スポンサーリンク

天に唾はく生き方はなかなかしんどいものです

朝から知り合いにちょっとの時間でいいから視てよ

といわれ まあ しゃーないなっと

内容は自分の運命は自分で切り開くものなので天につばはいてもそうやって来て
それなりに成功もしたが最近どうにもならない状況が続いてる。

なにか霊がついてないか?って。
いや~、めんどくさい。正直面倒なだけ。
パスしていい?
と思ったがまあ、いいかって。

もう悪い霊がとか言う人って超面倒じゃん。

それ霊の問題じゃないじゃんね。本当はだし霊の問題ならちゃんと供養しろよって話で。

と思ってるが一応親身にね。

ま、内容は相当はしょるが霊じゃないよって。

スポンサーリンク

で運命との付き合い方を。天につば吐くのも天の流れに乗るのもま、人それぞれで
どっちでもいいけどねって。

ただ運命に逆らうのもただ逆らうのでなく運命を知って(今の流れや天の意思)かつ一度
その流れがこうだというのをむしというか拒否するんじゃなくて受け入れてから
逆らいなって。

それだけで全然変わります。全く変わります。己を知って相手を知ってとかって昔の偉い人
もいうじゃん。兵法の基本じゃん。

まずはそこ意識しなって。で天につばはくのってしんどいよ、って話して。
若いころはそれでもいけるが折り返しすぎると体力も気力も落ちるからきつくなるよね。

で人間って年食うと戦えなくなるかというとそうでもなくて。
格闘技って基本体力ある若い方が強いじゃん。
でも武道って年食っても強くなるじゃん。

ま、武道も素手で殴り合ったらやっぱ体力あるほうが強いが本来のぶどうって基本刀じゃん。
なのでパンチ力の大小じゃなくて刀なら相手に刀が触れればよいじゃん。

だと体力よりも身のこなしとかになるでしょ?だったら長い年月精進すれば強くなる可能性大じゃん。

って話して刀は研いで置いて今までのように体力でつばはくんじゃなくて身のこなしやら意識の使い方で対峙すれば?どうせ吐くならさってね。

よい話でしょ。深いなあなんて。

運命=流れという感じで読んでいただければ

成功されてる方でも 流れに逆行して切り開く方もたくさんおりますが

まずね 逆らうのもその方次第なのでよいですが

流れに飛び込む前に どんな流れかくらいは見といたほうがいいっすよね~

あまりにも深かったり急流なら入っていかなきゃいいし

(商売でいうとこの激戦区だったり不況の波)

それでも入るのでしたら 勝負の前に一度流れに入って どれくらいの水量か

もしくは あのあたりの流れは緩やかだから ここらで勝負かな~とか

考えたほうが成功の確率上がります

大事なのは精度と決断のバランスですから

運命 一度ゆだねるのもありです 委ねた中で頑張ってみるみたいな

案外 何とかなること多し(当然ならんこともありますが)

パンクに準じて死んでった シドのようなのもいいですが

時代やバランス見ながらの ジョンライドン的生き方(馳浩的とも)も

ありですよと

中期のストンーンズ聞きながら栄地下街歩いてたら 中学生のころ思い出して

キュンとしました ははは 渋い中坊です!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. N より:

    いいお話ですね〜
    ちょうど運命とか流れと、自分の意志について考えてましたのでわたしにはタイムリーでした。ありがとうございます。

  2. より:

    ジミヘンさんは凄いな~
    ためになるお話ありがとうございます。

  3. ジミヘン より:

    さっぱり凄くないです ただの口だけ男ですから はい
    ま、口だけでもですね~ 行動が伴わなくても
    口だけでもいいこと言っとくほうがいいかもね~と

    斎藤一人さんのように いや~一人さんは偉大ですね!!
    しかも偉ぶらないし 押し付けないし

    そりゃあ近くの方はみんな 一人教に入るでしょ!!
    わたしも身近にいたら 尊敬しちゃうと思いますから はい