仲良し占い師さん

スポンサーリンク

一人だけとても親しくして頂いてる占いしさんが実はいるのです。


結構マスコミやらにも取り上げられてたかたで。

ま、おばあさんなのでご飯食べにいらっしゃいとか

孫のように可愛がってもらってって。


(ちなみに若い頃は水商売でお店何件ももってって

とある企業の社長さんのおめかけさんになってマンションやらお手当

頂いて今は悠々自適な実は中々の方です)。

その方も宣伝やら全くせず知り合いから頼まれるとみるくらいの

半隠居生活でして。


というか儲ける必要ないもん。


ただ高校生とかの女の子が困ってるのが助けたくて仕方ない方で

ある意味駆け込み寺みたいな感じでしてますね。

500円とかで。笑


もう高校生の女の子は可愛くて仕方ないの、

孫みたいでって。


先日もご飯ご馳走になって(なってばかりなのです)

そのとき話しておんなじですよってアイズチ打ったことが。

私兄弟が何人いるとかそういうことって外してばっかなのよって。

だってそういうことって当てる必要ないじゃない。

本人は分かりきってることだし。

そんなことに力使ったら大事なことみるときの力弱くなっちゃうじゃない。

別に当てるのが仕事じゃないのよ、占いしって。

そういうことは当ててじゃなくてみて欲しい方がいえばいいことで

私がするのはその人がわかんないことを教えてあげることじゃない。

スポンサーリンク

本当はこんな魅力をもってるのよ、

とか知らないだけでこんな力あるのよって。

それがそのこたちを元気つけるってことじゃないって。

もうその通りなんです。私も対面してもう外してばっか。笑
親の性格とか外しまくりでごめんなさい。笑

でもそんなのどうだっていいことだもん。

そんなのは本人知ってるから教えてもらえばいいの。
対面して本当に大事なのってよい流れにもってく、

希望を持つ、でいいブレス組むコトじゃん。

なのでそれって共同作業なわけ。

お互いがなるだけ包み隠さず深いとこ話さないと

表面だけのものになっちゃうじゃん

なので私も分からんことは分からんっていわないとですし。

で分からんことは本人に聞いてで

またそっから私がその奥のものを感じるってほうが大事で
基本私は本人が気づいてないものを掘ってくのがだいじなんです。
本人が分かってることって別に当てる必要ないじゃん。
教えてくれたらいいだけで。

なるたけ希望を持てる何かを探るのがお仕事なわけ。
それにそんななんでも当てれるわけないじゃん。笑

スーパーマンじゃないもん。

ま、話はずれたがその先生のスタンスもそんな感じで

自分の回答が当たったとかなんか
どうでもよくてかえるときにそのこたちのかおが

来る前より生き生きしてるのが一番うれしいんだって。
ま、その先生いわく私社長さん(パトロン)が亡くなる時

マンションやらなにやら沢山もらったからいまお金稼ぐ必要ないのって 笑
そういえば最初あったときに〇〇ちゃん(私ね)文章書きなさい、

凄く才能あるし、世にでるわよって。

まったく興味なかったが今思えば・・・恐るべしです。

芦川よしみが年取った感じの方で

もういかにもやり手の水商売の方だったんだなって 笑
ま、本人も若い頃は凄くやり手のそっちの方だったって。 笑

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. myuka より:

    素敵なお話ですね。
    ひととなりがジミヘンさんの文章から伝わります

  2. ジミヘン より:

    その方が素敵にできるのはですね やはり理由が
    経済的に不自由していないことと
    若いころから修羅場を乗り越えてきたので

    やはり肝が据わってるのです たいした玉なのです ははは
    そりゃあ 大企業のトップを手玉に取って
    当時の夜の高級クラブは やくざさんたちとどう接していくか

    重要じゃないですか そのあたりもね 昔のお話聞くと
    名古屋のやくざの勢力図の変遷やいろいろ

    夜の名古屋の歓楽街の歴史が分かります はい
    たいした方です