太宰治は死の匂いのするジョンレノンだった!!

良い編集者は東京から100キロにいる という言葉が出版業界にはありまして

これって電波は東京と同じだけど生活は東京とは全く違う2重生活圏

だからということらしく

私がこれ聞いたときに思ったのが 東京(特に80年代までの原宿なんかのカルチャー)

って東京にあこがれてた人の強い思い入れで作られた文化!!って

例えば川崎や浦和なんかだと 東京ってそれこそ下校で遊ぶ街じゃん

ですが

前橋とかだと月一回 もしくは頑張って毎週末行く街で

服や音楽だって地元になくわざわざ渋谷や原宿で買って帰る

そうすると当時のとがった流行のファッションを地元ですれば

優越感もひとしお

そういう東京に強いあこがれを持った人たちが東京に出て

無理してでも原宿なんかに住んで

強い思い入れで文化を発信していく

という感じだったんだなと それって糸井さんだけど 最初の事務所

わざわざ原宿糸井~って 原宿を頭につけたくらいでして

今だと地方都市のマルイなんかでも同じような品ぞろえで

かつネットで何でも買えちゃうから 昔ほどの過剰な思いって

そこまでは~

スポンサーリンク

逆に今の若者って地元愛結構すごいもんね

さて話変わりますが 太宰さん 中期は案外嫌いじゃないぞと

右でも左でもなく大きくとらえれば反戦で

自分で決められるのは恋愛だけ って思ってたり

そりゃあ自殺するだろ!!って

ちょっとだけ ジョンレノンに通じる何かを感じたりなのです

常に死の匂いのするジョン!!みたいな

ま、この説誰一人そうだよねと言ってくれないのですが

ははは

なんか根底に流れる 何かが相通じるのです 私の中では

さてレポ

昨年4月にジュピターを作って頂き、その後お直しに出し、

年末に手元に戻ってきたのですが…


四十前の独身BBAにもようやく春が来ました。
これまで合コンや婚活パーティーに参加してもご縁が無く、

このまま一生独身かと半ば諦めておりましたが、

年明けに知人の紹介で知り合った方と

結婚を前提にお付き合いすることになりました。

順調にいけば年内に入籍するかもしれません!!
如意輪様、ジミヘンさん、良いご縁を導いて下さりありがとうございます。

あらおめでとうございまっす

日本の少子化問題にこうけんしそうですね1!

末永くお幸せに~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. より:

    朝から良い話(♡˙︶˙♡)
    ほっこり!
    おめでとうございます!!!

  2. アリリ より:

    おめでとうございます。
    朝から、素敵なお話。嬉しくなりました。

  3. みひろ より:

    今の若者は地元愛が強いというのは何となくわかるような気がします
    田舎に住んでいるものとしてはすごく嬉しいです

  4. ジミヘン より:

    確かに 若者のHIP HOPなんか地元愛めっちゃ強いですよね
    川崎だとかあのあたりの方たちなんか特に

    川崎 サウスみたいな
    私も田舎暮らし憧れますが

    実際住むとなるとやはり仕事がと悩みますね
    さてその田舎での仕事があるのかと