読者登録お願いします
スポンサーリンク

一度血を吸った刀は血を欲しがる

さて旧ブログの過去記事

以前書いたかもですが祖母の実家は何振りもあって。
でその中に反りの大きい馬上刀というのがあって。

これがね、凄く妖しいわけ。他の刀は眠ってるんだけど。
それはざわざわしてるわけ。

霊にまったく疎い父でさえ子供の頃その刀だけはなにかあると思ってたそうで。
でその刀は床の間に飾ってあって。

ちびっ子の頃から気になって仕方ないのです。
その部屋だけは凄く綺麗なわけ。もう何もいないんです。
(ほら、陰陽やってた茅葺屋根の古い家だからね、魑魅魍魎が沢山)。

その部屋はいないというより入れないんです。
実は其処の家その昔参勤交代のときに使われてた家だから刀やらも結構ね。
でもその刀だけは血を吸ってる気がするんです。

ついでに言うとまだ吸いたりないというか。


刀って多分一度血を吸うとその味が忘れられなくて何度も吸いたがるんです。
ほら、何度もにんしょう沙汰起こす刀ってあるじゃん。そういうこと。

でその刀だけは絶対鞘から出すなと言いつけがあったのですが。
やっぱ破るじゃん。笑

で出した瞬間クラーというか急なスイマに襲われたんです。あっという間に。
あれは本とヤバイ。

でその瞬間が凄く気持ちいいのです。

スポンサーリンク

あ、切られる瞬間って凄く気持ちいいんだって。

(その眠くなるって感覚が霊符やらに使ってるのです、って書いたっけ?それ
我が家の伝わってるお家芸というかね。術の伝統ってやつ)。

その効果というかなんで眠くするかってそのうち書くって書いたきするがやっぱ
まだ書いちゃ駄目だなって。

内緒が多い男はもてるじゃんね。多分( ̄ー ̄)ニヤリッ

でその部屋で寝てたらあるとき凄い気配感じたんです。ナンだ?って。
すーっと黒い人状のものが部屋には行って来て。

したらその刀(鞘に入ってる)にスーって引き寄せられてドンって凄い家鳴りしたと思ったら
スパッと切られて消えちゃって。

切られてというより自分から刀の上に吸い寄せられてそのままスパンって。
したら祖母と祖母の兄弟がきて、見たか?って。

そりゃ視たよってね。

したら二人してニヤニヤ笑ってて。
あとで何笑ってたの?って聞いたらあれ見えるんなら素質継いでるって。

であれはナンなの?って聞いたら昔からこの辺りをうろちょろしてる式神だって。
式を飛ばしたがいいが飛ばし主がすぐなくなって行き場が無くなったものなんだって。

だったら家で使えばいいじゃんって子供心に軽く聞いたら(てかそんなの聞く子供も嫌だけど)
家とは系統かなにかが違うで使えんみたいな事いってたきが。

前書いたかもだが。もうすぐお盆じゃん。

家お寺建ててて。
お盆やらって必ずお寺さんいくわけ、でお経上げてもらうんだけど。
そうすると私達の後ろにずらーって霊が並んで座るわけ。

本堂からはみだすくらい。前のほうは基本背広とか最近(多分明治以降)なくなった方達で
後ろに行けばいくほど古い方達で。

で未浄化の霊はソフトボール(かなあ)大の白い人魂がフワーって本堂を飛んでるわけ。
でお経が本堂を廻るの。そうするとそのお経に吸い寄せられてすーっと本尊(阿弥陀様)
に入っていくわけ。

ま、その阿弥陀は私の感覚だとあっちの世界と通じてて阿弥陀をとおしてあっちの世界にいく
って感じで。

実は元々は本尊は阿弥陀でなく、薬師如来だったそうで。でそれはなぜか本山のほうに
持ってかれたそうで。で一度だけ帰って来て、そのときたまたま家の家が其処のお寺さんにいってって。

で全く覚えてないけど私一緒に写真とってるそうで。

久々お盆はお寺さんいこっかなあ。

そうそう、昔の住職さんが乗ってた輿があって。

時々夜になるとその輿からあごひげのお坊さんでてくるんです。

でその話ししたらこの人でしょ?って写真見せてもらって。

3代前の住職さんで、その方も霊能強い方だったそうですねえ。

そうそう4年くらい前の過去記事ですが 先日師僧とお話で

身体がしんどくてしんどくてという話したら

あんたんとこに打たれた式が

打った相手が亡くなってるから呪詛返ししても戻るとこがなくて

あんたんとこにいる

というお話してて この記事さっぱり忘れてましたが

びっくりです!!マジゾゾっと来た!!

ちなみに相手が死んだ呪詛の返すのもあるそうですが

大変だって言っておりました

コメント

  1. (^^) より:

    ほんとに蟲師みたいな話でおもしろいですねー(洒落にはならないでしょうが)
    漆原さんになら、あくまでファンタジーとして描いてもらったらおもしろくなりそう。ジミヘン師

    ホラー誌じゃ、絵も追い付かないだろうし、変な人が押し寄せるそうなのでパスですが。

    それにしても数日前から盆のくぼが痺れてて、眠くて眠くてナルコプレシー?と思うほどで辛いです。
    毎年そうなので、なんなんだろうっていつも不思議なんですが(^-^;
    久々に後ろに人がずっと立ってましたし…お盆ですね。

  2. johnny99 より:

    その師僧さんってのも視えるんですね(^^;

    ひょっとして、以前『お婆様に頼まれて』ってご令嬢の美人おねいさんですか?

    筆下ろしの(^^;A

  3. チャム41 より:

    たまに先祖供養してるとき、私一人で供養してるんじゃないなと思うことあったりして不思議な感じです 笑
    ジミヘンさんのお寺さん前は確か密教系でしたよね?高野山、叡山とも本尊が薬師様なのが興味深い所です。

  4. あー坊 より:

    この一週間、もう眠くて眠くて。日中、PCに向かいながらなんか変?と思ったらハッとして目が覚める、を繰り返してました。落ちる、というより瞬間で意識が飛んで、誰かの頭の中に入って、一緒になってその目で目の前を見てるんじゃないかと思うような夢をみていたり。
    PMSかなあ、と思ってましたが、お盆でしたね…どうりで腰痛まで。実家の仏間が一番なのでしょうが、生きてる人間に関わると面倒が起きるので、お隣の深川不動さんにお参りしてきます。祖父の寺もお不動さんでしたし。

  5. 猫のチャイ より:

    神様(あるいは眷属さん)が人に何か作用させようとする時、人の意識が邪魔になるからいったん眠らせて、その隙に悪いものを祓ったりしてくれる、としきこさんの本にありましたがそれと同じようなものでしょうか?

    昔、「お買得だよ」と鎌倉時代の刃こぼれした(=実戦で使われた)刀を勧められたことがありましたが、買わなくてよかったです…。

  6. ジャン・レノ より:

    この記事はよく覚えています。4年前ですか。そんなに経つのですね!
    私、この記事見てすぐ思い出すのが熱田神宮の宝物館にある某刀。
    確かこの時もコメしたと思いますが、一つだけ、目の前に立った瞬間急激に眠気が走り気が遠くなってきて「ヤバい‼気を失いそう‼」って思って急いで離れたら元に戻った…という事が有りました。
    最近熱田さんにまた行きたいな…と思って、その際に又あの刀の所に行ってみよう‼と思っていました。

    以来、そのような刀には出逢っていません。
    懐かしい。
    (^ー^)

  7. ジミヘン より:

    ばあさんに~の女子ではないっすよ~
    なんとなく切られる瞬間気持ち良いってのある感じします

    なんっすかね?脳内麻薬??
    我が家のお寺さんは浄土真宗です 創建時は天台だったそうですが
    多分田舎は真宗にして~と 村の声が多かったんじゃないかと