NHKの番組で見かけただけなので、お名前も覚えてない「現代の武士」な方が、いま風に言えば細マッチョな方で、その方は裸足で、畳の上でムーンウォークしてました。いや実際は「力を入れずに歩く」を実演されていただけなのですが。
    マイケル・ジャクソンよりよっぽどスムーズなムーンウォークで、いまだにあの映像を覚えています。あの方、なんていう方だったかなぁ…。
    意識して腹式呼吸をすると、つい腰やら胸筋やら肩あたりにも力が入りがちですが、枕を使わずに寝転がって、丹田だけを意識して呼吸すれば、脱力に近くなるのではと思います。
    声楽的な声の出し方を覚える時、腹から声を出したいけどほかに余計な力を入れないために、寝転がって発声練習するのですが、あれが脱力のトレーニングに使えるんじゃないかなぁと思いまして。(歌わなくてもいいですから。笑)

  3. 匿名さん より:

    丹田呼吸 むずい
    どこかの カルチャーセンター
    で やってないかな?

    気功? 太極拳?ヨガ?でも 丹田呼吸って
    するのかな?
    調べてみよ

  4. Rの父 より:

    なるほどですね!
    ジミヘン理論!メモメモ。。。

  5. ジミヘン より:

    今日ふと思ったのが 近代的なトレーニングと昔の不便な生活してた江戸時代とかの達人
    タイムを競う競技はやはり前者
    逆に競技としてきっちり確立していない対人競技や試合時間が短い対人競技は
    (相撲や柔道やらの)後者が勝つんじゃないかと

    例えばMMAの様に競技として確立したものはその戦い方を熟知した今の競技者が勝つのでしょうが と思ったりで

    丹田呼吸自分でできそうじゃないすか?
    出来ないのはやはりすぎに結果を欲しがるからで

    なんねんとかかけてからだって開発するもんじゃないかと

  6. 匿名さん より:

    ジャッーキチェンの映画
    酔拳 に出ていた あの髭の師匠を
    思い出したわ~

    酔拳 面白かったな~

    河野十全 って じいさんも 呼吸法とか
    気 についてあれこれ書いた本出してたな

    高校生のころ 親戚の人が本を 無理やり置いていったわ。
    暇人だったから 読んでみた。

    呼吸法で お肌きれいになるの?
    と 思いながら…

  7. ジミヘン より:

    呼吸法でお肌綺麗になるんじゃないかな~
    何となくきめが整いそう

    今螳螂拳とかで巌流島とか出てますよね!!
    当然負けてますが ははは

    酔拳の師匠 イメージ的にはひょっこの宗男さんと同じ頭
    おかっぱね

  8. チャム41 より:

    武術は生き残れば勝ち、武道はフワッと勝ち負け、競技は勝負のみみたいなとこありますよね。家康公は武術的と言えるような 笑
    過去記事の第三の目の緩みと丹田組み合わせると個人的に調子良いような気が。

  9. まるる7575 より:

    「現代の武士」で思い当たるのは、古武術の甲野善紀さん…かなぁ

    • 猫のチャイ より:

      >甲野善紀さん

      この方かも!
      画像で確認したら、前髪がある髪型の頃の
      甲野さんだった気がします!
      ありがとうございます。スッキリしました。
      こういうレベルの方が、小中学校の武道教育に中心で携わってくださったら、子供達に有益な授業が展開されそうなのになぁ…事故で後遺症が残るような授業じゃなく。

  10. 匿名 より:

    吹奏楽部では腹式呼吸やりますよ。
    管楽器を習えば丹田呼吸も習うことになります。似たようなものかと。