読者登録お願いします
スポンサーリンク

病気等で周りに迷惑をかけてると思ったら 周りにやさしい視線を持ちましょ

パニック障害でエレベーターも電車もダメで 仕事もせっかく紹介してもらったのに

行けないかも 私は何処に向かうんでしょうか?

とめっちゃ悩まれる方の相談で

何処にも向かわなくてよいんじゃないかなあ そのままで

ご本人はそりゃあ悩みます 多分何に悩むって周りに迷惑かけてるということに

一番(とおっしゃります この方の場合は)

ちょっと脱線気味ですが 人間年取るとできることが少なくなるじゃん

今まではできることやスキル 財さんなんか増やすことが大事な人生が

一挙に180度変わるというか

そりゃあつらいと思います でもですね そういう方たちを不必要 足手まとい

とする社会ってどうなの?

社会を変えるよりも 我々一人ずつがそういう方を大事と思う 許容するのって

大事じゃん

スポンサーリンク

パニック障害でそういう思いされてるんだから 他の方への視線を優しくできるし

まずはじぶんを 許しちゃうのがで

じぶん許容しちゃいましょと

母の看護しててですね 思うのが 結局相手のためといいながら 自分のため

自己満なんです

母の看護をしてるのが結構幸せなのです 普段誰にも言えないような愚痴を長々聞いたり

なにか欲しいものや必要なもの買ったり

そういうのがうれしいのです

名古屋の師匠の家も息子がダウン症で亡くなったのですが

しみじみと 〇〇(息子)がうちにとって太陽で

生きてる間は将来のことや心配ばかりだったが

やはり〇〇がいたからこそ うちが明るく そしてバランスがとれていたって

私もですね そのパニック障害の方がいることで 周りの方が優しい気持ちになったり

救われてると思うのです(とても慕われてる優しい方)

人間の徳って もしかしてですが 出来ることが減っていくと現れるものなのかも

と思ったり 人間って何ができるわけでなくても

そこにいるだけで 必要なのです それがいなくなると バランスが崩れちゃうのです

何度もアップしてるシオン この方実は身障者でして

この歌よく聞かないとわかんないと思いますが 小児麻痺で8歳の時に

障碍者施設に入所した時の唄なのです 最初は周りの子供たちが身障者で

姿が健常者ではないので ショックで動物園に来たようで 全くなじめずに

そうしてたら とてもきれいな少女が話をしましょうと手紙をくれて

その少女と話すようになって 少しずつ施設や周りの子供たちと交流するようになっていって

その少女は美しい少女で 髪も声も綺麗で 女神のような人なんだけど

多分サリドマイドか何かで本当はそこにあるはずだった細く長い2本の足がないという

この方の視線ってめっちゃ優しいのですが 小児麻痺だったということ

関係あると思うのです 今病気やらで苦しまれてたら

優しい視線で人を見ればいいと思いますし 出来たら優しい声かけたらもっといいですね

それだけで 必要な方です はい もしかして誰よりも

さて病院には シオンとトムウェイツを交互に聞きながら行ってますが

シオンがなぜ泣けるか ちょっと感じたことが

付き合ってる女性にという内容の唄多いじゃないですか

下の動画のように

実は心の奥底というか 歌詞の世界の奥に 彼女ではなく母なんじゃないかと

ま、そんなこと考えて書いてないと思うけど 凄く感じますね

お前と二人でゆっくり歩くという世界観の唄多いのですが

年老いた母とゆっくり と浮かぶのです 景色が そりゃあ泣けますね~

昔のインタビューで たまに〇〇ちゃん(お母さんのこと)が

とおっしゃっていましたし

コメント

  1. ゆき より:

    発達障害かもしれない息子をその事で総合病院に連れて行ったことを思い出しました。当時2歳半で初診受付に45分診察まで30分の長時間に加え初めての場所で1時間泣きっぱなしでした。キッズルームがあったのに切替が出来ず…隣の科にいた老人に怒鳴られそこにいた受付の人まで叱られ申し訳なくて、それでも息子は泣きやまないし、言えなかったけどこの症状があるから病院に初めてきたんだよ、発達障害かもしれなくて悩んでるんだよーっと悔しくて情けなくて涙がでました。でもその老人の意見が普通だと思います。パニック障害もパッと見普通の人だから理解されにくいし、冷たい他人の目が気になる時ありますよね。もっと目に見えない事も思いやれる人でいたいですね。

  2. けいこ より:

    私も同じくパニック障害です。
    記事を読んでほんとそうだなーって思いました。迷惑かけるのが辛いのって、迷惑かける人のことを許容してないんですよね自分が。だから自分も迷惑かけたくないって頑なになってしまう。
    周りのことも自分のことも許せるようになるといいな。

  3. 今回は匿名で より:

    病気じゃなくても生きていれば、大なり小なり人に迷惑をかけてしまうこともありますよね
    毎日、これだけ目まぐるしく色々なことが変わり、人間関係も希薄になっている今だからこそ、人を思いやる気持ち、支えあう気持ちは大切だと思います。

    自分が病気になって初めて気がついたことや、分かったこと沢山あります。
    苦しかった分、悩んだ分少しでも人に優しくできたらいいな。

  4. ジミヘン より:

    ちょっと偉そうなこと書くと 人間迷惑かけずになんて生きられないですもんね
    絶対に そりゃあ私だって 映画やらで子供が騒ぎまくると 嫌だな~と思ったりもすることあるけど 子供の映画なら仕方ない

    ですが 本当はそこ 許容できない自分も悪かったりね
    発達障害の親御さんって 子供の心配もですが子供が周りに心配かけてるという
    そっちのほうもなんですよね

    そこらあたりまで 我々人間って想像できるようにならんとと思ったりで
    騒ぐ子供を凄い顔でにらむと その親御さんがとてもつらい思いするっていうね

    私も反省せねば やっぱ好きでなったのではないことを責めたりするのはね
    子供のころ 親や学校で 障害だったり容姿だったり本人がどうしようもないことを
    いじめるのは絶対ダメ といわれましたが 大人になって実感します

  5. ジミヘン より:

    発達障害やそのお母さん パニック障害の方 余裕ができたら
    いろんな方のお話聞いたり 相談聞いてあげるといいなあと思って

    いろんな思いされてるから 相手の気持ちに寄り添えそうですし
    かつ す~っと心に入っていけそう

    重みが違うといいますか はい 人間苦労や辛い思いをされたら
    次は同じような思いで悩まれてる方を助けれる気が

    あんま今世の役割って好きな言葉ではないですが
    もしかしてそういう役割もある方いるかもですなと

  6. ゆき より:

    優しい言葉ありがとうございます。もし障害じゃなかったら親の躾のなってないくそガキにはならないように育てていきたいです。(笑)私の親の世代60代には知的遅れのない自閉症って理解しにくいみたいです。昔はクラスに絶対いたよ〜ってその時代は分け隔てなくそれで良かったけど、今だと幼稚園にはお断りされ、母はじゃ幼稚園って何を学びに行くのよ、初めての社会生活じゃないって、私だってそう思うけど集団指示が入らないからダメなんだってーっと悲しい現実。でも今は療育が楽しいみたいで元気に通ってます!

  7. ジミヘン より:

    今は幼稚園は しつけを学びにというより 預かります的です
    と某幼児教育関係者が仰ってます ってママジミヘンですが ははは

    ちょっとしたことで保護者がえらい勢いで怒鳴り込んでくるというね

  8. まゆ より:

    ゆきさん
    ウチの息子も5歳まで知的障がいのないグレーゾーンでしたので、他人事ではなく思わず初コメントさせていただきます。
    一口に発達障がいといっても凹凸や濃淡があり千差万別で一括りにはできませんが、私の僅かな経験を書かせていただきますね。
    息子も療育通いましたが、発達障がい児への対応方針は自治体の療育施設や教育委員会などによっても異なるとはいえ、日本の療育はとある有名な小児科の先生や大学教授の幼児教育思想がベースにあるらしく、子どものありのままを受け入れましょう、お子さんなりの成長のペースがありますから自然に任せましょうという感じでして、だから障がい自体は仕方ない、だけど最低限の集団生活と身の回りのことはできるように、ということが主な到達点のように個人的には感じました。
    子どもへの無条件の愛情というのはわかるのですが、ウチの子の場合は明確な障がいはなかったため、もしかしたら成長の通り道に石が詰まっているかもしれないのにありのままを受け入れて自然にその子のペースでなんて言われてその石を放置したままでいて手遅れになったりしないか、石があるかわからないけど刺激のある水を流したら少しずつでも石が溶かされていって通りがよくなるんじゃないか、そのほうが彼にとってよいのではないかと考えたので、療育だけでなく民間の言語指導教室に通ったり、色々試行錯誤を繰り返しているうちに療育は卒業しました。
    ただ発達障がいではないと診断されても、幼少期に障がいを疑われたような子どもは性質がマイノリティーに属している確率が高いため、思考が変わっていたり、性格が不器用だったり、コミュニケーションがうまく取れなかったりなどしがちですから、私もまだまだ気が休まらなんですけどね
    でも奥田健次さんによると、精神医学の本とかには2万くらいの病名や症候群などが載っているんですって(うろ覚えですが)。ということは、健常といわれている方々だって、何らかの病名がいくつかは絶対当てはまるはずなんですって。だから息子だけでなく私も、というか、誰もがどこかは変なんだよね、って思いながら暮らしてます
    たった2歳のお子さん連れのお母さんを怒鳴れるおじさん、病気や障がいをお持ちの方をバカにする人、クラスメイトや同僚を虐める人たちなんかのほうが、人の心や人生を平気で傷つけられるという病気や障がいじゃないかと思っちゃいます〜