読者登録お願いします
スポンサーリンク

経営コンサルと占いの関係

さて本業の経営コンサルですが どんな感じでやってます?と聞かれるので

1例を あくまで一例ね

霊視でいくつか道を示すというのも当然あります

これやるとこうなる可能性大きくてこっちだとこうなるてきな

で一緒に考えてきましょ

ま、よくある感じ

それと占というのも使ったり

対面の場合は1時間しかないのでかなり短縮なのですが

コンサルだとお時間長いし 契約なので

例えば占いで象意というのがあるじゃん

二黒土星の人はこんな人みたいな

あれって全部当てはまるはずないじゃんね

まあああいう占いをいくつか組み合わせて立体的にして

象意を一緒に探してくんです こういう気質あるよねとか

自分で気づいてるものや気づいてないもの 当てはまらないものとかを

占いの先生って基本それを当てていくのがお仕事なのでしょうが

当てるより一緒に探すほうが確率高いでしょ?

そこはクライアントとの信頼関係があるという前提条件なので

成り立つわけでして 普通の占いだったら当ててよでしょ?

と追い込まれたときにどういう気質が出るのかというのも見て

まず通常と追い込まれたとき

ここを押さえるわけ

そうすると自分の気質といいますか思考の癖やらも形として認識できるでしょ?

多分巷の占いの多くはここまでがメインで

私の場合はこっからがスタート

ここまでは認識しとくという前提条件

スポンサーリンク

さてこの思考の癖やこうなっていきやすいあなたが商売してく上で最もうまくいきそうな方法

また陥りやすそうな案件を対処しましょって

まずは分かりやすく陥りやすそうな危機管理の面

追い込まれたときの気質を押さえそこ+私は霊視というのがあるので

そうするとだいたいどんな危機が起こりうるかって

想像できるでしょ?

といいますか商売の場合の危機は基本二つ

人とお金!!

人が辞めて困ったとお金がなくて困った!!

ザックリとね

そういう場合にどういう思考をしがちなのか

どういう行動をとりがちなのかというのを

その気質+霊視で認識しとけば

その際の対応ってあらかじめ打てるでしょ?

例えば信頼してる人間が急に辞めて会社が回らなくなった

その時社長はどういう思考をしますか?

切れやすく短気であれば もう誰も信用せん

わし一人でやっていくから人なんかいらん!!

そういって事業を縮小してでも意固地で一人でやっていくのか

もしくは人はいるけどどうせやめるんだからと言って

社員中心から派遣中心で行くのか

はたまた私自信がない人間だからどうしても腹心が必要

出来れば知り合いや血縁関係者がいいというタイプか

そうするとそれぞれ長短あるでしょ?

その長短を先に想定しといて さてどうします?

というのを考えうる致命的な危機はできる限り

先に想定して対応を考えとくのです

ま、ブログなのでめっちゃわかりやすく書いてますが

でお金なんかも 売り上げが予想以上に取れなかったってあるじゃん?

たとえばお店オープンした際に

ま、オープンの場合の話とすれば

その前にそのオーナーさんの気質をお互い把握しとくわけ

オープン時に資金すべて突っ込んじゃいたい人か

逆にあまり資金を突っ込まずに様子見で行くタイプかって

そこも一長一短で 見たくれが悪くなってリピーターが来ない場合もあったり

ま、そういう想定のためにまず占い使います

ザックリ説明だけど

では次回は 逆に危機ではなく伸ばしたいですねの場合の

占いや霊視を使った具体的コンサルを

これ聞くとジミヘン中央経済研究所にお願いしたくなるでしょ~

ははは

コメント

  1. myuka より:

    頼みたくなりますねー!